オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。
<< 町のeラーニング塾をはじめる | TOP | 春の豊島区伝統工芸展に行く >>

スティーブ・ジョブズとお会式

2009.04.26 Sunday | ゲーム・Web

ここ1週間位、リンク、リンク集関連について調べていた。Googleからキーワードで調べる訳だが、知らないことが多くあり、わたしより若いと思われる人達のサイト情報がとても参考になっている。それはまるで、若い者の後をトボトボ歩く老人の様でもあるが、ま、それで良いでしょうよ。
そのように情報を追う中で、昨日の夕方にスティーブ・ジョブズのスタンフォード大学卒業式スピーチ(2005年6月)を見つけた。

スティーブ・ジョブズとは、アップル社の創立者であり、その後のアップル社を再生した人でもある。(詳細はWikipedia読んでね。)スピーチは9分程度のものだが、なかなか説得力あるものだ。「Stay hungry, stay foolish.(ハングリーであれ。馬鹿であれ)」とスピーチを結んでいる。
思い出すと、このスピーチの精神は20年前の初期のMacに表れていた。わたしが1990年頃までMac Plus使った感想は、「こいつにやられる。」だったが、現在でもそれは続いているだろう・・・。

YouTubeのスピーチなども聞き比べていたが、午後6時には、お会式連合会の総会が始まるので、雨の中を法明寺に急いだ。
お会式は、日本の内容ある伝統行事の1つだろうが、スティーブ・ジョブズのスピーチの精神とは、本来、違う脈絡にあるものだ。縦社会での連帯、合議を計るものであり、それが日本の土壌にはある、と言うより、それが日本の独自性だろう。
さぁ、今後はどうすべきか?そうねぇ、今や有効、的確な情報戦力が必要です。日本の伝統、その精神を育て広げるには、ネット、パソコンで武装し、使いこなさねばならない。と元祖おバカな(stay foolish)わたしは思っている。

下は、スタンフォード大学卒業式(2005年6月)で、スティーブ・ジョブズのスピーチ。訳が?有り。翻訳文はこちらのブログにもある。
author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)

Comment

たかお | 2009/04/27 07:16 AM
浅草のKさん。浅草観光したいものです。

そうですね、hungryでもないといけないと。
わたしは最近は、poorには自信があるのですが、
hungryは、やはり努力が必要ですね。
foolishは、これは元々そうなので、OKかな。
浅草のK | 2009/04/26 08:46 PM
ジョブズさんの演説
久しぶりにいい話を聞いた気がします。
ありがとうございます。

なんかちょっと背中を押された気がします。
愚かなだけではだめでハングリーでもなけ
ればだめなんですね。

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :