オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。
<< 麦わら帽子は散歩に必需品? | TOP | 今日の雑司ヶ谷は避暑地! >>

オンラインゲーム状況は?

2008.08.15 Friday | ゲーム・Web

オンラインゲームで何かある?とドサクサに紛れてたまに調べている。
やるのはMMORPG系で、まぁ、しばらくは、WOW(World of Warcraft)の一人勝ちでしょう?とは思っていたが、この夏にはロシア語版サーバも始まったようだ。このWOW、それにしても今年には、1000万ユーザを突破したようだが、以前から日本語サーバの話は聞かない。ガハハ、これって日本国は、商圏として見られておりませんね。
現在の状況は確認していないが、私が合衆国のサーバで昨年の春まで2年間遊んでいた頃は、日本の周辺の国では、朝鮮、台湾、中国、シンガポールにサーバがあった。が、日本には無い。

ゲームサイト(4gamer.net)に、「日本のオンラインゲーム市場は失敗した」という韓国の大学教授のインタビューがあるが、元々日本では、インターネットの必要性>オンラインゲームの可能性という認識が非常に薄いだろう。

このインタビューの中で、(以下引用)
ウィ氏:
 オンラインゲーム産業をマクロ的な視点で見た場合,「簡単,安心,安全」な任天堂のゲーム機には新規プレイヤーは流れるけど,「危険,不安,難しい」PCオンラインゲームには流れない,そういう傾向があるのではないかと感じているんですよね。(以上引用)

とウィ氏は言われているが、確かに現状はそうかもしれない。しかし、「簡単,安心,安全」に自らが進める対象として、魅力があるのだろうか?
「危険,不安,難しい」だからこそ、そこに進むのではないのか?「簡単,安心,安全」に向かうのでは、本当にやる気があるのか?さえ疑問ですよ。
そうねぇ、それだけ日本国は、ご隠居化してしまったのだろうか?

4gamer.net

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

Comment

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :