オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

年末年始はサンシャイン牧場

2010.01.01 Friday | ゲーム・Web

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

昨年12月に、Twitterを始め、年末にmixiのサンシャイン牧場というゲームを始めた。Twitterは、「つぶやき(ツイート)」を投稿し、ゆるくコミュニケーションをするものだ。2008年の春に登録はしていたが、商店会の会長K氏にお誘いされ、使い出している。
Twitterは、テキストだからリンク、検索が強力のようだ。また基本、誰のフォロー(読むこと)も出来るから、有名人の書き込みも読める。しかし、有名無名を問わず、その人の発言内容に関心がなければ、長続きは難しいとも思え、なかなかシビアな面もあるだろう。
SNS(社会的ネットワークをネット上で構築)で他にmixiと同じような、実名登録するFacebookがあるが、ここは日本人は少ないようだ。やはり日本国は、村落共同体だからmixiが受けるのかも知れない。
いずれにせよ、今年もネット上でさまざまなコミュニケーションシステムが試されると思え、それは興味深い。

mixiのサンシャイン牧場は、mixiの多くのゲームの中でユーザ数が多く、このゲームには、だいぶ前から、マイミク(mixi友人)2人の方からお誘いを受けていた。このお2人は、優秀な方々で、そんな人達のお誘いには魅力があったが、わたしが、ゲームにはまるかな?と怖くもあってやらなかった。
USAのオンゲー、World of Warcraftにははまり(2005.3月〜2007年初頭)、朝4時に起きてやり続けた。それだけWorld of Warcraftには魅力があったと思えるが、それを一言で言えば、1つの内容を扱う場合に、関連する数種のデータベース、Webサイトなどから、どのように情報を収集し、その内容の全体と細部を把握するか?と言うことだろう。
これは言語が英語であっても、可能であり、情報収集と理解力があれば、一般の英語圏ユーザに勝る。ということだ。
人によって、学ぶべきことはさまざまだろうが、たかがゲームと甘く見てはいけない。と個人的に思っている。

さぁ、mixiのサンシャイン牧場はどうか?これ結構のんびり進められますよ。朝、昼、晩など1日に3回程度ゲームサイトをのぞく程度でも出来る。
わたしのマイミクさんは、少ないのだが、10名強の方がこのゲームをしており、その半数近くもう止めている状態だった。確かに長続きしないかも。それにこのゲームの旬は過ぎたのかも。しかし、mixi内でサンミク(サン牧の友人)募集する書き込みが、時期的にも多くあるが、信頼出来る知人だけでやるのも良さがあるだろう。
でも、わたしのレベルが一番低く、「困ったオヤジが入って来た。」と他の人達は思っているかも知れない。しかしお正月だし、少し遊んでもらおうと思う。

下の画像は、まだ初心者レベルのサンシャイン牧場。

mixiサンシャイン牧場

author : Takao | comments (4) | trackbacks (0)

スティーブ・ジョブズとお会式

2009.04.26 Sunday | ゲーム・Web

ここ1週間位、リンク、リンク集関連について調べていた。Googleからキーワードで調べる訳だが、知らないことが多くあり、わたしより若いと思われる人達のサイト情報がとても参考になっている。それはまるで、若い者の後をトボトボ歩く老人の様でもあるが、ま、それで良いでしょうよ。
そのように情報を追う中で、昨日の夕方にスティーブ・ジョブズのスタンフォード大学卒業式スピーチ(2005年6月)を見つけた。

スティーブ・ジョブズとは、アップル社の創立者であり、その後のアップル社を再生した人でもある。(詳細はWikipedia読んでね。)スピーチは9分程度のものだが、なかなか説得力あるものだ。「Stay hungry, stay foolish.(ハングリーであれ。馬鹿であれ)」とスピーチを結んでいる。
思い出すと、このスピーチの精神は20年前の初期のMacに表れていた。わたしが1990年頃までMac Plus使った感想は、「こいつにやられる。」だったが、現在でもそれは続いているだろう・・・。

YouTubeのスピーチなども聞き比べていたが、午後6時には、お会式連合会の総会が始まるので、雨の中を法明寺に急いだ。
お会式は、日本の内容ある伝統行事の1つだろうが、スティーブ・ジョブズのスピーチの精神とは、本来、違う脈絡にあるものだ。縦社会での連帯、合議を計るものであり、それが日本の土壌にはある、と言うより、それが日本の独自性だろう。
さぁ、今後はどうすべきか?そうねぇ、今や有効、的確な情報戦力が必要です。日本の伝統、その精神を育て広げるには、ネット、パソコンで武装し、使いこなさねばならない。と元祖おバカな(stay foolish)わたしは思っている。

下は、スタンフォード大学卒業式(2005年6月)で、スティーブ・ジョブズのスピーチ。訳が?有り。翻訳文はこちらのブログにもある。
author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)

このブログのアクセス解析は

2009.04.02 Thursday | ゲーム・Web

この「オヤジの散歩」ブログもそろそろ2年経つ。
振り返ると、テーマ、内容が統一されず一貫性が無い。と言うより、面識が無い人が読むと「頭がオカシイ」と思われるかも知れない。まぁ、面識があってもオカシイとは言われるけどね。

しかし、少し言い訳すると、いろいろな方向の内容を書きながら、アクセスログを見ているのですよ。下の画像が本日のファイルごと、つまり内容別のアクセス数である。このブログは内容ごとで、長期で一番アクセスの多いのは、「eid216.html」。これは何と水道蛇口の修理の話ですね。2007.7月に書いたものだが、今でもアクセス数がさほど減らない。
最近では「eid352.html」つまり「舟和の芋ようかん」が意外と健闘してますよ。このようにその時期にアクセスが多い内容も見られる。
「koppe/」以下は、これはコッペパン記事です。これも多いよ〜。と手前味噌。と言うかこれは作為的な面があり、まぁ、はじめは、フランスパンで複数回書いて行こうとも思ったが、ネット上にフランスパンよりコッペパンコンテンツが、かなり少なかったこともあってコッペにした。

現在、月の訪問者様の数は、2000人程度で、TOPからのご来訪者様はその半数以下となっている。だから、半分以上の人が、それぞれの内容を個々に見ているという状態?などと、裏で遊んでいるのであった。

アクセスログ1

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

オンラインチャットを調べる

2009.03.28 Saturday | ゲーム・Web

昨年に友人の華僑H氏が、台湾の会社が開発した、ビデオチャットシステムについて相談に来られた。このシステムが日本で実用化出来るか?なのだが、わたしの答えは「無理でしょうよ。」だった。
その訳を簡単に言うと、日本と台湾ではサーバに対する認識が違い、一般に日本では自社内にサーバは持たないし、今やサーバOSは、UNIX系がほとんどという点からだった。まぁ、サーバごとビデオチャットシステムを保持する、つまりそれに投資しようとする企業など、日本には余りありませんよ。
先日、彼が「ビデオチャットはe-ラーニングなどで今後伸びる。日本で使えるシステムを調べてよ。」と今度は依頼して来た。彼は、必要と思える方向には、情熱を絶やさない。それが良い所だ。

オンラインチャットシステムは、当然時ごとに仕様が変わるが、現在でオンラインチャットは、一般に知られているSkype、MSN、Yahoo!メッセンジャーなどがある。
しかし、他にも会議チャットシステムが日本のものでかなりある。興味深いのは、産学官協同体制によるSOBAプロジェクト、頑張れ!。そして、あのアドビ様も、偉そ〜で高価な、Acrobat Connect Professionalなるものがありますねぇ。
まだ、調査中でっすが、その中でもSkypeは結構進化してますです。Skypeは今後楽しめそうだよ〜。SkWebChatなるものがあったので、期間限定(テストなので、4月末には外すと。)でSkypeのテキストチャットを貼ってみた。

下はSkypeのテキストチャットだが、Skypeユーザで無くてもチャット出来る。上のhtakaoの前のSkypeマークがグリーンだとわたしは居る。居なくても書いたメッセが送られるようだ。しかし、このBlog訪問者が書き込むと、skype-webchat経由で書き込まれるようで、それがどうも気になる。
author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

今の時期はハロウィン?

2008.10.24 Friday | ゲーム・Web

最近、ハロウィンに使うカボチャなどのグッズが、売られているのが目に付く。だいたいハロウィンって何なの?欧米のお祭りらしい位しか知らない。Wikipedia>ハロウィンを読んで、ハロウィンは10月31日などや概要が大体解ったのだが、どうも実生活には、無縁と思えた。子供の頃、ハロウィン何て聞いたことありません。この季節になると、落ち葉掃除して、焚き火にサツマイモを入れて、焼き芋を食べるのは良いね。などと思うが、この辺がオヤジであり、ハロウィンとは無縁ですよ。

そう言えばこの時期、米国オンラインゲームWorld of Warcraftで、ハロウィンイベントをやっていたと思い、早速ログイン。
結構ログインユーザが多く、お〜ぉ、町中にカボチャがあります。期間限定イベントでのクエストもあったりで、街はハジケタ感じで、箒(ほうき)に乗るユーザが多く見られた。どれどれ、カボチャをかぶって箒に乗りましょう、とクエストをこなしたが、このクエストは簡単です。しかし、この箒は、高くは飛べず14日限定の箒のようです。

画像は、カボチャをかぶって箒に乗ったもの。

wow

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

World of Warcraft再開?

2008.09.18 Thursday | ゲーム・Web

オンラインゲーム、World of Warcraftのアプリケーションを削除していなかったので、久しぶりに起動し、決済してログインしてみた。
アカウントデータから2005.3月から2007年初頭まで遊んでおり、キャラのデータは残っていた。フムフム、デハデハと少しプレイしたが、アプリ終了後にダウンローラーが立ち上がる。「何これ?」とよく見ると、ゲ〜〜、2.2GBのデータをダウンだって。(下の画像)
このWOW、かって700MBの更新データ(パッチ)があったが、2.2GBは如何なものでしょうねぇ。重すぎ!それに複数サーバから必要なデータを探し、それをダウンするようで、64KiB/s程度と遅い。

う〜ん、これは少し情報収集が必要と、英語圏サイトを見たが、このゲーム制作会社ブリザードはいつも強気だ。まぁ、WOWにしても強気な進行で、よく言えば前向きにゲーム開発、管理をしてきたと言えるが、全世界で1000万人と言われるユーザは、よくも離れなかったものだろう。
ゲーム進行は、クエストという探索テーマがその時々あり、それをクリアして進めるのが中心で、この情報収集が必須。具体的には、ネット上にあるWOW関連データベースサーバなどが頼りとなるのだが、このゲームの情報収集が出来れば、ネットでの情報収集力はあるとも言えるのではないか?

以前に大きなバージョンアップ"The Burning Crusade"が2007.1月にあり、2008.11月には、"Wrath of the Lich King"があって、このバージョンアップデータが今回のダウンロードだろう。私の場合、2007年の"The Burning Crusade"のアップもしていないので、2.2GBと2回分ダウンしないといけないらしい。
バージョンアップにより、最高レベルが上がるだけでなく、いろいろとゲーム内の仕様も変化しているようで、これは変化するネットらしく、興味深い。
しかし、以前のように深入りするのは止めておこう。

wow-downroder

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

オンラインゲーム状況は?

2008.08.15 Friday | ゲーム・Web

オンラインゲームで何かある?とドサクサに紛れてたまに調べている。
やるのはMMORPG系で、まぁ、しばらくは、WOW(World of Warcraft)の一人勝ちでしょう?とは思っていたが、この夏にはロシア語版サーバも始まったようだ。このWOW、それにしても今年には、1000万ユーザを突破したようだが、以前から日本語サーバの話は聞かない。ガハハ、これって日本国は、商圏として見られておりませんね。
現在の状況は確認していないが、私が合衆国のサーバで昨年の春まで2年間遊んでいた頃は、日本の周辺の国では、朝鮮、台湾、中国、シンガポールにサーバがあった。が、日本には無い。

ゲームサイト(4gamer.net)に、「日本のオンラインゲーム市場は失敗した」という韓国の大学教授のインタビューがあるが、元々日本では、インターネットの必要性>オンラインゲームの可能性という認識が非常に薄いだろう。

このインタビューの中で、(以下引用)
ウィ氏:
 オンラインゲーム産業をマクロ的な視点で見た場合,「簡単,安心,安全」な任天堂のゲーム機には新規プレイヤーは流れるけど,「危険,不安,難しい」PCオンラインゲームには流れない,そういう傾向があるのではないかと感じているんですよね。(以上引用)

とウィ氏は言われているが、確かに現状はそうかもしれない。しかし、「簡単,安心,安全」に自らが進める対象として、魅力があるのだろうか?
「危険,不安,難しい」だからこそ、そこに進むのではないのか?「簡単,安心,安全」に向かうのでは、本当にやる気があるのか?さえ疑問ですよ。
そうねぇ、それだけ日本国は、ご隠居化してしまったのだろうか?

4gamer.net

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

Entropia Universeスキル

2008.03.03 Monday | ゲーム・Web > Entropia Universe

この所忙しく、Entropia Universeはあまり出来ないのだが、やはり戦闘スキルを上げないと、彼方此方行きにくいのは確かだ。
モブは散歩の邪魔するし、仕様がない、当たり前過ぎて面白さに欠けるが、戦闘スキルを上げましょう、とレーザー系武器のレベルを上げている。技能利得のあるSIB武器を使い、現在レベル9でInitiated程度。使用短銃は、BreerP3a(L)。ライフルはRikerUL1(L)で、そろそろUL2に変える予定。このレベルは、やっとハンターの入り口に来た状態だろうが、初めの頃よりだいぶ対戦できるモブは増えた。
他のスキルは、まだBeginnerレベルで、どのスキルをするか?だが、原料調達>生産という構造で、生産は内勤でしょう。やはり、外を散歩するのが良く、採掘Miningもやろうと少しは進め出している。

どうしたら収益を上げられるか?は、初心者レベルで、そんなことはまだ解りません。ただ、一つのスキルに特化してレベルを上げれば、利益率が上がる様子と思える。裁縫Clothesでカラーリングまでやると、より完成度は上がるが、初心者レベルでは、オークションでの売行きがどうも?で、Entropia Universeの需要と供給を見ないとならないようだ。

Entropia Universe08.3.2

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

Entropia Universeをする訳2

2008.02.10 Sunday | ゲーム・Web > Entropia Universe

Entropia Universeについての情報で、興味深いコメントを見つけました。
タイトルは「Entropia Universeはねずみ講かの巻」で、他のBlog意見(Entropia Universeはねずみ講)に対してご自分の意見を明示されています。
このようにご自分の意見をBlogに明確に表すことは、魅力を感じます。uirouさんのご意見には、ほぼ賛同しますし、このようなご意見があることに希望が持てます。
論議のテーマは、
・Entropia Universeがねずみ講なのか
・「リアルとバーチャルの等価交換」が如何に問題なのか
の2点と思われます。

・Entropia Universeがねずみ講なのか
実は自分もGoogleで「Entropia Universe」を検索すると、Entropia Universe=ねずみ講のようなタイトルが1ヵ月前位までヒットし、それもあってEntropia Universeをはじめたこともあります。Entropia Universeは、まだ初心者レベルでありその全容が解りませんが、uirouさんの言われるように、ねずみ講では無いでしょう。
ともかく、自分としては、実際にプレイして自分の答えを出すことだと思っています。「Entropia Universe散歩終了」で、2つの陸地をまず回ったのは、各スキルバランスを見るためでした。

・「リアルとバーチャルの等価交換」が如何に問題なのか
これは、RMT(Real-Money Trading)、つまり[オンラインゲーム上の所有アイテムやアカウントやそのキャラクター(育成代行を含)を、現実世界の財産(主に通貨)と交換する-Wikipediaより]ことで、このことは「ネットカフェ-インターキューブ」に出入りしていた5年前にオーナーの孫さんに、なぜ日本にはRMTが無いのか?と質問されたことが思い出されます。
まず日本では、オンラインゲームで得たアイテムなどはその所有者の資産である、という概念が希薄でしょう。しかし、国外の多くの国は、それは資産と社会的に認めていると思え、Entropia Universeは、その土壌から構成されていますよね。

振り返ればもともと、Macの出現、またネット根幹OSであるUNIX、そしてWebは、旧来のカテゴリを壊そうとする所からはじまっているとも言え、新たな共同体、カテゴリを作ることをこれらの創成者は考えていたでしょう。
Entropia Universeは、その後に新たな共同体の具現化された一例と見ることが出来ます。インターネットとパソコンの基本思想を継承しているとも言えます。現代社会の中では、この思想の影響を受けざるおえないでしょう。
確かにEntropia Universeは、いつ破綻するかも知れない危うさがありますが、簡単に出来るわけは無く、それは当然でしょう。チャレンジし、失敗を繰り返すことで育つのでは?その成長過程に、自分のお小遣い程度を出費しても当然と、自分は思っております。
-------------
下の写真は、Entropia Universeでのカラーリング

Entropia Universe Ph

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)