オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。
<< 婚活集客で媒体はデコメだって | TOP | 撮影用のボックスを買った >>

笠間の第7回道の市に行った

2009.06.08 Monday | 散歩、遠出

知人の若い魅力的な女性から、茨城県笠間市で開催される「道の市」見学のお誘いがあった。事前にパンフも送って頂いたが、どうもクラフト系の露天市の様だ。
昨日、6月7日に、ともかく見に行きましょうと、日暮里駅から常磐線で岩間駅に向かった。下車した岩間の駅は良いですね〜、素朴で最高。とても素敵!もうこれで今日の良い思いは、使い果たした感があった。しっかし「ダメダメ目的は笠間ですよ。」と車に乗せてもらい、笠間の駐車場から会場の道に入った。

彼女の知人の出店も結構あり、紹介して頂くこともあって、単なる冷やかしオヤジと思われる事も無く、出展者の方々といろいろ話が出来るのは、有り難いことですよ。お話しした、Webのある方をリンクして上げておくと、「まのめ工房」「中津箒」「尾崎悟/サファリの道具」・・・・「革と服-am」。しかしこれは多くは回り切れない。パンフレットを見ると出展数が、145店もある。その出展者一覧は「道の市」Webにもあった。

このイベントで興味深いのは、作家の方から高校生?グループと出展者がさまざまで幅広いことだ。プロからアマまでそのスキルに関係なく、自分の作品をこの機会に出す事が出来て販売出来る。やはり誰でもが、制作し、出展出来る時代になったと改めて思えた。
出展参加者は、茨城県だけで無く、関東各地からも参加されており、意外と広域に広がるイベントかも知れない。出展料は2日で6,000円と聞いたが、バブルの頃までのイベント形態を思い出すと、考え方、運営は大きく変化しているだろう。
笠間は、地理的にも交通の便が良い地域では無いが、意外と来訪者が多のも興味深く、「何処から来ているのか?」聞くために出展するもの有りだよね。と思えたりした。

下の写真は、中津箒の制作実演。神奈川県からの参加のようだ。

笠間ハンドメイドフェア

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

Comment

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :