オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。
<< みちくさ市と鬼子母神盆踊り | TOP | 喫茶・レストラン「おきな堂」 >>

東京は暑いぞ、松本・安曇野へ

2009.07.31 Friday | 信州、松本

7月28日〜昨日30日まで松本方面に出かけた。松本の記事は、「おきな堂」さん、「まるも」さんの記事も書くので、3回に分けることにした。

松本に出かけた理由は、東京は暑い、仕事にならん、信州に行けば涼しいかな?という理由だが、以前25〜40年前には中央線沿線に住んでいた時期もあって、松本は意外と出かけていた。高校卒業後まで山に登っていたし、アート系に専攻を変更した頃は、安曇野の碌山(荻原守衛)美術館は手頃な場所だった。

最近、若い人達から「JRは料金が高い。」と聞くので、ネットで交通費を調べたが、選択肢が増えた。JRにしてもオークションで安い切符が買えるようだ。JR東日本には「大人の休日倶楽部」があるが、何なのこれ?対象が50歳以上で、残念ながらわたしは該当してしまうのだが、これは大人じゃなくて、年寄りで労働力にならない人の倶楽部でしょうよ。割引する対象年齢が疑問です。
年甲斐も無く、乗車券のみ購入して、松本まで普通列車を乗り継ごうとも思ったが、疲れるだろうし、今回は高速バスに決めた。新宿から京王バスに乗車。松本までJRだと特急で6,200円程度だが、京王バスでも3,400円だった。

安曇野は数十年ぶりだったので、かなり変わっていた。穂高駅周辺にも住宅が増えて、以前のような広大で伸びやかな自然は少ない。駅前で「安曇野アートラインマップ」なるものを頂いたが、今や美術館、博物館が16件あるようだ。グッフフ、わたしの美術館、博物館見学許容数は、1日1、2件です。美術館、博物館を回るだけで、16件÷2件=8日は必要ですよ。

碌山美術館はどうなったかな?と入口まで行ってみたが、ここも施設が増えていた。施設増=展示点数増、だから時間と気力を使うことになりがちだ。展示作品を見る気は全く無かったが、入口から庭の木陰に点在する、ゆったりとしたベンチが見えた。受付の青年に「飲み物はあるの?」と聞くと、紙コップのコーヒーがあるとのこと。それじゃ入りましょう、と600円払って庭を散策し、ベンチで一息。雨上がりの庭は爽やかで、美しかった。

写真は、碌山美術館の庭、グズベリーハウス前のベンチで。

碌山美術館

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

Comment

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :