オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

散歩ルート地図ある??

2007.05.10 Thursday | 散歩、遠出

散歩してるからそのルート地図があると良いよね。と少し探す。
「ALPSLAB route」ってどうでしょう?使い勝手は悪くないが、う〜ん、実際のルートと地図のルートにズレが出ますね。
ここの散歩は、路地を歩くのでやはり向かないかな。
まぁ、せっかくだから地図を作成してみましょう。グハハ、楽しいオモチャだ。
おやおや、簡単に設置出来ます。ここのBlogシステムSereneBachでも表示出来ますね。それでは、地図に合わせて散歩してきましょう。

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)

都電荒川線のレトロ車両

2007.05.09 Wednesday | パソコンでお勉強

都電荒川線にレトロ車両が運行されるが、「都電荒川線」、「レトロ」で検索すると当然関連情報を集められた。
5月末から運行されるようで、読売新聞社などのサイトで実物の車両が見られるが、確かにレトロイメージですね、これは。
個人的な感想を言わせていただくと、コンセプト、車両レンダリングなどプランをネットで公募し、それを公開。次にネットで一般の人から投票してもらい、それを元に決定するといった、参加型発想の進行・決定があっても良いと以前から思ってます。
集客力のアップと地域の活性化が、確かに必要なのですから、時には実験も必要でしょう。

レトロ都電の参考サイト-----
東京都交通局>都電荒川線
読売新聞>社会

都電ひとつばなし>未来型VSレトロ 路面電車
0番のりば
B. God's murmur
author : Takao | comments (0) | trackbacks (1)

目白から椎名町へ

2007.05.08 Tuesday | 散歩、遠出

6時半には歩き出して、JR目白駅へ。そこから落合の住宅街を抜けて、山手通りを渡り西武池袋線椎名町駅へと歩くいた。
椎名町駅から池袋駅まで西武線に乗車し、池袋で一息つく。池袋から雑司ヶ谷霊園を抜けて戻った。歩行時間:1時間半、交通費西武池袋線片道:140円。

目白周辺は、高級住宅地らしいのだが、特別ゆったりとした情景には出会えなかった。もっと下落合をゆっくりと歩かないとダメなのかも。
帰りに雑司ヶ谷霊園を通ったが、やはりこの霊園は広くこれだけの広さを個人ではとても所有出来ません。それはともかく、今は青々した緑が乱舞してなかなかです。

信号


雑司ヶ谷霊園

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

護国寺から都電荒川線へ

2007.05.07 Monday | 散歩、遠出

朝一で雑用をこなさねばならず、外出の必要もあり出かける。
しかし、護国寺に戻ったら、スルスルッと境内へ入る。護国寺は整然と管理がされているが、どうも昔と比べると整然とし過ぎ、威厳が強くスタイルが先立っている感がある。ここで尊ぶこととは何?まぁ、昔ここの境内で豆や駄菓子を買い、鳩に豆やって、防空壕跡や境内に来る型屋(粘度と型を買い点数を付けてもらうのだが、その露天のオヤジは、2,3日でいなくなるといった子供相手の詐欺的露天。)で遊んだ経験があるとそうも思いますよ。
護国寺の北東には、豊島ヶ岡御陵が隣接しており、ここは御皇室の墓地で一般人は入れず、普段は警備の人以外に人がいないようだ。
子供の頃、柵を乗り越えてザリガニやクワガタを取り、警備の人に見つかって逃げたなど思い出すが、この御陵があるためこの地域の自然が壊滅しないのかも知れない。
その後、護国寺の北の出口から東池袋、向原へと歩き、都電に乗って鬼子母神で下車。雑司ヶ谷2丁目を通り帰る。
歩行1時間程度。交通費都電片道160円。

護国寺


都電

author : Takao | comments (0) | trackbacks (1)

上田哲也氏の個展は・・

2007.05.06 Sunday | アート・写真

渋谷からの帰りに、そうそう上田哲也氏の個展も行こうと事務所に帰社。
ガ〜ン、銀座和光での個展は5月1日に終了でした。自分が座敷牢状態だった5年間は少なくとも、彼の個展に出かけませんでしたので、久々にお会いしたかった。
「あ〜ぁ。」と、Web検索すると、彼のお弟子さん?のブログから個展の状況が解ります。個人からの情報発信が出来るようになり、その点では面白い時代でしょう。

そのブログから茄子やモクレンの皿も展示された様で、せめて事務所にあるモクレンの皿をここに入れときます。

上田お皿

author : Takao | comments (4) | trackbacks (0)

渋谷のグループ展

2007.05.06 Sunday | アート・写真

今日は昨日と違って、雨が降っているが気温が低く、個人的には散歩OKです。
が、しかし、個展のお知らせハガキが2,3来ているので、まずYさんのグループ展を見に渋谷に出かけた。
ふ〜ん、Yさんの作品は2点だったが「淑女のしずく」だって。下の写真の大ビンの上にウエディングドレス状のものがあり、そこから水滴が落ちますです。落ちた水滴はビンの口に入り、たまに音がします。水滴=涙、なんだって。妙な作品ですが、自分史的にはまともかも知れません。
作者とは、親子位の年の差があるのですが、お互い「変なヤツ」と思っていた所があり、お元気そうなのが何よりでした。

渋谷



渋谷2

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

地味な雑草も東京では貴重?

2007.05.05 Saturday | 散歩、遠出

今日は、7時前に雑司が谷から東池袋へ、池袋駅前から大塚方面に向かい大塚経由で帰る、といった生活圏内の散歩というか、日常から出られない散歩だった。歩行時間は、1時間半程度、交通費無し、これはゴールデンウイークとは無縁ですね。

まぁ、散歩をはじめて1ヵ月となるが、ここ数年の東京の夏の暑さを考えると、7月、8月はとても暑くて、東京は散歩には最不適環境ですよ。で、夏は東京以外で歩きたい。それには今から歩かないとダメかな。という計画があるのです。
東池袋にエアライズタワーなる巨大集合住宅が出来ましたが、これは巨大人工物でもあり、高速度道路も側で夏に乾いた暑さが多造されるというか、ここは暑いの保証付きでしょう。
夏にスーツを着てここを歩く、自分の姿を想像するとガックリしますが、帰りに道端の良く見かける雑草を眺めホッとしました。地味の見本のような花ですが、みずみずしく、それは東京では貴重です。
(この雑草は、ハルジオン-春紫苑-と言うらしい。)

東池袋1


エアライズタワー


雑草

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

目白台から神楽坂へ

2007.05.04 Friday | 散歩、遠出

7時前には、目白台から神田川に下り、早稲田に向かう。
それから神楽坂方面へ、知人がオーナーのアユミギャラリー前で一休みして神楽坂を歩いたが、ここは街としてしっかりと成り立っていますね。あか抜けた町場の雰囲気があるでしょう。比較すると雑司ヶ谷は村というか、活気がなく、お店がまばらです。
「雑司ヶ谷は緑も多いし良いよ。」とも思い直し、関口にある関口フランスパンで、パンを買い、オーナーのT氏と少し話して、帰宅しました。
今日は、2時間近く歩きました。やはり歩くのは気持ち良い。

写真は、上から目白台、神楽坂、関口フランスパンのテラス

目白台


神楽坂


関口フランスパン

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

エアライズタワー瀧澤提灯店に

2007.05.04 Friday | The 雑司ヶ谷

昨日は、エアライズタワーの瀧澤さんのお店に出かけた。
このサイトで開設している「雑司が谷PickUp」で紹介するのに、瀧澤さんにご了解を得てUPした。

手作りの提灯は、全く同じものはその制作行程からも無く、お客さんに提灯を渡してしまうと、現物は作り手に残らない。希少価値が高いものなのだと再認識しました。

瀧澤提灯店

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)