オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

Y教授の個展とパーティへ行く

2009.03.30 Monday | イベント

昨日(3月29日)は、お昼に神楽坂のアユミギャラリーで開催されているY教授の写真展に伺った。(「自らも意図しないのに-4」3/27〜4/1・東京都新宿区矢来町114・アユミギャラリー)。
桜の時期でもあり、神楽坂はオシャレな街だが、それを楽しむことをせず早々と帰宅した。そして、夕方には、新宿センタービルで開かれる、退任記念パーティーに向かった。何か1日Y教授の日の様だったが、この方とは、同じ研究室で28年ご一緒したことになる。
いろいろと学べることはあったし、助けて頂いたとも思えて、月日を経たことが軽いものだとは思えない。そう思えることは嬉しいが、これを区切りとして、次の展開に進むことになるだろう。

下の写真は、アユミギャラリーの個展にて。ご本人が「花の手前から写すと良でしょう。」などと言われるので、写した1枚。花に愛情を注がれている、ご本人に撮ってもらうと良かった。

横溝先生個展093

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

おさんぽ市に出かける

2009.03.29 Sunday | イベント

昨日は、東池袋の裏通りで開催された「おさんぽ市」に出かけた。
かって、東池袋の裏通りにある、日の出優良商店会は、歩けないほど人で賑わう商店街だった。しかし、今はほとんどが閉店状態で、この商店街が、それほど賑わっていたなど、想像出来ないかも知れない。

「おさんぽ市」というイベントをしても、最盛期の賑わいが戻るとも思えないが、だからと言って何もしなければ変わりはしない。刃研ぎ堂さんご苦労様。
このイベントに出店参加された方々は、30〜40代と若い方が多く見られた。また、皆さんWebをお持ちの方が多く、結構なことですよ。で、リンクを一覧します。

刃研ぎ堂
http://www.toshima.ne.jp/~hatogido/
旅猫雑貨店
http://tabineko.seesaa.net/
わめぞ古本市
http://d.hatena.ne.jp/wamezo/
あめ細工吉原
http://ame-yoshihara.com/
ステンドグラス工房時屋
http://www.geocities.jp/uzuraweb/tsukinoie/home/index.html
198 Queen st. Kingston 花屋
http://www.198qstk.com/index.html
不思議(はてな)
http://www.toshima.ne.jp/~hatogido/hatena.htm
ハチマクラ
http://hachimakura.com/index.php
すずめ村鉄道
http://blogs.yahoo.co.jp/tokotokodeki3/MYBLOG/yblog.html
pippoのゲームコーナー
http://blog.livedoor.jp/pipponpippon/

あめ細工吉原孝洋さんのWeb「自己紹介」に(以下文章引用)、
>僕は、自分の生まれた日本の事を誇らしく言えない自分に
>恥ずかしさを感じてしまった。
>この経験が、何か日本の文化に関わる事をしたい
>という思いが強くなりました。
>そして昔テレビで見て感激した飴細工をやろうと心に決めました。
とあり、姿勢がとても魅力的。リアルなイベントでお会いし、Webでまた魅力ある意識と出会えて、魅力的な時代となりました。
問題となるのは、個々の意識、姿勢と改めて思います。

下の写真は、吉原さんが作るあめ細工。路上ですが注文が絶えません。

あめ細工

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)

「おさんぽ市」のポスター作成

2009.02.10 Tuesday | イベント

先日、知人の刃研ぎ堂さんが、事務所に見えた。
彼は、路上で刃物を研ぐ商売をされている。子供の頃は路上でそんな仕事師を見かけたが、最近はほとんど見られなくなった。雑司が谷だけで無く、城北地域を中心に、数十箇所に移動して仕事をされ、H.P.からも仕事が来るようだが、この仕事はなかなか、誰にでも出来る仕事では無いと思える。
しかし、使い捨てはせず、切れなくなった刃物を再生する訳で、仕事の内容は真っ当だろう。最近、不景気で失業する方が増えていると聞くが、何故雇用されることに執着するのだろうか?包丁、ハサミは生活必需品でもあり、彼のような姿勢で仕事に向かえば、失業とは無縁だろう。
やはり雇用されることにより、主体性が無く、根底の生活力が無くなると、刃研ぎ堂さんと話していると、思わざるをえない。

そんな刃研ぎ堂さんの用件は、東池袋の日出優良商店会で開催する「おさんぽ市」のポスター制作依頼だった。ここの商店街は、昔は歩けないほど買い物客で賑わったが、今はその面影もほとんど無く、活性化が必要だろう。
「作るよ。」とノーギャラだろうが、ご依頼をお受けした。で、「東京昔探訪・商店街」を追記して作成し、今日彼に校正をお出しした。
下の写真は、刃研ぎ堂さんが研いだ刃物と、作成した日出優良商店会「おさんぽ市」ポスター。

日の出優良商店会「おさんぽ市」
3月28日(土)11:00〜16:00 雨天中止
交通:有楽町線 ・東池袋駅または都電荒川線・東池袋4丁目停留所を出て、
左のセブン・イレブン横から、裏の商店街に入る。
主催:日の出優良商店会 後援:わめぞ、職人組

おさんぽ市ポスター

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

今年もネットを活用したい

2009.01.03 Saturday | イベント

あけましておめでとうございます。

どうも今年の雲行きは、経済状況も下降すると予測されて、明るいとも言えないのですが、前向きに進みたいものです。以前のような自分としては大掛かりな事、たとえば、自社内にサーバを構築するとか、ベンチャー会社に投資するとかは出来ませんが、仕事も遊びもインターネットで、楽しく過ごしたいものです。

今年の元日は、ここ数年続けているが、東京大神宮、そして、素盞雄(スサノオ)神社にご挨拶に出かけた。何故2つの神社に参るかは、神社の長である宮司様を尊敬するという理由からであり、わたし自身の願い事をしに出かける訳では無い。
その点普通の初詣の参拝とは違うのだが、初詣とは、年が明けてから初めて寺社に参拝し、一年の無事と平安を祈ることであるなら、必ずしも自分に向けて祈ることで無くても良と勝手に考えたりしている。
自分に向けての初詣は、やはり雑司が谷の鬼子母神に参拝することになるが、ウ〜〜、まだ行ってませんです。明日には出かけますです。

下の写真は、素盞雄神社の破魔矢。

すさのう神社破魔矢

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

雑司ヶ谷お会式万灯行列順番

2008.10.08 Wednesday | イベント

このお会式万灯行列順番は、2008年のものです。
2009年以降はこちら→

雑司ヶ谷鬼子母神のお会式万灯行列順番は、9月最終土日(今年は9月27日、28日)に決まるのだが、それは新聞の折り込みに入る「御会式新聞」に掲載されて来た。しかし、今年は新聞の制作進行の事情もあって、行列順番が掲載されないと聞いている。

そのこともあって、mixiのお会式コミュニティでは、行列順番を掲載されたり、それを自分の日記にも掲載している人がいたりする。お会式コミュの管理人さんは、自分のブログ( +++WEED Blog!!+++)に万灯行列順番をアップ(このブログはサーバ変更しました。)されている。偉い!万灯行列順番などネットでは複数のサイトが情報を出ことが可能であり、それが有効だろう。

え〜〜、で、三嶽中島講のページに順番を載せたが、ここにもお会式万灯行列順番を載せましょう。下記のテキストは、WEED Blogさんから借用させて頂きます。下の写真は、今年の雑司ヶ谷鬼子母神お会式ポスターの部分。

>御会式順番
●10月17日(金)
1)東部睦会 2)東池母神会 3)鵬輦 4)千登世若睦 5)表参道睦会 6)青葉睦 7)大門宮元講 8)高田若睦 9)藍鼓 10)燈友会 11)波羅門 12)目白台睦会 13)目白睦鬼神会 14)雑二講 15)南池一若葉睦 16)三嶽中島講 17)目白睦商工睦 18)鬼熟蓮  19)紅嶺 20)高田南睦

●10月18日(土)
1)立正佼成会 2)向原講祭龍会 3)三嶽中島講 4)大門宮元講 5)高田南睦 6)目白睦商工睦 7)東通り妙法講 8)藍鼓 9)青葉睦 10) 雑二講 11)目白睦鬼神会 12)波羅門 13)紅嶺 14)南池一若葉睦 15)東池母神会 16)燈友会 17)千登世若睦 18)表参道睦会  19)目白台睦会 20)鬼人太鼓司睦会 21)源太連 22)鬼熟蓮
23)鵬輦 24)高田若睦 25)東部睦会

お会式ポスター

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

スクーリングからお会式へ

2008.09.01 Monday | イベント

あぁ、疲れた。
先週土曜に(8/30日)スクーリング授業が終わったが、これは結構疲れます。写真を写して、ここにコメ入れる余裕はありませんでしたねぇ。続いて昨日の日曜(8/31日)の夜に、地元のお会式、三嶽中島講の今年スケジュールなどの打合せ会があり、休むまもなく、お会式を進めるからなおさら疲れるのかも知れない。

大学のスクーリングは、授業は紙媒体制作なのだが、年齢、職業、地域など多様な方面から受講生が出席されていて、そんな多様な方々が自分の土壌からイベント企画を提示される。それが魅力の一つでもあり、「通信教育って魅力的だ。」と長い間思えたのだろう。また、スクーリングは、大学に集まって行う面接授業だが、近い将来、デジタルコミュニケーション手段も進んで、オンラインでの授業が増えるとも思えるが、その反面、スクーリングのように直接対することが、より価値ある機会になるとも思ったりする。

まぁ、一教員として、真摯に受講される受講生に、手を抜かないで、ご本人のプラスになればと思っているが、多様な方々がおられて、結果的には、自分の思うようには、行っていないかも知れない。しかし、これはお会式でも同様だろう。「三嶽の講元は、ダメだね。」というご批評が出るかも知れないが(グハッ、もう批判が出ている?)、しかし本人は全力で進めるしかないですよ。

武美

author : Takao | comments (4) | trackbacks (0)

天王祭本祭&コッペパン

2008.06.07 Saturday | イベント

今日は朝方から南千住の素盞雄(すさのお)神社に向かった。
雑司ヶ谷から都電で三ノ輪の手前、荒川区役所前で降り、素盞雄神社に行く。すでに午前7時には宮出しされ、神輿を追って、JR南千住方面へ行って見物した。
この本祭の特長は、南千住、荒川、町屋にかけて広い範囲に神輿が巡行し、町内事に神輿が引き継がれることだろう。また、神輿を単に担ぐのでは無く、止まって神輿を左右に傾けるのも興味深い。写真上。左右に振ることもあって、以外と神輿の進みは遅く、これなら素盞雄神社様に一寸寄らせて頂きましょう。と神社に向かい社務所にご挨拶。しかし、普段のんびりとした境内だが、この日は露天で満杯でしたねぇ。
今日、7日は最後の原稲荷御旅所奉還が、午後6時の予定で、さすがにそこまでは付いて行けず、町屋の手前で帰路についたというのが、私の1日の行程でした。

南千住警察署の手前で、なんとコッペパンを発見。これは即購入し、道中に食べましたよ。
神輿を担ぐ人達も、結構購入し食べておられますねぇ。写真下。店名は、青木屋かな?知られたお店のようですね。AOKIYAという透明の袋に入ったもので、中の具は、コロッケの他にカツなど数種類のフライがありました。
神輿の順路を確認するのが、本日の本来の目的であり、天王祭本祭にコッペパンを見つけて、路上で食べてしまうなどは、「不届き千万」なのかも知れませんが、私は下々(しもじも)であり問題ないと思ってます。こ〜ぃう、買い食いは美味しいよ。

「元祖ジャンボパンのAOKIYA」荒川区南千住6-47-14

神輿


コッペパン

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

アジサイの花の時期

2007.06.14 Thursday | イベント

遠出をしたいのだが、やはり今日も雑司ヶ谷から池袋へと近所の散歩でした。歩行時間:1時間弱、交通費:無し

この辺りでもアジサイの花が咲き出しています。この花は個人的には余り喜ばしくない花です。その理由は、この花の咲く6月から梅雨となり、その後、7,8月は極暑の季節となるからで、アジサイ=極暑時期のはじまり。とここ数年感じてしまいます。
何の因果か、夏に仕事でスーツを着なければならない事が多く、東京の昼間、交差点の熱気には参りますよ。熱気=前向きなパワーなら我慢もしますが、どうも今の世の風潮はそうとも思えず、夏祭りなど必要なのかも知れません。そうそう、お会式で三嶽中島講の打合せ会が、6月16日にあり、当然そこには出かけます。

紫陽花

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

「路面電車の日」記念イベント

2007.05.22 Tuesday | イベント

都電の車内広告に、路面電車の日記念イベント広告があった。
Webでも東京都交通局の都電荒川線に、この情報があり、5月26日(土曜)開催ですね。
都電9000形のデビューで、午後には撮影会もあり、おせんべい付きの一日乗車券も販売されているという、ローカルなイベントです。まぁ、高齢者と子供向けの内容なのでしょうか。
都電はとても好きなのですが、イベントとしてはWebで撮影会写真を募集・掲載するなどもっと前向きで良いと思え、従来の車両が日常的で好きなこともあり、わざわざ都電9000形の写真を撮りに行く気にはなれません。

やはり、イベントには1つのカラーが表れますが、その主催者の嗜好に個々はなかなか合わないというか、個々が選択する時代でしょう。

都電

author : Takao | comments (2) | trackbacks (4)