オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

冬の雨の日のキアズマ珈琲

2011.02.28 Monday | The 雑司ヶ谷

土日と暖かかったが、今日は朝からみぞれ混じりの雨で、寒々としていた。こんな日は、行動範囲が狭まるが、一眼レフを持っていた事もあり、鬼子母神ケヤキ並木にある、キアズマ珈琲に向った。

静かにコーヒーを飲んで、ゆっくりと写真でも撮りましょう。と言う狙いなのだ。雨らしい情景と思い、お店に入る前に店頭にある看板を写し、店内に入ると直ぐにオーナー氏が、ブレンドコーヒーを出してくれた。フムフム、なかなか接客サービスもよろしい。
傘立て越しに表などを写していたら、カウンターの反対のカドに居た娘さんから、写真が好きなのですか?と聞かれ話していると、知り合いのデザイナーお姉さんが来店。彼女も年末にカメラを買ったと言われ、1階カウンターは、ミニ撮影会になってもう大変状態。

「静かに写真を撮るのが目的だったのだが?」と言うと、オーナー氏に、一番騒いでいますよ。と言われた。確かにそうかも。
本人としては、静かにコーヒーを飲みながら、写真を写そうという大人の時間を持つつもりだったのだが、どうも方向は違ってしまった。まぁ、次の予定もあるので、早々と事務所に戻った。

写真は、上が店頭の看板。そして中がブレンドコーヒー。下は同じカメラで、オーナー氏が写したカウンター部分。オーナー氏の写真、センスが良いと思う。

キアズマ表看板



キアズマ珈琲ブレンド



キアズマ珈琲オーナー写


キアズマ珈琲 カフェ / 雑司が谷駅(東京メトロ)鬼子母神前駅都電雑司ケ谷駅

昼総合点★★★★ 4.0

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)

立食いそばが美味しい季節だが

2011.02.23 Wednesday | 散歩、遠出

今日(2月23日)、だいぶ東京は暖かい。このまま春に向って暖かくなるのだろうか?と言うのも、子供の頃(ガハ、50年前)に比べると、近年はだいぶ暖かく、なかなか冬を味わえないと個人的には思っている。
やはり、冬は冬らしく、特に外は「ウ〜、寒くて死んでしまうぜ。」位の寒さがよろしい。電車などの乗り物、施設などの建物の中はむしろ暑いくらいだから、厳冬の中で頭を冷やし、思い上がりを縮ませる必要があるだろう。
自分が、はかない命であると言うことを、認識することは必要とも思える。

先日雪の降った時に、そんな事を思いながら、池袋駅の地下通路に有る立食いそば店(お馴染 田舎そば 池袋店)に2日続けて行ってしまった。
まぁ、立食いそばの見識のある人のご意見もあるだろうが、私の場合、富士そばを目安に良いか悪いか判断している。富士そばは、店舗数も多いのだが、関東、特に都心部に展開しているのが頂けない。
やはり、「立食いそば」と言うと、雪混じりの雨が降る、吹きっさらしのホームで、震えながら熱いそばを食べるのが最高だろう。池袋などで、汁をススっているのと訳が違い、何とも素晴らしい。
では、そんな情景の所に行けば良いのだが、どうも高齢の両親介護で、遠くに行きづらい。でも、きっと何時かは行く。と夢想する日々なのであった。

写真は、池袋、お馴染田舎そば池袋店(いけふくろう店ではない。)のかき揚げそば。ここはJR系のチェーン店で、日本食堂は今もあるようだ。

池袋立食いそば

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)

バレンタインデーは嫌いだが

2011.02.16 Wednesday | 飲食・料理

2月14日は、バレンタインデーだった。
バレンタインデーは、若い時からどうも感心が無く「わたし?関係ないス。」状態だった。それは「wikipediaバレンタインデー」を見ても、日本でアレンジされた習慣だし、製菓業界の陰謀?とも思えたからだ。
ま、そのように斜に見るのは、あえて自分が主流から外れよう、という意識があったからだろう。

50代になって、愛とか恋とかと離れて見ることが出来るようになった。それはバレンタインデーからも、より外れることであり、お気楽でむしろ、心地良いと思っていたが、今年はやられてしまった。
2月14日の朝に宅急便が来て、家の奥さんが受け取りに行き、ニコニコして「GODIVAのチョコよ。」とわたしに持って来た。「何それ?」状態だが、宛名を見ると、雑司が谷のYさんからで、Yさんは、本当の金持ちというだけでなく、尊敬し信頼している、わたしより年配の女性だ。
まぁ、何ともその心意気は流石だと思えた。親愛の情からチョコレートを贈与された。と思い、有り難く頂いた。

他に一人の若い女性から、チョコを頂いたが、良く見るとモロゾフMorozoffだよ。わたしはチョコレートをたまに食べるが、90円程度のシンプルな明治ミルクチョコレートハーシーすら食べない。だからチョコのブランドは??で、正に豚に真珠だ。
しかし、親愛の情を頂くのは有り難く、もう次があるとも思えない。また、過去を振り返っても、バレンタインデーにチョコをもらった事をほとんど忘れている。だから、このように記してる訳です。

下の写真は、頂いたGODIVA(下)とMOROZOFF(右上)のチョコレート。有り難く頂戴致しました。

バレンタインチョコ

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)

梅舎茶館ワークショップ7終了

2011.02.06 Sunday | アート・写真

梅舎茶館さんでのフォトワークショップが終了した。参加された方はお疲れさまでした。

今回は、実を言うとこの所雑用が多く、少々疲れ気味だったが、参加された5名の方、そしてオーナーのヨーダさんに助けられて、フォトワークショップが終了出来たとも思えた。
「そんなことは、今さら始まったことではありません。今頃気づいたのですか?」と仰る人もいるだろうが、まぁ、そんなこともあるよ。と前から気づいてはいたが、それが今日の日となった。
それは、今回は、私以外のオーナーも含めた6名の人達は、以前から話をしている人ばかりで、皆さん大人だと改めて思えた。
大人とは何なのか?の基準は、いろいろとあるだろうが、6名の皆さんは、個々にご自分のスタンスをお持ちで、それぞれに立ち位置があり、話して気持ちがよかった。

肝心の写真の話題が少なくなって、何がフォトワークショップだという点が気にもなるが、参加された人達がOKならこれもアリで良いのかも知れない。だよね?
上記から、参加された方々に改めてお礼致します。

下の写真は、梅舎茶館で本日7カット撮った内の1枚。単純な写真となってしまった。それに対して、いま、BATAさんdue.tre.oサイトで今日の写真が更新されたが、これはシブい。

ワークショップ梅舎茶館

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)