オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

映画ソーシャル・ネットワーク

2011.01.23 Sunday | 本・学習

・ともかく映画を見に行く
映画ソーシャル・ネットワークを池袋に見に行った。内容はハーバード大学生が、facebookと言うSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を創立した時のものだが、わたしは興味深く見た。
それは1991年に、パソコンとネットワークによって、情報の構造が変わると予測し、会社を設立したし、その後1996年に社内にインターネットサーバを設置したことなど、この映画の内容に共通する部分があるからだろう。
しかし、映画を見に行ったのは、1月17日(月曜)の10時からの上映だったが、観覧者が10数人しかいない。これは場所が池袋で、平日だからだろう。
その上、若い人も少しはいたが、高齢者が多く、自分を棚に上げ言う訳だが、この高齢の人達は、映画の内容の何処に共感するのだろう?と思えた。ともかく、見ないより、見ることから始まるとは思う。

・facebookなどの国外SNS
facebookについては、Webでさまざまな意見が見られるが、それらの意見から自分がどのようなスタンスで対するか?を決めることが大切だろう。別にfacebookを使っても良いし、使わなくても良く、インターネットをしなくても良いし、パソコンを使わないと言う選択もアリだ。
と言う自分は、ズルズルと長年パソコンとネットを使っているし、2009年にfacebookに登録はしていたが放置していた。去年秋までmixiにログインしていたが、今年はmixi使うだろうか?という状態。しかし、mixiは頑張って欲しい。
それはtwitter、facebook、myspace、Foursquare、flavors.me・・・など国外SNSは、情報の共有力、浸透力が強くあり、これは日本に無い指向だろう。言い方を変えれば、インターネットでの勢力配分が、英語圏中心であり、日本は極東の片隅で、つつましくコミュニケーションをする状態となっている。

・自分の課題を決める
これはインターネットだけでなく、経済状況も同様で、ハーバード大学の学生が立ち上げたfacebookが、時価総額約1兆6,500億円(ja.wikipediaより)と評価されているように、繁栄と衰退の格差は大きくなるだろう。以前国内で「勝ち組と負け組」と言う言葉を聞いたが、貧乏人同士が比較してもしようがない。
まぁ、国外にガンガン出て行こう、facebookも使って、海外に浸透して行く方向もあり、外で稼いでこそ勝ち組なのだが、どうもこんな真実が一般化しない。
それなら、負け組と言うより、1町人(市民とは、ヨーロッパの都市の1個人だが、江戸の1町人から、あえてネットの1町人と言いたい。)として、今後何をすべきなのだろう?それが課題だと思えた。

下のリンクは、映画ソーシャル・ネットワーク予告。
author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

梅舎茶館ワークショップ開催7

2011.01.22 Saturday | アート・写真

「フォト・ワークショップ+中国茶No.7+インターネット1」
中国茶館で、美味しい中国茶をモチーフに写真を撮る講座です。

中国茶館の梅舎茶館で、7回目のフォトワークショップを行います。
最近は、デジカメの使用が一般的になって来ました。また、インターネットもfacebookなどのSNSの台頭が目立って来ました。このような中で、いよいよ参加される人で情報交換し使い方を考えて行きましょう。
また、写真講評ご希望の人は、USBフラッシュメモリーをご持参下さい。

日時:2月6日(日)10:00〜12:00
場所:梅舎茶館 東京都豊島区南池袋2-18-9-203
参加費:3,500円(美味しいお茶とお茶請け付きです。)
参加者数:10名まで
持参するもの:カメラ(一眼レフ、その他デジカメ、スマートフォンでも良いです。)

ご予約・教室・講座内容に関するお問い合わせは、梅舎茶館もしくは、
info@bunny.co.jpまで、ご連絡ください。
梅舎茶館
http://meishachakan.com/

下の写真は、梅舎茶館ヨーダさんが撮られた最近の写真。

ヨーダさん写真

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

新潟長岡のお米を見つける

2011.01.17 Monday | The 雑司ヶ谷

昨日も雑司が谷周辺をウロウロと歩いたが、寒さが身に凍みる。ま、東京の夏の暑さに比べれば、大した事は無いと思うが、寒くなったら、それはそれで辛くなり、何とも困ったものだ。

昨日は鬼子母神で手創り市が開催されており、鬼子母神に向ったが、寒いからなのか、先月より人出が少なく思えた。お腹がすいていると、まずはじめにパンやクッキーなど、食品が出店されている場所に良く行くのだが、そこでハジケタ感じのオジさんと美人の娘さんが、ビンにお米を入れて売っているのが眼についた。

話をすると、新潟県長岡市小国町から来られたとの事。普段は米作りをされているとの事だ。実に偉〜い。自分の作ったお米をこの雑司が谷村まで、わざわざ販売に来られている。
お米の他に、生の南京豆(ピーナッツ)が一袋300円だったので、それを購入。帰って電気オーブンで焼いて食べてみたが、これは美味いよ。最近安物で中国産の「何だこりゃ!」ピーナッツがあるが、これは小粒だが上品で、ピチピチですよ。
ま、言い方を変えると、手を掛けて新鮮なものだ。とてもお買い得だった。どうも売り手のオジさんのイメージと違うが、年を伺うと、まだ20代とのことだ。ゲっ、失礼致しました青年ですね。
また、販促用にハジケタ、マゼンダに近い赤のパンフレットがあり、Web(農事組合法人よこさわ)もある。2011年1月16日現在、Webはまだ未完成の様で、これからのようだが、リアルに力強さが感じられ、そんな生産者の方のものは食べてみたいものだ。

下の写真は、お米を販売していた、農事組合法人よこさわの好青年。(ご本人の掲載了解済)

米のよこさわ

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)

ささやかに冬野菜を食べる

2011.01.11 Tuesday | 飲食・料理

年が明けて11日になったが、何かこの所仕事で忙しい。
ちょっと、遠出でもしたいのだが、ぜん〜ぜんムリです。雑司が谷周辺のカフェすらものんびりと過ごしていられない。

これは事務所に引きこもりだ。と観念して、事務所で食を楽しむしかないと思った。過去ブログを見ると、昨年は、湯豆腐をして酒を飲んだりしている。その前は酒粕を買って甘酒を飲んでいた。我ながら困ったヤツだと思うが、今年はわざわざ遠くに酒粕買に行く余裕なんてないよ。

今年は、卯年で年男だし、仕事をして、勉学にも励むのですよ。で、お昼の食事も外食になりがちで、野菜不足となるから、ネギや小松菜を買込んでたまに食べている。季節の野菜は良いよね。でも特に手のかかる調理はしないようにしている。
またしても、何か、20代の頃の一人暮らしを彷彿するが、これも良いものだと思っている。

下の写真は、近所の八百屋さんで購入した小松菜。一把98円だった。

小松菜

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)

初詣何で鬼子母神は混むの?

2011.01.04 Tuesday | The 雑司ヶ谷

元日に初詣に雑司ヶ谷鬼子母神に出かけた。が、混んいて、けやき並木まで列んでいるので止めにした。「じゃ、いいもんね。」と事務所の近くにある、清土鬼子母神(お穴の鬼子母神)に取りあえず参拝。
ここは10月17日のお会式のご祈祷で人が集まる位で、普段は閑散としている。今までお正月も人影が余り無かったが、今年から始まった、雑司が谷七福神で人が増えたようだ。

年が明けて、twitterを見ても、雑司ヶ谷鬼子母神に人がかなり列んでいるというツイートが見られた。初詣で鬼子母神が混んで来たのは、ここ数年だろう。「何で初詣で鬼子母神が混むのさ。」とも言いたくなる。
参拝は、年間を通してする事と思い、年にかなり参拝しているが、硬い事は言わず、まぁ、雑司ヶ谷鬼子母神が知られて来たから、初詣の人達が増えたのだろう。「雑司が谷」という地域が、かなり知られて来たと思えるが、それは何故だろうか?

それは、一言で言うと、その地域の活動と各種の媒体による情報が活性している点と思える。
雑司が谷の地域側の活動としては、御会式をはじめ、盆踊り、みちくさ市などの市、店舗や施設で行われる展示、コンサートなど多様で多層な活動がされている。
その多様な活動をインターネット、フライヤーなどの紙媒体で発進し、テレビ、雑誌などのマスメディアがその情報から再配信している。
このようにその場に多くの活動があり、それを多様な情報経路によって発信するもので、基となる場と情報発信が互いに活性し合っていると思える。今後は、基の場と情報発信が、互いに関連する事が必要だろが、これは単独で出来る事では無い。
昨年は、twitterでも雑司が谷の情報が、多く発進されたが、携わった方々ご苦労様でした。

下の写真は、年明けの清土鬼子母神(お穴の鬼子母神)。

お穴鬼子母神/清土鬼子母神

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

2011年は卯年、厄年だぞ

2011.01.01 Saturday | 生活・仕事

あけましておめでとうございます。
本年も皆様のご指導、よろしくお願い致します。

今日、今年の元旦も得意先の神社にご挨拶に出かけた。
Webがご縁で、10年元旦に挨拶に出かけているが、昨年1つの神社の宮司様から、「初詣に来るのではなく、わたしに年始の挨拶に来るのでしょう。」と言われた。それは仰せの通りで、尊敬している方に挨拶にお伺いすることが目的だ。

社会の中で、ビジネスから見れば、今後の景気は確実に下降するし、わたしとその会社などは下請けであり、木の葉の様な小さな物だろう。何時消えるかわからない。
それに、今年わたしは、卯年で還暦だ。一般にサラリーマンなら定年ですよ。昨年辺りから30代の男性達から、「もう還暦ですよ、還暦。年貢の納め時ですよ。」と言われたりした。
「え〜、でもまだローンも残っているし、納められませんよ。」などといい加減な返答をしていたが、卯年の新年を迎えて、腹を括って行かねばならないだろう。
でも、腹を括ると言っても、今年切腹する訳では無いです。本人としては、前向きに進みたいと思っておりますので、皆様のご指導、ご助言をよろしくお願い致します。

写真は、上が東京大神宮の室内にあった鉢植え。下が素盞雄神社(スサノオ)入口の提灯。東京大神宮は、縁結びで知られて来たが、鉢植えもなかなかのイメージ。
それに対して素盞雄神社は、江戸の下町のテイストがあり、地味だが力強い良さがある。

東京大神宮正月



すさのお神社正月

author : Takao | comments (10) | trackbacks (0)