オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

日本女子大から目白通り散歩

2010.10.23 Saturday | The 雑司ヶ谷

朝にtwitterを見ていたら、@kkaichouさまのRTで、旅猫雑貨店が、日本女子大学の学園祭「目白祭」に参加する情報を得た。フムフム、天気も良いし、日本女子大は近いし、一寸旅猫さんを冷やかしに行ってみよう。と出かけた。

日本女子大校内に入ると、当然女子大だから娘ばかりでどうも落ち着かない。通信教育で学生さんに慣れているハズだが、通信の学生さんは、社会人であり30代以上が多く、大人で話し易い。二十歳前後ばかりだとどうもね。
結局、旅猫さんから離れ難く、他は見もしないで、サッと学外に出てしまった。

まぁ、ここから目白通りを目白に向かって歩けば、魅力的な店舗が幾つもあるだろう。まず、信号を渡ると、カバンの工房pelleteria(ペレッテリア)さんがある。ここはオーナーさんが、カバンをデザイン・制作・販売まで全て一人で進められ、そのカバンの品質は高いものだ。
カバンのフォルムが美しい。オーナーさんに「外観写真をブログに載せさせて。」とお断りして写真を撮る。カバン自体は著作権もあるので、pelleteriaさんのWebをご覧下さい。

そこから、少し歩くと古田島豆腐店があるが、ここのお稲荷さんは美味しく、2個購入(160円)。千登世橋方面に向かい東京メトロ副都心線雑司が谷駅入口の前に、山口精米店がある。ここのお餅は良い。今回は御赤飯(300円)を購入。
よ〜するに、餅は餅屋なのですよ。豆腐店は油揚げ。お米屋さんはお米。とこの2店が教えてくれます。

お稲荷さんと御赤飯で昼の用意が出来たのだが、都電荒川線沿い、鬼子母神前駅の近くに、なんかフランス料理の店が出来たと聞いていた。そのお店、「ビストロChez Nous」さんの店頭メニューを見ていると、お店の方に誘われた。
10月21日にオープンとのことで、まだ開店したばかりだ。
ランチのメニューは、1800円と3000円?だったと思う。1800円のランチを食べたが、前菜+主菜+デザート、珈琲とあり、この内容で1800円は安いだろう。各々美味しい。でも、わたしの様な下々にとっては、今や一食としては高価だ。

その後は、鬼子母神に参拝し、明治通を渡ってKakka cafeで休憩し、そこから徒歩で事務所に戻った。目白通り沿いの雑司が谷散策となったが、自分としては、とても贅沢なコースで、久しぶりに贅沢な土曜日を過ごせた。
それは、上記のお店などがあるからで、みなさんに感謝したい。

写真は、日本女子大学園祭での旅猫さん、上。pelleteria(ペレッテリア)さん店頭、中。ビストロChez Nousさんのデザート、クレープとアイスクリーム、下。

日本女子大旅猫



pelleteriaカバン



chez nousビストロ

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

雑司が谷近くのKAKKA cafeに

2010.10.07 Thursday | The 雑司ヶ谷

最近は、散歩すると雑司が谷の明治通り反対側にある「KAKKA cafe(カッカ・カフェ)南池袋・自家焙煎珈琲とハワイアンキルトのお店」まで行っている。(以前はこの辺りも雑司が谷だったと思う。)
事務所から、このKAKKA cafeまで徒歩25分はかかるのだが、ま、わたしは、どんどん老化しているのだし、やっと、散歩には気候が良くなったし、出来るだけ歩くようにしている。

KAKKA cafeは、今年の9月3日にオープンしたばかりで、まだ周辺の人に知られていないようだ。と言うのも、午前中にお店に行くのだが、お客はわたし一人の時がほとんどだ。
落ち着いた、スッキリとした店内が、「貸し切り状態」なのは、お客として嬉しく、思わず長居してしまうが、このお店がこの場所に存続して行く事も願うと、やはり、多くの人に来てもらいたい。で、このように記してる訳です。

店内は広々として、スペースに余裕が有り、スッキリとしている。メニューは自家焙煎各種珈琲、紅茶、ジンジャーエールなどいろいろあるが、どれも一杯以上飲めてたっぷりとある。自家製のケーキ、クッキーも美味しい。
他にハワイアンキルトなるバッグ?などがあり、オーナーさんが制作するようだ。よーするにお洒落で綺麗なお店と思え、わたしなどより、もっと多くの人に来て欲しいお店だ。

写真は、ストレート珈琲(上)、紅茶(中)、店内(下)。

kakkacaffe コーヒー



kakkacaffe 紅茶



kakkacaffe 店内


KAKKA cafe(カッカ・カフェ)
東京都豊島区南池袋1-8-7 会津天宝ビル1F
TEL&FAX: 03-6914-3816
珈琲:ストレート 600円
紅茶:(ホット・アイス) 500円
ジンジャーエール:(自家製) 500円など
ブログ:http://cafekakka.blogspot.com/
続きを読む>>
author : Takao | comments (6) | trackbacks (0)

雑司が谷は金木犀が香る時期

2010.10.05 Tuesday | The 雑司ヶ谷

この夏の暑さには閉口した。閉口どころか9月になっても暑く、「こりゃ〜、東京、まして都心は住む所じゃないね。」という思いを強くした。ここしばらく、ブログの更新が出来なかったのは、心身共に設定のやり直しが必要と思ったこともある。

昨日、Twitterを眺めていたら、キンモクセイ(金木犀)のRT(Retweet再掲載、転送)があった。
このつぶやきをされた方は、オーストラリア在住の女性で、今の時期はタイに滞在されているという、まぁ何とも国際的な方だ。雑司が谷に缶詰状態、座敷牢状態のわたしとは対極であり、羨ましくも有る。
しかし、オーストラリアに帰っても春だし、雨期のバンコクでキンモクセイの香りを楽しむことはできないようだ。

あぁ、確かに今の雑司が谷は、金木犀の香りが、甘く漂っている時期だ。彼女が「いいなあ、秋の香り。」とツイートされていたが、秋の香りが、身近にあることを気づかず、わたしは、それに眼を向けることさえ出来なかった。
なまくらな精神と化してしまった。と言えるかも知れない。

早速、今日の朝、金木犀を探して町内を散歩してみた。
雑司が谷一丁目だけで、かなりキンモクセイの木があり、ささやかに咲いている木から、立派に堂々と咲いている木もあったりと、各々その芳香を漂わせている。秋の香りに酔いながら、散歩するのは良いもので、それは贅沢とも思えた。

写真を多くはアップしないのだが、出来はともあれ、3枚載せよう。3枚共雑司が谷一丁目にある金木犀。

金木犀1



キンモクセイ2



金木犀3

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)