オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

夏期のスクーリングが終了した

2010.08.31 Tuesday | アート・写真

今年の夏期のスクーリングも終了した。今年はすでにスクーリング前に、夏バテしていたし、期間中に睡眠不足の日もあって、受講生のフォローが十分出来なかった。しかし、他の先生方が熱心に対応して下さり、またしても、困ったオヤジの抜けた部分を埋めて頂けた。これは有り難いことです。はやり、一人の教員で教える限界があり、複数だと授業に広がりが出て来るとも思えた。

最終日に大学前のバス停で、上記授業、若手のK先生から、ご自分が掲載された「千葉の本(Meets Regional別冊)」を「奥さんに見せて下さい。」と頂いた。で、「先生は見ないように。」と仰る。これは何なんだろうね〜、失礼な。わたしは運び屋のオヤジか?
ま、後で読みましょうと、周囲に居た学生さんにその本を回したが、読んだ女性の学生さん達が「K先生って素敵ですね。格好良い。」などと、とんでもない事を言っている。価値観は、人それぞれで良いのだが、どうもわたしと異なる意見が多いようだ。(以前のK先生写真

で、見無いどころか、このブログで紹介してしまいましょう、とこの様に記している。それは、「出来の悪い子ほどかわいい。」という言葉の通りでもあり、せっかくムック本に載ったのだから、というおせっかいからでもある。ともかく、家具工房AGEHA ORIGINALをよろしくです。

下の写真は、千葉の本に紹介された、家具工房AGEHA ORIGINAL。

アゲハオリジナル

author : Takao | comments (12) | trackbacks (0)

暑い!日光市今市の珈茶話へ

2010.08.17 Tuesday | 散歩、遠出

ここ数日、東京雑司が谷は暑い!昨日(8月16日)も暑くなりそうなので、ランチは郊外で食べようと、日光市今市の「Cafe and Diningbar珈茶話kashiwa」さんに出かけた。

日光市にあるから、往復で4時間はかかるのだが、昼間東京都心は、35度以上(場所によっては40度以上?)となり、仕事をするには、最悪環境だろう。また、珈茶話のオーナーさんとTwitterのフォローで知って、そのつぶやき、Webなどから、この方に魅力を感じたという2つの理由があった。
人は、その人のポジションから、どのようなアプローチで進んで行くか?が基本と思えるが、TwitterとWebの情報から、珈茶話のオーナーさんは、そのスタイルに魅力があると思えた。

東武下今市駅は、思ったより小さく、周囲も閑散としている。珈茶話さんは、下今市駅から2、3分と近く、11時半前に入店したが、すでに複数お客さんがおり、テーブルとカウンター席がある。わたしはカウンターの角に座った。
オーナー氏は、すぐに解った。これはTwitter(ID:kashiwapapa)などに似顔絵を使われているからだろう。似顔絵のイラストは良く描けているのだが、ご本人と直接会って話すとご本人は、イラストよりも、もっと魅力的な方に思えた。

帰りは、他に何処もよらずに直帰。またこのお店に伺って、ついでに日光へ行くのも良いかも知れない。北千住でお茶でもしようかと駅前に出てみたが、ムッとした余りの熱気に閉口し、地下鉄で護国寺まで逃げ帰った。

上の写真は、珈茶話さんカウンター席から写したもの。下はランチのカレーに付いたサラダなど。サラダが美味しく、ホッと出来た。

珈茶話カウンター



珈茶話ランチのサラダ

author : Takao | comments (4) | trackbacks (0)

「別れの朝」という曲を聞く

2010.08.11 Wednesday | 音楽・オーディオ

相変わらずYouTubeで音楽を聴いている。

今回は特にオヤジネタになるが、「別れの朝、高橋真梨子 」という動画があったので、クリックしたら、はじめは工藤何とか?という娘さんが歌い、後半を高橋真梨子姐さんが歌ったものだった。(下の動画)
年を経て、円熟した味が見事に出る歌手の方がいるが、高橋真梨子さんもその1人と思えた。YouTubeはデータベースであり、過去からその時々のものが、再度確認出来、比較できるのが、とてもよろしい。
「別れの朝」は、他に世良公則さんも歌われており、世良さんのこの「別れの朝」は素晴らしい。高橋真梨子さん、世良さん共に年齢はわたしと近く、オヤジ、オバさん、そしてやがて、ジジババになるが、今までに見事な歌があると思える。

しかし、「別れの朝」と言うと、ぺドロ&カプリシャス初代の歌手、前野曜子さんだろう。この前野曜子さんは、松田優作主演「蘇える金狼」のテーマを歌われているが、この危なく、ヤバい感じは、現代見えなくなってしまった。このお二人は、惜しくも1990年前に40歳で亡くなっている。

「別れの朝」の原曲は、オーストリアのウド・ユルゲンスの歌う- Was Ich Dir Sagen Willだったと、およそ40年のつながり、流れがYouTubeから掴めるのは魅力的な事だ。
確かに著作権の問題が有るだろうが、年を経るとは、先人のものから、どのような展開をして行くか?その履歴とも思え、それが確認出来るデータベースは、今後必須だろう。

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)

キアズマ珈琲営業日2010.8月

2010.08.05 Thursday | The 雑司ヶ谷

鬼子母神近くのキアズマ珈琲に寄るが、8月の休みの追加を、また掲載して欲しいと仰る。「余計な事は書くな。」と今回は全く言われてないので、ドサクサに紛れて書いてしまおう。

いや〜、日差しが強いですね。ここ数日バテ気味ですよ。みなさまもお体大切に。
キアズマ珈琲は、大木のあるけやき並木にあるため、この通りは多少涼しく、日陰が気持ちよかったりする。しかし、事務所から徒歩20分はかかり、日中そこまで歩くのは、楽しいどころか、苦しいのですよ。
今後、夏はより高温になるだろうから、大木のけやき並木とまでは言わないまでも、十分日陰のある並木通りがもっと欲しいものだ。

キアズマ珈琲2010年8月営業について--------------
営業時間:AM10:00〜PM7:00
定休日:第1、第3、第5水曜日ですが、8月は、下記のお休みを追加致します。
・2010年8月16日(月)、8月24日(火)〜27日(金):お休みさせて頂きます。
http://www.bunny.co.jp/takao/sb/log/eid372.html

追記
展示開催について-----------------

「森 大 MAQUETTE 展」
2010年8月9日(月)〜15日(日)
---------------------------------

キアズマ珈琲カウンター

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

梅舎茶館ワークショップ4終了

2010.08.03 Tuesday | アート・写真

8月1日に梅舎茶館さんで、4回目のフォトワークショップを行った。暑い時期に、参加された方はお疲れさまでした。何らかのプラスになれば幸いです。

そろそろ、フォトワークショップで、個々に写された写真を見て、講評や意見交換をして行くと良いかな?とは思っている。と言うのも、参加メンバーが10名以下と少なく、これは大学の課題講評より、だいぶ時間的にも、精神的にも余裕が持てるからだ。
わたしの場合、基本講評は、個々にすることにしているから、直接40〜50名講評すると、1時間かけても1名あたりの時間は1分程度になってしまう。また、特に夏期は、かなり疲れもする。

今回は、主に梅舎茶館ヨーダさんの写真講評となった(下の写真)。写真は2008年、2007年に写されたA4程度にプリントされた数十点だったが、なかなか魅力的な写真があった。
ネットを見ると、すでに梅舎茶館さんのブログなどに、当日の事が記載されていた。ここでわたしが何やら書くよりも、そちらのブログを参考にして下さい。また、当日のアップや感想ありがとうです。

梅舎茶館ブログ
カピバラさんブログ
kawabataさんブログdue.tre.o

梅舎ワークショップ

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)