オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

写真のワークショップ募集

2010.04.29 Thursday | アート・写真

ヘアーサロンで、写真のワークショップを始めます。
開催場所の「Hair Salon WEED」さんは、父親の理髪店を引き継ぎ、前向きに取り組む30代オーナーのお店です。
東京メトロ雑司が谷駅から少し遠く、徒歩8〜10分と弦巻通り沿いにあり、地元の人以外は余り立ち寄らない地域かも知れません。また、この辺りは、寂れつつある商店街かも知れません。
しかし、近所には、赤丸ベーカリー旅猫雑貨店小倉屋などのお店があり、圏外から来客があるお店があって、魅力が無い通りとは言えません。
そんなWEEDさんの立地環境に目を向けるのも面白いでしょう。
もちろん、美容・理容に目を向け、そのイメージを撮るのが正統でしょう。

●「フォト・ワークショップ+ヘアーサロン」

日時:5月11日(火曜日)12:00〜14:00
場所:Hair Salon WEED(ヘアーサロン ウィード)東京都豊島区雑司が谷1-5-2
参加費:2,000円(交通費は自己負担です。)
参加者数:10名まで
交通:東京メトロ副都心線雑司が谷駅より徒歩8分、など
(事前にメールにて参加をご連絡ください。)
持参するもの:カメラ(一眼レフ、その他のデジカメでも良いです。)

ご予約・教室・講座内容に関するお問い合わせは、
info@bunny.co.jp
フォト・ワークショップサイトはこちらです→
------------------------------------------
Hair Salon WEED(ヘアーサロン ウィード)
http://www.weedhair.com/

写真は、上がWEED店内。下はオーナー氏が使用しているハサミ。

WEED店内



WEEDハサミ

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

2010.5月キアズマ珈琲営業は

2010.04.23 Friday | 生活・仕事

今日、小雨の中を鬼子母神方面に散歩した。
キアズマ珈琲に寄ったが、やはり雨の日は、なおさら静かだ。こんな日は、物思いにふけり、コーヒーを・・・と言うのは全くウソで、サンドイッチをほお張っていたら、オーナー氏が、4、5月の営業変更をブログに載せて欲しいと仰る。で、このように記している訳です。
営業変更よろしくです。

キアズマ珈琲2010年4月末、5月営業について--------------
営業時間:AM10:00〜PM7:00
定休日:第1、第3、第4水曜日ですが、4月下旬、5月は、下記のように営業変更があります。
・2010年4月29日(月)6:00ラストオーダー、6:30まで営業です。
・2010年5月は、11日(火)12日(水)19日(水)の3日休みです。
-----------------------------------
下の写真は、数日前、晴れた日のキアズマ珈琲窓付近。日差しも春らしくなって来た。

キアズマ珈琲窓

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

ひさしぶりにお茶の水に行く

2010.04.20 Tuesday | 生活・仕事

かなり久しぶりに、お茶の水に出かけた。
お茶の水、そして神保町は、二十歳頃に頻繁に出かけていた。しかし、パソコンを使い出した頃から余り行かなくなってしまった。やはり、以前は情報収集、知識の集積というと本が中心媒体だったろう。
わたしが二十歳頃と言うと、約40年前になってしまうが、お茶の水、神保町は懐かしい地域だ。まだ自分の方向性が固まっておらず、ふらつきながら舵を取っていた時期で、その中で知識を集積しようと、必死にはじめた頃だった。

実は今回、お茶の水に行く理由は、そんな昔を懐かしむためではなく、父が大腿骨骨折で入院しているためだ。
前の記事「サンシャイン前のすき家に行く」で、独りすき家で誕生祝い。などと言って、すねた年配者を演じてもいるが、これは家族に見捨られているからでは無く、母と奥さんは、高齢で痴呆が進み、その上、骨折し入院する父の対応で満杯だったのだ。
最近の入院、手術手続きは、たとえば、同意書を3枚書かねばならず、なにかと手数をかけるが、その対応をする医師、看護師さんはご苦労様だ。
病室を見ても、入院患者は、軽症で無い人が多いのではないだろうか?若い看護師さん達は、動きの取れない患者を相手に、力強く動き回る。よく働く若者達が、ここにも居るのだと思えた。

写真上は、JRお茶の水駅の看板。下は、JR駅近くにある「MAGO cafe」。Smoke&Lotとあるように、喫煙出来るカフェで、病院の合間に行くわたしには、地獄で仏のような店。
長年文房具店だったが、数年前からcafeにしたと、たまたまお会いしたオーナーさんからお聞きした。店内の空調は強力。午前中はLotを買う年配男性、夕方6時過ぎは、仕事帰りの40〜50代女性が多いようで、客層が多種で興味深い。

お茶の水駅



MAGO cafe

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

フォトワークショップWeb開設

2010.04.17 Saturday | アート・写真

最近、フォトワークショップ+αなどといった、写真教室をはじめたが、以前からそのWebサイトが必要と思っていた。ま、デジカメ(デジタル)によって、カテゴリー間のつながりが、より密接になったから、それぞれの関連性の再認識は必要だろう。
さまざまな人が、そのスタンスから写す写真は、今後どのような情報となるのだろうか?つまり、写真の伝達方法も多様となると面白いと思っていた。

知人の年配者の例として、1台のパソコンに膨大な写真データを溜め込み、それを他人に見せない(見せられない)人を複数見かけるが、これでは何のためのデジカメなのだろうか?
プリントしてまとめるとか、ブログと言わないまでも、写真サイトにUPするとか考えたいものだ。

年甲斐も無く、またCMSシステムで「フォトワークショップ+」なるサイトを開設する。ここでCMS(Contents Management System)の話をしたくなるが、止めておこう。ともかく、フォトワークショップサイト開設する。

興味のある人は、ご参加くださいね。ここです→「フォトワークショップ+α」

下の画像は、フォトワークショップ+αサイトTop。Topの写真は、梅舎茶館ヨーダさん撮影。写真使用了解済です。

フォトワークショップサイト

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

サンシャイン前のすき家に行く

2010.04.13 Tuesday | 飲食・料理

今日のお昼は、牛丼などがある「すき家」に行った。
この所、このすき家には、たまに出かける。と言うのは、mixiで知り合った学生のMさんが、「吉野家より、断然すき家。」と言っていたので、「どれどれ、すき家に行ってみよう。」とGoogleったら、池袋サンシャインの側に、新しくすき家が開店していた。
ここは前は、オフィス・デポという、事務用品の店だったが撤退し、すき家が入ったようだ。

牛丼と言うと、吉野家があるが、わたしは、吉野家は低階層の人というか、社会で下に落ちた人の店というイメージがあった。それは、狼になりたい/中島みゆきなどの歌にもあり、そんなイメージの中に魅力を感るのだ。何とも都会らしい。
それに比べて、すき家はどうだろう。ここは対象となる顧客範囲が違い、ファミリーまで取り込もうとしている。普通のサラリーマン、OL。子供を連れた若い夫婦。と対象が一般に広がり、昔のファミレスのようだ。
価格も安い。牛丼(並)+サラダ+豚汁で、410円には驚く。店内も明るく、一般の人々に受け入れられるだろう。やはり今どき、「狼になりたい。」などと叫ぶ人種は少なく、今後もすき家が伸びると予想される。

今日、キアズマ珈琲で、すき家の話と、わたしの誕生日が近いことを話したら、オーナー氏が、「すき家で誕生祝いしたらどうです?誕生日だから、一品追加するとか。」と仰り、喜んでいる。
ウ〜ム、流石だ。これは名案かも知れない。社会の潮流からしても、今どき、オヤジがレストランでお祝いでも無いよね。一般客に紛れて、すき家で独り、密かに誕生祝いをしたいものだ。
そうそう、コーヒーが100円だったから、それを飲もう。どんなに質素でも、自分を祝う事は大切と思う。

写真上は、池袋サンシャイン前のすき家の看板。下は、角煮丼(並)+サラダ+みそ汁。480円。

すきや看板



すき家角煮

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

素盞雄神社で桃の花を撮影

2010.04.10 Saturday | アート・写真

今日は、フォトワークショップを南千住の隅田川近くにある素盞雄(すさのお)神社で行う日だ。

境内に桃の花が咲いているので、それを絡めて写すのだが、実はわたしは、花の撮影など苦手である。
やはり「花より団子」を選ぶ人だろう。また、花を見て、わたしなんかより、美的なイメージを引き出せる人は多くいる、と思っているから、雑草ならまだしも、名の知れた花の撮影は気が進まない。
しかし、今の時期は、桜の花がメインだし、桃の花は横に押しやられている、とも言えて良いかもと思えた。それに、桃の花を鑑賞して、よく見た事は無く、この機会に学習が必要とも言える。

そんなことを思いながら、JR南千住駅で下車した。10年ほど前、この駅は、のんびりとした古い駅だったが、今では駅前もビルとなって、どこにでもある、つまらない駅前になりつつある。
素盞雄神社様までの商店街を、駅で偶然合ったKさんと歩き、境内に入って写真を撮り出した。中国など海外にも、桃の花はあると思えるが、やはり、素盞雄神社境内の桃の花は、日本のイメージとなる。そんな春の情景が見つかり、その情感、情緒を感じること、そんな時間を持つ事は、やはり良いのかも知れない。
素盞雄神社(すさのおじんじゃ)
http://www.susanoo.or.jp/

下の写真は、素盞雄神社境内にて。この花は桃?と思ったが、ネットを調べると、菊桃の花らしく、咲くのが少し遅いようだ。フォトワークショップ看板用写真はこちら→

すさのお神社桃の花1

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

梅舎茶館ワークショップが終了

2010.04.06 Tuesday | アート・写真

4月4日(日曜)開催した、梅舎茶館でのフォトワークショップが終了した。大枠の方向性は考えているのだが、日程や参加される方など、ハッキリとしていないこともあり、小舟で大海を進むようでもある。「船頭が良く無いのでは?」と言われそうだが、あんまり突っ込み入れないように。

今回は、ワークショップの後に、「赤丸ベーカリーって何処?」というご質問、案内せよとのご要望が多く、結局、赤丸までの雑司が谷案内が、午後に追加された。
まぁ、はじめは雑司が谷周辺という、1地域の魅力ある店舗で、ワークショップを進める。これは確かな拠点確認でもあります。それから、その各点(拠点)をつなげて行こうと思っていたので、午後の案内オヤジは、その方向に向かっていると言えるだろう。

昨日、事務所のポストにCDと手紙が入っていた。梅舎茶館ヨーダさんが、ワークショップ当日の写真データをくれたものだが、何とも丁寧で、良く配慮してくれるものだ。ここでまずお礼致します。

彼女の写真は、やはり重さ、大胆さがあると思える。これは誰にでも簡単に出来るものでは無いだろう。
CDには、196点の写真があり、以前はプロカメラマンが撮影した、多くの写真から使うカットを選んだことを思い出したが、それよりレベルは落ちるだろう。しかし、196点の中には、チャレンジと実験が見られ、それがなかなか魅力的だ。

写真上は、ポストにあったCDと手紙。下がフォトワークショップ当日、ヨーダさんが撮られた写真。

ヨーダさんCD



ヨーダさん写真2

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

急にフォトワークショップ開催

2010.04.04 Sunday | イベント

「春になった、しかし引き蘢りだ。」などと言っていたが、「フォト・ワークショップ+神社」のお知らせ、募集です。
4月に入って、素盞雄神社(すさのおじんじゃ)の宮司様からお呼びがかかった。早速、昨日お伺いすると、桃の花が境内に咲き広がり始めて、それを写真に写して欲しい様だ。
昨年年末に、「素盞雄神社まで下働きに」にも記したが、ここの宮司様は尊敬している。前向きで男気がある。今どき貴重な男性だろう。
ここで話の経過は省くが、ともかく、境内の桃の花が盛りの時期に、フォト・ワークショップを開催することになった。みなさん是非ご参加下さい。カメラは、携帯など何でも良いです。

「フォト・ワークショップ+神社・桃の花」
歴史ある神社で、桃の花など早春の写真を撮る講座です。

日時:4月10日(土曜日)11:00〜12:30
場所:素盞雄(すさのお)神社 東京都荒川区南千住6-60-1
参加費:無料(交通費、食事代などは自己負担です。)
参加者数:15名まで
交通:JR常磐線南千住駅より徒歩8分など
(事前にメールにて参加をご連絡ください。連絡を前もって頂いた方は、
神社から粗品を進呈する予定です。)
持参するもの:カメラ(一眼レフ、その他のデジカメでも良いです。)

ご予約・教室・講座内容に関するお問い合わせは、
info@bunny.co.jp
雨天の場合中止の予定ですが、当日4月10日午前8時までに、ワークショップ
サイト
に掲示致します。

素盞雄神社(すさのおじんじゃ)
http://www.susanoo.or.jp/

下の写真は、桃の花が咲く素盞雄神社境内。写真は素盞雄神社様より借用です。

スサノオ神社桃の花

author : Takao | comments (7) | trackbacks (0)