オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

2010.3月キアズマ珈琲休みは

2010.02.26 Friday | 飲食・料理

先日、鬼子母神近くのキアズマ珈琲に出かけた。
コーヒーを頼むと、オーナーのTさんが、このブログに3月の定休日を掲載して欲しいと仰る。彼はわたしに、進んで頼み事などしないので、これは珍しい。
2010年今年の3月は、3日も休むとの話だ。3日もだよ。訳を聞いて、まっ掲載しましょう。とこのブログの「雑司が谷のキアズマ珈琲」に追記した。
これはアクセスログから、キアズマ珈琲と言うと、このファイルが一番見られているためだ。

しかし、新たに3月休みの記事を書いとくかな。とこの様に記述している訳です、はい。

2010年3月キアズマ珈琲休みのお知らせ----------
2010年3月のみ第1(3/3日)、第2(3/10日)、第4(3/24日)水曜
お休みします。通常の定休日:第1、第3水曜
営業時間:AM10:00〜PM7:00
よろしくお願い致します。
------------------------------------------------------------
なんか物足りないので、写真を入れとこう。昨年キアズマ珈琲で、どらやき、和菓子のお店をしている、すずめやのオーナーさんとお会いして、名刺を頂いた。すずめやさんは、良くチャレンジされている。下の写真は、すずめやさんの名刺の裏とキアズマのブレンドコーヒー。

キアズマ珈琲&すずめや

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

なんと池袋のキンカ堂倒産!

2010.02.23 Tuesday | 生活・仕事

池袋にある衣料品ショップキンカ堂が倒産した。
昨日、Twitterでフォローされている人の書き込みから知ったのだが、「まさか、キンカ堂が倒産する訳ないよ。」と思ってもいた。しかし、帝国データバンクに「自己破産を申請 負債45億7000万円」とある。
ウェ〜ン、泣きたいよ。池袋にキンカ堂が消えるのは、悲しい。池袋がどんなに気張っても、所詮、東京の場末だろう。キンカ堂は、そんなイメージの象徴だった。
それにキンカ堂は、低価格の衣料品だけでなく、衣料関連素材を販売していた。これは戦後衣料が少ない頃、服地を購入して、自分で裁縫したという流れがあるのだが、これは今後、より不景気となる時代だろうから、素材を買って自分で作り、使うことが必要となるだろう。またそれは健全な生活姿勢とも思える。

しかし、その様な時期にキンカ堂(2010,2/23日現在Web閲覧不能)は倒産した。これは悲しいと共に、怒りさえ沸き起こる。
何んでキンカ堂の経営責任者は、継続を堅持出来ないのか?たとえば、ネットでオンライン販売に絞るなら、少数小資本で出来るだろうよ。
以前、キンカ堂のWebを見て、わたしは悪口を言っているが、(今年の夏、麦わら帽子は・・)こんなことなら、キンカ堂の経営者に直接言えば良かったと悔やみもする。しかしやはり、自分の出来る事を進めるしかないだろう。

写真上は、池袋キンカ堂本店正面。下は裏で、看板手前の右側が本館、左が別館。

キンカ堂表



キンカ堂裏

author : Takao | comments (6) | trackbacks (0)

フォトワークショップ開催2

2010.02.22 Monday | アート・写真

「フォト・ワークショップ+中国茶No.2」を開催します。
が、ですが、ここで公示する時点で、すでにもう1名しか空きがありません。相済みませんです。「コラ〜ッ、オープンじゃないゾ!」などと、ご批判を受けるかも知れませんが、これは前回受けた方々がリターン受講されているからです。
で、1名様のアキしか無い訳です。
梅舎茶館さん以外でもフォト・ワークショップを進める予定です。元々フォト・ワークショップ+??とする計画で、+以降に何か場をリンクする予定でしたので、しばらくお待ち下さいませ。
梅舎茶館さんの開催は、下記になります。よろしくです。

---------------------------------------------

ー定員になり募集は終了しましたー


日時:4月4日(日)10:00〜12:00
場所:梅舎茶館 東京都豊島区南池袋2-18-9-203
参加費:3,500円(美味しいお茶とお茶請け付きです。)
参加者数:10名まで 持参するもの:カメラ(一眼レフ、その他のデジカメでも良いです。)
ご予約・教室・講座内容に関するお問い合わせは、
info@bunny.co.jpまでメールお願い致します。
もしくは梅舎茶館のヨーダさん宛てまでメールをお願いします。

下の写真は、前回のフォトワークショップで写した写真を、苦し紛れにトリミングしたもの。同じような写真を終了の記事に使った。

フォトワークショップ2

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

今日も雑司が谷を散歩

2010.02.22 Monday | The 雑司ヶ谷

昨日は日曜日だった。基本、引きこもりなのだが、やはり散歩は欠かせない。それに昼間は、天気が良くて、それほど寒くは無くなかった。少し遠出するのも良のだが、相変わらず雑司が谷周辺をウロウロしただけだった。

まず、鬼子母神で手創り市を開催しているので、これを見学。鬼子母神入口付近に出店していた、粘土人形の楓月さんにご挨拶。
吹きガラスNeutral Glass StudioのMさんからもメールで出店通知を頂いていた。先月の市で、この方を見つけ、吹きガラスのグラスが、安いのにビックリ。気に入ったのがあったので、1つ購入した。1,000円だった。
続いて機織りかな?と思えるお店も見つけた。elaa vapaaというお店で、主にマフラーを出品されていた。わたの好みなのだが、やはり男の自分がマフラーとして使うには、派手過ぎるかもね。

それから大鳥神社の市も回って、その後鬼子母神通り方面へ向かう。キアズマ珈琲は混んでるでしょうよ。と鬼子母神から離れた、喫茶さむしんぐさんでお茶した。
そこにお向かいのキク薬局、K商店会長様が来られて、あ〜だ、こ〜だといろいろ雑談する。帰りにお昼を満足に食べていなかったことを思い出して、赤丸ベーカリーでパンを買って帰る。まぁ、平凡な庶民の休日ですよ。

下の写真は、大鳥神社で出店されていた、吹きガラス小野さんの器。やはり、鬼子母神に出店していた、Neutral Glass StudioのMさんとは少しイメージが違う。小野さんのグラスは、1,000円以下で美しいものもあった。
どうも吹きガラスに目が向くが、それは冬の光の中で、手づくりガラスが美しいと思えるからだ。手づくりだと、均一で無く、歪みが出たりするが、冬の太陽は低いため、歪んだ光と影が効果的に出ると思えた。

小野さん吹きガラス

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)

最近、雑司が谷は寒いよ

2010.02.16 Tuesday | 散歩、遠出

最近東京雑司が谷も、気温が氷点下には下がらないようだが、寒い日が続く。13日土曜日は、朝からみぞれが降って、昼間でも歩くのが楽しいどころか、寒くて辛かった。
昨日15日も雨が降って、行動力が鈍る。やはり冬に雨の中を2時間以上歩くには、準備が必要だろうが、まず覇気。そしてルートのプラン、装備の準備となかなか進められない。
みぞれのような、雨のような曖昧な降り方は、どうも苦手だ。どうせ降るなら、ハッキリとしっかりと雪が降って欲しい。
まぁ、東京で雪が降っても、ベタベタ、ドロドロと軟弱で、あまり美しく無い。しかし、最近は特に期待出来ないのだが、雪が積もった翌朝に、雪かきをするのが結構好きだ。これは子供みたいだが、「家の側を通る人が滑らないように。」という大義名分があるので、やり易い。

今日16日は、雨が降らないようなので、鬼子母神から池袋、サンシャインと2時間近く歩いてみた。歩くこと自体気持ちが良いが、やはりそれほど楽しくは無い。やはり冬は自然の中を歩くのが良く、コンクリートの都会は、無機的だろう。
いっそ、都会の孤独、彷徨える老人の世界に入ると良いのかもと思えるが、なかなかそうも行かない。事務所に戻って、ヌクヌクしたくなる。

下の写真は、先日Y名誉?教授の奥さんに頂いた、手編みの室内履き。この方は、長年「織」をやられてもいて、技術力が高くその分野の見識は広い。
それにセンスも良く、良いものだ。少し履いてみたが、勿体無くて飾ってある。冬は事務所の床の間に置いても良いな、と思っている。

手編みの靴下

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

フォトワークショップが終了

2010.02.08 Monday | アート・写真

昨日(2月7日)梅舎茶館でフォトワークショップを行った。
参加された皆様、梅舎茶館のヨーダさんお疲れさまでした。また、遠方からわざわざ来られた方、ご苦労様でした。

まずカメラの基本的な技術の説明が必要でしょうと、その説明をして、各々写してみる事を進め、それぞれの方のご質問に応対したりしたが、意外と10時からの2時間は短かった。
出来たらパソコンに写した写真を取り込んで、その写真と、写真のF値などの設定データなども見て頂けたら、と思いミニノートを持参しが、とてもそこまでは出来なかった。
今回受講された方は、5年ぶりにお会いしたKさん意外は、ほとんどが写真を始め出した方だったと思われ、「まぁ、はじめの2時間ではこんな程度かな?」と自分を納得させたりした。やはり何でも継続して、見えて来るものがあるのかも。学ぶ事でも教える事でもそれは同様だろう。

フォトワークショップの記事は、ブログで当日に梅舎茶館ヨーダさんdue.tre.oのBATAさんが、すでにUPされていた。やる事速いねぇ、「遅いぞ、オヤジ。」と言わないでね。
言い訳だが、説明する側だと写真を撮っている場合では無く、昨日は10カットも写せていません。あまり良い写真無いよね、とUPも遅れがちでした。自分の力に頼るより、今度は前もって、このブログに流用する、了解を取っておきたいものと思います。
次回は4月ですね、よろしくです。

2010,2.workshop

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)