オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

赤丸ベーカリーの変身商品

2009.12.31 Thursday | 飲食・料理

大晦日になってしまった。
12月初めに赤丸ベーカリーのハンバーガーとホットドッグがリニューアルされ、写真は撮った(下の写真)のだが、ここになかなかUP出来なかった。すいませんねぇ、赤丸さん。
リニューアルされたハンバーガーは、ソースがデミグラスソース?になって、これは私好みだ。ホットドッグは、トッピングがピクルスとオニオンになり、上品になった。また、従来のハンバーガーとホットドッグも続けられる様子だ。

ハンバーガーと言うと、マクドナルドが知られているが、来年1月中旬から4種類の新バーガー登場するらしい。しかし、ホッドドッグにしても、今年の3月「マクドナルドより立食いそば」でわたしは騒いでいるが、どうも何処の街にでもあるバーガー、ドッグを食べる気はしない。
まぁ、以前ネットで、マクドナルドは、不動産業が目的という情報も読み、なおさら行く気がしない。マクドナルドは、ハンバーガーより「マクドナルド=不動産業」の知名度を上げたいものだ。

それに対して、赤丸ベーカリーさんは、雑司が谷の正しいパン屋さんだろう。皆さん、来年も赤丸さんをよろしくです。

写真は、リニューアルした、ハンバーガーとホットドッグ。

赤丸ハンバーガー、ドッグ

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

キアズマ珈琲のクリスマス

2009.12.24 Thursday | The 雑司ヶ谷

さぁ、今日は楽しいクリスマスイブだ。
と書き出してみても、楽しいことは見当たらない。で、お茶でも飲みに出ましょう、とキアズマ珈琲に出かけた。オーナー氏に「お店でクリスマス、何かやらないの?」と聞いてみたら、別段何もやらないとのことだ。まぁ、店主の好みからも、派手にクリスマスで騒ぐとも思えない。

後から来たお客さんが、カウンターの反対の角で、お皿の上の草花の手入れをはじめた。彼女は、年配だが上品で若々しさがあり、初めてお会いした時は、30代に思えたが、どうやらオーナーより、わたしの年齢に近いようだ。
話を聞くと、お客さんである彼女が、クリスマスも近づいたので、クリスマス用のディスプレイにと面倒を見ているとのこと。持参された草花を追加されていた。(下の写真)
こんな、盆栽の出来損ないのようなものをたまに見受けるが、これは何と言うのでしょうねぇ。寄せ植えかな?
ともかく、地味に抑えたものだが、お客さんが手を入れてくれて、人知れず店主と相談しながら、クリスマスの用意がされている。見方によっては、「何とも贅沢なものだ。地味に見せつけられた。」とうらやましく。妬ましい。
でも、これは雰囲気を売る店舗を構えている人の特権だとも思うし、傍から見てもホッとしたりするのだ。

キアズマ珈琲年末年始営業予定
年末:12月30日(水)まで営業
年始:1月1日(金)〜3日(日)営業(11時〜6時)。4日〜6日休み。らしい。

キアズマ珈琲概要はこちらです。

キアズマ珈琲クリスマス

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

今年最後の雑司が谷手創り市

2009.12.23 Wednesday | The 雑司ヶ谷

今日12月23日は、雑司が谷鬼子母神で開催される、手創り市年内最後となる。
今回は朝9時過ぎに、まず、粘土人形を作るMIKIさんと楓月さんにご挨拶。でも、MIKIさんは今回で最後となるようだ。そして、以前から気になっていた、高尾あんぱん堂さんで、アンパンを購入し、即食べた。何せわたしと同じ高尾だから悪い訳はない、と目が節穴になってしまうが、これは素朴で美味しい。だがお昼前に売り切れてしまうのが難だろう。
次は、陶芸の前田美絵さんに挨拶。彼女は1月22日〜渋谷でグループ展をやるようだ。

集会室近くの人通りが少ない場所に、「ツグミ工芸舎」という箸など、木製小物を出しているお店があった。ディスプレイに一貫性があって、美しく、またそれぞれの木製品は、木の素材が美しい。
話をすると秩父の皆野から朝早く来られたとのことだ。「雑司が谷までご苦労様です。」と言いたくなる。事務所に戻ってここのWebを拝見すると、シンプルで素朴なWebだ。基本的にこんなサイトは好みだ。
しかし、日本の世俗、つまり日本のメジャーな価値観と一線を引くスタンスがあるのかな?とわたしは、勝手な妄想を抱いたりする。
わたしなども、ツグミ工芸舎さんの箸や器で、渋く日常を過ごせれば良いのかも、と思い。それが今後の人生の方向の正解かも知れないが、世俗にまみれ、それはなかなか難しい。

写真は、上が前田美絵さんのカップ。下がツグミ工芸舎さんの木製品。

前田陶器



ツグミ工芸舎

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)

UCHOUTENうちょうてん万歳

2009.12.21 Monday | 飲食・料理

昨日の日曜お昼に、久しぶりに池袋サンシャインに出かけたら、出口で「洋食-UCHOUTEN-うちょうてん」の店主ご夫婦にバッタリ遭った。
挨拶すると言うより、店主に両腕で体を引き寄せられた。周囲の人には、さぞかし2人の変なオヤジに見えただろう。で、「ワイン飲みましょう。」と補導されるような感じで、サンシャイン店内のワイン屋さんに行き、ワインをご馳走になった。

この「洋食-UCHOUTEN-うちょうてん」は、もう10年くらい前に、梅舍茶館の紹介で知り、数回行ったが、わたしが通風になったこともあって、その後ご無沙汰していた。しかし、また最近UCHOUTENに行きはじめた。それは以前より、料理が皆、力強いと思えたからだ。
これは店主シェフの個性が、良く表れた料理と言える。子戯れて、雰囲気を売りにする店では無いが、ここの店の料理は力強い。
店主が、良いものを求めて、力強く直進する姿勢が料理に出ており、そんな料理を食べれば、彼の意思がわたしに入って来る。ようするに、調理人のパワーを自分に注入出来るのですよ。これは嬉しい。
で、結構最近はこのお店に行っているが、ここ2週間ほど仕事で外に出ていたため、ご無沙汰していた。今月12月5日に、松本からおきな堂さんが来られて、一緒に行ったのが最後だろうか?その時、おきな堂さんが、「ワインも良いものだ。」と言われていたが、わたし、ワイン解りませんです。ワインは苦手です。

UCHOUTENの記事は、シェフと料理の関連が特徴であり、店主と料理の写真をしっかり撮ってから、このブログに紹介しようと思っていたが、それはヤメにする。最もらしいワインをおごってもらったし、え〜い、年が明ける前にサッサとUPしよう。写真は次回にまた撮ることに決めた。
「洋食-UCHOUTEN-うちょうてん」
東京都豊島区南池袋2-36-10
TEL 03-3982-0077

写真は、UCHOUTEN-うちょうてん-の夜メニューのハンバーグ。前菜がついて1,700円?かな。夜メニューのポークソテーも力強い。昼間のランチは1,000円前後だ。ランチは混んでおり、人が列んでいるのが難。わたしは基本列びません。

uchoutenハンバーグ

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

素盞雄神社まで下働きに

2009.12.20 Sunday | 生活・仕事

大学の通信スクーリングが終わった後、すぐに南千住の素盞雄神社(すさのお神社)に下働きに出かけた。素盞雄神社のWebを管理させて頂いて、10年となるが、そろそろ新しいWebに新装するご依頼を受けた。
しかし、新年までにリニューアル出来ずとても心苦しい。そのこともあって、年末の忙しい時期に手助け出来たら、という思いがあった。

この素盞雄神社と、飯田橋の東京大神宮の宮司様のお二人は、尊敬している。お二人とも個々に個性があって、戦略を推進する方法は違うのだが、前向きな方々だろう。東京大神宮の宮司様が、上品に的確に推進するとすれば、素盞雄神社の宮司様は、男気を持って前に進まれる。
この素盞雄神社は、創建が平安時代と古くからあり、所在が南千住の隅田川近くと下町だから、今では一般的に見られない、知られていない、かっての東京の気概が見え隠れするのがとても魅力だ。

ここ数日、自分の出来ることで、何とかお役に立てたら。と思ってお手伝いしているが、少しは足しになっていると嬉しい。
昨日帰りがけに、「これを持ち帰りに。」と丁重に包まれた箱を頂いた。何でも干物だそうだ。帰って家で開けてみると、正に干物だった。アジ、メザシ、ホッケ、シラスなどで「丸赤」の干物だ。これは高級干物ですよ。下々のわたしなどの口には、なかなか入らないものだ。
干物でアジの開き、メザシなどは、一般に低価格であり、食材として、わたしにも馴染みがあるが、その脈絡から厳選されたもの、という流れがよろしいのだ。
今日の夕飯に頂いたが、当然美味しい。それにしても、現代はいろいろ食材の種類は豊富だが、質の高いものを食べるのは、脈絡が分断されている点からも難しいだろう。

丸赤干物の写真はパスです。で、その代わり写真は過去写真2枚。上が素盞雄神社社殿正面。下がお札。初詣は、若い娘さんは、東京大神宮へ。その他年配者は、素盞雄神社に是非行きましょう。

すさのお神社



すさのお神社お札

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)

大学の通信スクーリング終了

2009.12.17 Thursday | アート・写真

昨日で担当の大学通信教育冬期スクーリングが終わった。
通信教育は、さまざまのスタンスの方が受講され、担当するデザインにしても、受講生の年齢が幅広いだけでなく、受講生のスキルはさまざまだ。通信教育の魅力はこの多様性にあると、改めて思える。

若手の先生Kさんから、「授業が終わったら、打ち上げやりましょう。」と言われていたが、今の時期忙しいんだよね。と渋っていた。
でも、「ま、若手Kさん、Yさんも妙な魅力があるし、いいか。」と授業終了後に打ち上げに出かけた。待ち合せ場所の駅前に着くと、人数は少なく無く、受講生の方々も集まって、15名位になりそう。これは宴会ですね。
改めて近くに座られた受講生の経歴を聞くと、やはり多彩だ。今回も10年看護師さんをされ、その後10年DTPデザイナーをされている方などいて、業務カテゴリー間が、どこでリンクするか?わたしの予想を超え、興味深いと言うか刺激的だ。

20年前、パソコンが表れた頃は、優秀な理工系出身者が、アート、デザイン分野とのリンクを予測して、美術系通信教育に入学されたりしたが、今では、分野間の乗り入れを計ろうとする学生は、当たり前になって来ているだろう。
これだから、通信は止められません。なのだが、性能の低い、古脳所持者には限界があることは確かで、今後も周囲の人に助けられて、生きることになるとも思っている。「そう、そこのあなた、よろしくです。」

下の写真は、終了翌朝の事務所内。

事務所朝

author : Takao | comments (16) | trackbacks (0)

「小柳ゆき」と言う歌手

2009.12.08 Tuesday | 音楽・オーディオ

パソコンとオーディオをつなげたので、パソコンで音楽を聴くのが快調だ。

最近は主に、YouTubeで見知らぬ若い人の曲を聴いているが、その中に、小柳ゆきと言う歌手がいた。この娘さん、なかなか歌がパワフルでよろしい。
be aliveという歌のパワフルさは凄く、よくもこう投げ出すように歌えるものだ。これは肩こりに効果てきめんで、コリがほぐれます。
家の奥さんに、「小柳ゆき、って知ってる?」と聞いたら、ご存知とのこと。先日キアズマ珈琲で店主に聞いたら、これも知ってるとのこと。「もうだいぶ前に流行りましたよ。」と言われた。
フ〜ン、世の中の人は、知っている人が多いようだ。確かにWikipediaで見ると、2000年から3年間、NHK紅白歌合戦にも出られており、これは彼女の名前を知らないのは、わたしだけ?かも知れない。でもそんなことは、今さらはじまったことでは無いのです。

彼女は、『当時「ガングロ」に近いメークで、いわゆる「コギャル」だった。』(Wikipediaより)らしい。2チャンでも「小柳ゆきは、ゴリラだ。」と若い娘さんに失礼、と思えるスレッドも見られる。
まぁ、不良で出来の悪い子ほどかわいい。と思えるし、彼女が今後伸びるのか?またヒットするか?は解らない。また、be aliveで見せたパワフルでストレートな歌いっぷりは、その時だけのもので、2度と出来ないかも知れない。でも、それで十分でしょうよ。ジャズはそうです。
CDを買うのは、直販で無く、関連会社の売上げ配分が、多過ぎるのが気に入らないが、オジさん、CD買いましょう。と、amazonでbe alive(5曲入り?)を購入。1,260円だった。

author : Takao | comments (6) | trackbacks (0)

池袋地下通路でベルトを買う

2009.12.06 Sunday | 生活・仕事

先日、仕事で上野に行った帰りに、池袋駅の地下通路の露店でベルトを買った。ラフなベルトは2本あるが、そろそろ痛んで来たし、金額は1,000円とかなり安く、これは流石のユニクロも真っ青な価格だろう。

実は、わたし、JRなどの改札がある通路に出店された露店が好きだ。まず、露店は、池袋らしく、この通路の上の東口と西口に百貨店があるが、この2つの某西武百貨店と某東武百貨店は、偉そうで嫌いだ。と言うのも、池袋は元々新興ターミナルであり、闇市から栄えた経歴がある。まぁ、バラックからはじまり、現在に至っており、元々偉そーな地域では無い。

それはともかく、5年前頃に、池袋の某百貨店でベルトを買った。10,000円以上したが、一枚皮で質が良いかな?と思ったからだ。その帰りに地下通路の露店でまたベルトを購入。これは1,000円と10分の1以下の価格で、革のクズを圧縮しているようだ。
今までこの2点を使ってみて、意外と1,000円のベルトが、使い易く、耐久性もある。「素材のクズを使う。」と言うと、サントリーの烏龍茶がそうだろうが、あの烏龍茶に比べると、遥かに通路露店の1,000円ベルトは、コストパフォーマンスが高いと思える。独断と偏見だが、以前購入した通路露店1,000円ベルトは良品です。

で、先日購入した1,000円ベルトはどうか?そんなことは、まだ解りません。使えば答えが出るだろう。たとえハズレでも、ま、1,000円だし、くじを引くようなものだ。また、気に入れば出来の悪いものと、つき合うのも悪くは無いと思っている。

下の写真、下が5年前購入した1000円のもの。中間が最近購入の1,000円。上が5年前購入10,000円ベルト。

ベルト3本

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

広島風お好み焼き-赤鬼-池袋

2009.12.01 Tuesday | 飲食・料理

池袋東口三菱銀行の横道を入った所で、広島風お好み焼きのお店を見つけた。この通りには、行列が出来るラーメン店が2件あるが、わたしは、基本列んで食べない。まして、高価なラーメンで列びたくもないね。
まぁ、食関連で列ぶとしたら、イザと言う時、お米を買うなら列ぼうと思っている。イザと言う時だから、ラーメンで列ぶとしても、麺とささやかな具が入った質素なものだろう。

見つけた広島風お好み焼き店「赤鬼」は、お昼時なのに空いていたし、何とも懐かしくて店内に入った。店内は意外と広いし、スッキリとしたインテリアだ。
肝心の広島風お好み焼きは、どうか?これは広島の人達から見ると、多々ご意見があると思うが、ま、ここは東京の池袋であり、広島風お好み焼きは、知名度が低く、東京は外れの田舎ですからねぇ。
事実隣に列ぶ、どうでも良いと思えるラーメン店には行列が出来て、この広島風お好み焼き店は、お昼でも空いている。では、不味いのか?
そんな事は無い。お上品な広島風お好み焼きで、680円のトッピング無しで麺も入っている。それと外食で困るのは、野菜が取れないことだが、このお好み焼きで野菜が取れるのが何よりだ。
他に、焼きそば(600円)があるが、これも野菜が多く、東京でよく食べる焼きそばとは、オタフクソースを使いひと味違う。これも良いものだ。ただ、大盛りも頼んでみたが、これは量がオヤジには大杉。

20代の頃、周囲の友人で広島出身者が多く、アパートで、48時間お好み焼きを焼き続ける、広島人達が居た。思い返すと、アパートの隣人達は迷惑だったろうが、クレームを言われれば、お好み焼きに誘ったろう。コミュニケーション重視だ。
これで広島風お好み焼きの良さが解ったが、そんな「食とコミュニケーション」のパワフルな時を持つことは、東京ではなおさら貴重だ。
元々お好み焼きは、食材が入手出来ない時の知恵であり、「赤鬼」は、手軽に広島風お好み焼きを味わえる店と思える。

広島焼と鉄板焼 赤鬼
営業時間
ランチ/11:30〜14:00
夜/17:00〜24:00
土日祝/11:30〜24:00
住所
豊島区南池袋2-27-15-1F

写真は、鉄板で焼いているお好み焼き。

お好み焼き1

author : Takao | comments (0) | trackbacks (1)