オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

映画「海角七号」試写会に行く

2009.09.30 Wednesday | アート・写真

昨日9/29日夕方に、台湾映画「海角七号/君想う、国境の南」の試写会に出かけた。出かけた訳は、残念ながら、この映画を見るのが目的では無かった。

友人の林茶荘、林さんから写真撮影を依頼され、試写会を撮ったのだが、わたしは、映画俳優さんを写す様な、晴れがましい撮影は??だ。
以前は、大手広告制作をしていたから、撮影スタッフとロケに行ったり、スタジオの撮影に立ち会っていた。だから様子は解らない訳ではないので、??と言うより、撮影の出来映え、媒体制作、媒体スケジュール、著作権、・・・と制作ディレクションで抑える事は多く、気が抜けない。事務所の裏庭の草木を写すのとは、当然違う。

今回は、単なるカメラマンオヤジだから、そこそこの写真を写せばOKだろうが、どうも上記の事など色々と気になる。
やはり、マスコミュニケーションを計ろうとする内容の場合、気楽には出来ない。その上、林さんの人脈は、台湾政府の在日高官の方々も来られ、彼と挨拶する。そんな方々をわたしに紹介されるので、気が抜けない。

結局、この日の試写も見ずに、撮影が済んだら帰宅した。何でこの試写会の撮影をしたのか?は、少しでも林茶荘、林さんの助けになれば良い、と思ったからだ。それは極めて個人レベルだが、日本と台湾の繋がりでもあるだろう。
この映画は、年明け頃の封切と聞く。まぁ、封切後に入場料を払い、一庶民として、ゆっくりと鑑賞するのが、一番楽しめるのかも知れない。

下の写真は、待ち時間中の舞台部分。

海角七号試写会

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

お会式の準備が始まる

2009.09.28 Monday | イベント

季節が変わり、雑司が谷のお会式準備が始まった。
9月26(土)日に、法明寺にて、お会式各講社の打合せ会があり、27日にお会式連合会の会議があった。これによって10月17日、18日の供養行列の順番も抽選で決まる。三嶽中島講は、17日が4番目、18日は20番目と遅い。各講の練り供養行列順番はこちら→です。

昨日、27日は、三嶽の花づくりの日でもあり、「18日の遅い順番を引いたのは誰?」と言われたが、「それはわたしです。」どうも最近は、遅い順番が嫌われている。以前は、むしろ遅い順番が好まれたと記憶するのだが。
花づくりに、今年は30代、40代の世代の人達が、だいぶ運営に関わって来られた。「これで三嶽も、お会式が出せるかな?」と思い、ホッとしたが、お会式も今後は若い世代の運営無くして、継続出来ないだろう。

わたしは、今年の1月に三嶽講元は下ろして頂いたので、これでより単なるオヤジであり、喜ばしい事です。今後は若い人達の邪魔にならないように、お手伝い出来ると幸いです。
と言うか、本音は、講元をした7年間、太鼓も叩けなかったし、まして、お会式の写真など撮っている場合では無かったので、そちらを進めたいものです。

下の写真は、万灯の花を開いているH.Yさんの手元。今年は運営引き渡しでご苦労様です。

お会式花作り

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

デジカメに1000万画素は・・

2009.09.24 Thursday | 本・学習

昨日まで連休だったが、足を捻挫したし、余り出歩くことが出来なかった。
しかし、気候も良くなったし、雑司が谷周辺は、足を引きずりながら歩いていた。ま、知り合いの方々にも結構会ったが、満足に歩けない恥ずかしさはある。でも、そんなこと気にしていたら、何も出来ないのですよ。

サンシャインの新栄堂書店の店頭で、「デジカメに1000万画素はいらない-たくきよしみつ著-講談社現代新書-940円」を見つけた。講談社現代新書ってまだあるんだ。とも思ったが、この際、本でも読みましょうと購入し、読んでみたが、後半は写真の撮り方のノウハウで、思ったより早く読めてしまった。
個人的には、前半の技術部分をより掘り下げた内容が欲しい。ま、講談社現代新書は、相変わらずとも言える。

確かに、デジカメが出て来て、○○○万画素と良く聞いたが、わたしはこの画素数は、はじめからあまり気にしなかった。
むしろ、CCDのサイズは気になり、使っていたNikonD40場合は、23.7×15.6mmとなる。これは35mmフイルム(36mm×24mm)よりかなり小さく、35mmフイルムと同程度のCCDカメラが本来良いのだが、CCDの小さい初心者用一眼で良いと思っている。

デジカメになって、作画部分がフィルムからCCDに大きく変わった。使い手に取って困るのは、フィルムだと、たとえば、コダックのエリートクローム100を使うと、作画部分を限定できるし、それはどんなアナログカメラでも使えるだろう。
しかし、CCDだと、そのCCDがどこのメーカーのものか?解らないし、カメラによって最終的にどんな加工をしているか?するか?も多様で、その作画処理をデジカメ内でしなければならない。まして、CCDを他のカメラに簡単に入れ替えたり出来ない。
昔、学生の頃「写したフィルムを現像所に出すのは、子供を里子に出すのと同じ。どう成人するか解らない。」と、高名な写真家に教わったが、アナログだと、全ての工程を把握するのは、その気になれば容易だ。
デジタルによって、その工程の簡略化がされたが、各工程段階での確認が難しくなった。「子供は、アッと言う間に成人してしまう。」のであり、親としての責任を持つ事が難しい。

下の写真は、「デジカメに1000万画素はいらない-たくきよしみつ著-講談社現代新書」。この連休に池袋ビックカメラで購入した、Nikon D3000で撮影。購入したD3000の話を書くと、テキスト量が倍になるので割愛です。

デジカメに1000万画素

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

連休なのにダウン、停止!

2009.09.21 Monday | 生活・仕事

昨日の20日、雑司が谷で、みちくさ市と手創り市が同時開催された。当然出かけるつもりだったが、出られなかった。

先週に友人男性の写真撮影を行い、300カット近く写したが、捻挫したようで金曜日は歩けなくなった。
あ〜ぁ、年甲斐も無く頑張り過ぎたかも、と知人の整骨院に連休の前に出かけたが、どうも頭もかなり疲れているし、ともかく、寝るしか無い。事務所でもパソコンはほとんど使わず、ひたすら寝る。

で、撮影したデータは帰宅後すぐに、パソコンにデータコピーしたのだが、後でカメラのNikonD40の電源を入れて見て、ビックリ。情報のメニューが起動しない。しかたなく、リスタートをかけたが、これも固まったままで、動かない。
来る時がいよいよ来たね、と思った。このNikonD40は、一年前の春に購入しているから、1年6ヶ月程度使用しているが、使用頻度が結構多く、そろそろプログラム系が、逝かれるかもね。とも思っていた。
最近、NikonからD3000なる初心者用新機種が出たが、D3000も買おうかな?と思ってもいた。

デジカメは、初期にリコー、オリンパスなどを使ったが、初期は安くは無く15万円程度はした。まぁ、何とか写れば良いよ。と使っていたが、オリンパスのc-2020zなどは良く出来ていた。
NikonD40を見て、「この価格で一眼レフ機能が使える。」と思い使い始めたが、私の場合、基本的に一眼を含めてデジカメを信頼していない。まだデジカメは過渡期であり、1台を永く使えるとは思えず、一眼でも初心者用新機種を使い回す考えだ。
しかし、D40を修理に回し、D3000を購入すると、上位機種が買える価格かも知れない。ま、まずは自分の修理が先で、これは中古なのに、取り替えが効かないから難しい。

下の写真は、寝ている時写した事務所の天井。

事務所の天井

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)

青紫蘇の花が咲いたが・・

2009.09.16 Wednesday | 生活・仕事

事務所の裏庭は、特に草の管理はしてないので、年によって生える植物が違ってくる。今年の裏庭は、青紫蘇(大葉)が群生した。料理にシソは使えると、このブログでも教えて頂いたが、せっかくのシソが放置状態だった。
昨日、裏庭を見ると、シソに小さな花が咲いているのが解った。(下の写真)「ゲ〜ッ、シソって花が咲くんだ。」とこの年になってようやく解ったのだが、ネットを調べると「花シソ」その後「穂シソ」と言うらしい。

調べるのに、Googleなどで検索出来るネットは良いよね、悪い頭でも知識が広がりますよ。ネットが無い時代だと、偉ら〜い、平凡社の大百科事典を引いても、無い情報があったと記憶する。
また、ネット情報の危うさも好きだ。信頼出来る情報か?出来ないか?を自分で決めねばならない。この自己チェックのフィルターが必須、なのがとてもよろしい。まぁ、以前から、マスコミの信頼出来る(情報の出所が解る。)情報と言われても、さほど信頼出来るものばかり無かっただろう。元来、情報とはそんなものと思える。

紫蘇は、花シソ、穂シソと楽しめるようで、お刺身に合うようだ。しかし、お刺身はピンキリで高級なものを追いたくも無い。お豆腐も良いかもだが、ネットで見て行くと、シソの実を塩漬けにするのが、シンプルで良さそうだ。塩漬けの方法は、色々あるようだが、ま、時間(5カ年計画?)をかけて探して行きましょう。
「ウッフフ、ご飯と紫蘇の塩漬けがあれば、これで生きて行けるかも?」などと空想して、独りで喜んでいる。

花紫蘇

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)

今日はホットケーキ焼くぞ!

2009.09.13 Sunday | 生活・仕事

また今日は楽しい日曜日だ。だが、別に取り立てて、どこに行く訳でもない。行楽の予定は無い。つまり、これと言って楽しいことは無いのであった。

「楽しまないと。」と思っていたら、事務所のキッチンに、この夏買った「ホットケーキミックス-ホテルニューオータニ(成城石井で280円程度)」がある。よしよし、これを食べましょうと決定。
実はわたしは、ホットケーキが好きだ。しかし、外のカフェや喫茶店などでホットケーキは食べない。それは最近お店で、ホットケーキを焼くことが無く、ほとんど冷凍のホットケーキを出していると思えるからだ。
確かにホットケーキを焼くには、何よりその様子を見る必要があり、手が離せない、という困った商品かも知れない。でも、自分で焼くなら、自分の裁量で手が掛けられますね、上手く焼くのも、こがすのも自分次第。自己中で完結する。これがよろしい。
ホテルニューオータニのホットケーキミックスは、既製品だが、まあまあ結構美味しく出来る。それにバター、メイプルシロップなどを選ぶと、ますますよろしい。

まぁ、ホットケーキを焼くには、丁度良い大きさのフライパンなど無いし、出来上がりも残念ながら綺麗には出来なかった。でも、そんなことは許してしまうのですよ。と2枚焼いてしまい、どうもホットケーキを食べ過ぎてしまった。

下の写真は、ニューオータニのホットケーキミックスで作ったホットケーキ。

ホットケーキ

author : Takao | comments (7) | trackbacks (0)

雑司が谷1丁目の賃貸

2009.09.09 Wednesday | The 雑司ヶ谷

雑司が谷周辺に賃貸物件は多く無い。特に雑司が谷1丁目だと、賃貸で単身者のワンルームは有るとしても、家族で住めるものは、賃貸ではほとんど無いのではないだろうか。
わたしは、20過ぎに雑司が谷を離れ、40歳でまた雑司が谷に戻った。40で戻って来た時は、雑司が谷人では無く、その頃、同期の友人に言われたのが「出戻り」。いやそれどころか、「よそ者」だった。
雑司が谷周辺に住もうとして、参ったのは、家賃の高い事。そして、住もうと思っても集合住宅にしろ、一軒家にしろ、賃貸物件が余り無いことだった。

しかし3年前、雑司が谷1丁目にデザイナーズマンションY.Z.Rという、シンプルなマンションが建った。なかなか格好がよろしい。
9月9日現在、「南池袋・東池袋・雑司が谷 豊島区通信」ブログによると、部屋が空くようだ。(下の写真/写真は前記ブログから借用。)関心のある方は、前記ブログを見てね。
何故、この物件をここで紹介するかは、この物件オーナーH.Y氏とは、お会式の運営を一緒に進めて来たし、人柄が良いとわたしは思えるからだ。
そう言えば、昨日、今度の三嶽中島講元K.Y氏が事務所に来られたが、この方は、オーナーH.Y氏の叔父であり、相変わらず、お会式ではお世話になっている。

Y.Z.Rマンション

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

松本から「おきな堂」さんが

2009.09.07 Monday | 信州、松本

週末の9月5日に、信州松本から喫茶・レストラン「おきな堂」のオーナーK氏が事務所に来られた。7月末にわたしが松本に旅行して、はじめてお店でお会いして、2、3回しかお会いしていないためか、服装がラフなせいか、なおさら若く見えた。
年齢を伺うと、40歳前との事だが流石に行動力、機動力がある。これは今の何処かの国と正反対だ。こんな方は快くお迎えしたい。

目的は、このブログなどの内容を読まれて、Webの相談に来られたのだが、その地域特性を生かして、良質な物を維持し育てたいと願う意識はお互い同じかも知れない。
松本周辺のお話を伺うと、松本市は生産地に囲まれた街だと解り、住むには健全な街だろう。やはり街の中心部から山並みが見えるとホッとする。
東京は経済成長と共に、郊外に広がり過ぎてしまった都会であり、ヨーロッパで言う都市ではない。そこに責任を果たす自立した市民が居るのが、都市の条件で、それには東京は広過ぎる。松本には、東京に無い物があると思える。

どれだけ手助けが出来るか解らないが、Webによって情報構造が変わった。それによって人の動き、つながりも変わって来ると思え、価値の共感も持てるだろう。

写真は「おきな堂」さんのカレーを頂いたので、翌日お昼に食べたカレー。開業が1933年の老舗だから、味は東京の中村屋資生堂パーラーの昔のカリーライス?と思っていたが、スパイスが効いて新鮮さがある味だ。
資生堂パーラー、中村屋は有名だが、それゆえに、今となると広げ過ぎてしまった。「おきな堂」さんの今後に期待したい。

おきな堂カレー

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

独身で無いけどボタン付け

2009.09.04 Friday | 生活・仕事

去年に、ユニクロ(UNIQLO)で買った、夏のスラックスのボタンが外れた。このスラックスは、ユニクロに行ったら、2本だと4,000円?程度で余りの安さに、衝動買いしてしまったものだ。
まぁ、安かろう悪かろうだし、安物買の銭失い。とも思え、縫製が悪いのは当たり前かも知れない。

しっかし、むしろ、ボタンのとれた後など、その後のメンテが重要で、直して使うことが大切と思っている。小さな裁縫セットは持っており、このユニクロのスラックスは、質が良いとも思えないが、「面倒を見ましょう。」とネットで検索して、外れたボタンをつけ直した。
ボタン付けで思ったのは、最近、結婚する若者が減っているが、独身男子はボタンが外れた時に、自分でボタンを付けているのだろうか?友人、恋人などの女性に頼むのも良いと思うが、そうしているとも思えない。

まぁ、最近の衣料品は、縫製が良いのかも、と思うが、1つの衣料品をトコトン使い倒す気力が、使い手に無くなったと思えたりする。別の見方で言えば、関係を作ることが、出来なくなっていると言えるだろう。

下の写真は、ユニクロのスラックスにボタン付けした写真。

ボタンつけ

author : Takao | comments (5) | trackbacks (1)