オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

婚活集客で媒体はデコメだって

2009.05.25 Monday | パソコンでお勉強

大学のスクーリングで、イベント企画、その媒体制作の授業をこの時期している。昨日、前半の企画プレゼンまで終了した。
通信教育だから、受講生は年齢、職業などさまざまで、多様であり、それがとても魅力なのだ。受講生それぞれのスタンスからの企画の相手は、疲れるのだが、貴重な機会でもあると思って進めている。

今回は、テーマを「婚活イベント」を企画した受講生がいた。企画では、場所は「東京ミッドタウン」で、集客に「デコメ」など使うものだったと思う。わたしとしては、若い時から「婚活」など無縁と思っていたし、東京ミッドタウンの様なメジャーな場所は極力行かないようにしていた。だってそれは、年寄りが観光地に行くのと共通項があるし、行くのは「恥ずかしい事」とも思えたのですよ。デコメも前にも書きましたが、ケイタイ大嫌いオヤジですので、これは問題外のその外です。

このように、わたしの個人的な好みと、全く合わない企画だが、企画した作者は、若いチャーミングな女性であり、オヤジのわたしと、どだい合う訳は無いかも知れない。自分のアレンジもあり、企画書自体は、まぁ良く書けていた。他の先生方の評価も良いので、企画のプレゼンテーションをしてもら事にした。そして、彼女のプレゼンを聞いてビックリ!これは凄い。
プレゼンと言うと、日本国の経済が上向きで、盛んに広告展開をしていた頃を思い出す。複数の有名広告代理店が競合する中、仕事を取ることも多く、効果的なプレゼンが必要だったが、今回の授業の彼女は、それが出来る人と思えた。これだったら、手ごわい競合他社のプレゼンに勝つことが出来るかな?と思えた。
作者は、企画した婚活イベントの内容に迷いが無い。場所のミッドタウン、デコメなど内容の魅力を自ら感じて、それを上手く説明し、企画に聞き手を誘い込む。そこには危うさがあり、簡単に企画に乗ってはいけないのだが、乗りたくさせる。
まぁ、「惚れてしまったら、相手がヤクザとか危ない人でも仕様が無いよね。」と思うしか無い。久しぶりにそう思わせる威力あるプレゼンだった。

下の画像は、ドコモのデコメページ。わたしとしては、上記の事からもデコメの仕様など詳細は、出来るだけ知りたくない。「婚活イベント」の媒体制作がまた授業で今週続くが、「わたしオヤジだから、知らんもんね。」と言ってしまいたいが、そうも行かないだろう。若い先生様方ご指導よろしくです。

ドコモデコメ

author : Takao | comments (4) | trackbacks (0)

ちょうしたのさんまの蒲焼

2009.05.21 Thursday | 生活・仕事

住んでいる雑司が谷一丁目の側に、ポロロッカというスーパーが、東池袋と護国寺に2店舗ある。まぁ、マルエツ系のスーパーの様で、洒落たスーパーではなく、ありふれたスーパーだ。
先日、このスーパーで商品を見ていると、「ちょうしたのさんまの蒲焼」が何と100円(税込み)であった。これには驚いた。これは凄い。
と言うのも、わたしは20歳過ぎから30過ぎまで、一人暮らしをしており、働きながら大学に通っていた。その頃の目的は「学ぶ事」(これ本当です。)だったため、最低限働いて生活と勉学を維持していた。イザと言う時の夕飯のため「ちょうしたのさんまの蒲焼」を、安い時に買い貯めていたりもしたが、30年以上前のその時代でも、95円程度だった。

この「ちょうしたのさんまの蒲焼」は、30年後の今でもほとんど価格が上がっていない。製造販売会社は、田原缶詰株式会社だが、ここは偉い。
さんまが国外産では?とか、添加物は?とか疑問も有ろうが、この「さんまの蒲焼」に関しては、そんなことは些細なことですよ。味は今となると濃い目で、関東風かも知れないが、正に「ちょうしたのさんまの蒲焼」の味で、これで当然良いのです。
田原缶詰株式会社は、千葉の銚子にある会社のようだが、これは千葉の銚子の名品ですね。素晴らしい。さんまは大量に捕れて、価格も下がるのでしょうが、大漁の時に缶詰にして、広域に低価格で供給することは真っ当な姿勢と思えます。

それにしても、現在は一人暮らしをして、働きながら大学に行くことが難しい。今の若い人は大変だと思うが、働いて得た収入に対して、支出が多すぎるのだ。学ぶ目的のある者には、やり難い時代となってしまった。

下の写真は、「ちょうしたのさんまの蒲焼」。

ちょうしたかばやき

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

最近のレンタルサーバ状況は?

2009.05.20 Wednesday | パソコンでお勉強

CMSでサイト構築をしていたこともあって、この所いろいろなレンタルサーバを見ていたが、以前よりかなりレンタルサーバが増えた。1990年代は、レンタルサーバと言えば、IIJ、リムネットをはじめ、ベッコウアメと少なかったが、2000年を過ぎてロリポップが表れた。「ナウでヤングなロリポップ」にはオジさん驚きましたよ。
グッフフ、わたしは、ナウでもヤングでも無いので、「これはわたしに最適!」と即カードで登録、即メールでFTPアカウントが送られて来たのを思い出す。この会社は、株式会社paperboy&co. で社名もハジケており、九州の会社だが今は本社が東京にある。他にもレンタルサーバサービスで、「チカッパ」、「ヘムテル」とあり、PHPとデータベースサーバに対応している。paperboy&co.はなかなか前向きな会社であり、好感が持てる。
さくらも低価格レンタルサーバとして、今や認知度があるが、ここもCMSに対応しているようで(未テスト)、前向き+堅実だろうか?その他、コアサーバ、Xserver、XREA、・・・とこれらのレンタルサーバはCMS対応だが、サーバの用途は多様化しているとも思える。

サーバは、今後も仕様が変化するし、CMSなどのシステムはサーバ依存度が高くなるしで、5年以内に再確認が必要だろう。しかし、どうも大きい企業のレンタルサーバほど、テクノロジィの対応が遅い傾向があるようだ。やはり弱小レンタルサーバは、小回りも効いて、前に進むのが速いと思えた。まぁ、小さいといつまで有るか解らないし、信頼度が一般に低いのは確かという面もある。サーバは用途ごとに使い分ける時期なのかも知れない。

画像は、ロリポップTOPページ。現在申込総数が71万件あり、月/最低料金263円だから、ロリポだけで、71万件×263円=月/1億8千673万円となる。今やこれは弱小企業では無いだろうが、ネット関連テクノロジィのスピードに追走しているのは偉い。wikipediaを読むと、創業者の家入一真氏はまだお若いが(現在30歳)、わたしは死ぬ前に一度お会いしたい人の一人だ。

ロリポップ

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

体調最悪!で、歩く!

2009.05.16 Saturday | 散歩、遠出

最近どうも頭は疲れる、腰は痛いしでパソコンに余り向かえない。
会合の段取り、打ち合わせが、3点かさなり、一方では、CMSなどのサイト構築を複数していたことが原因のようだ。仕事以外で、bunny.co.jpサーバを変えるだけでなく、サーバ変更に合わせて「町のeラーニング講座塾」、「雑司が谷 Pick Up」、「小さな教室・習い事・お稽古net」などで、Moodle、Joomla!、Yomi-Searchといろいろ構築したのは、年甲斐も無く、わたしは、ちょっとやり過ぎだったかな?

ともかく、腰が痛く椅子に座るのが苦痛であり、「これはダメだね。」と2、3日、雑司ヶ谷の外側を彼方此方へと歩き回っている。
今回は主に、池袋から西武線沿線を歩いているが、疲れたら近くの駅から電車に乗り移動している。まぁ、2駅程度歩いて、イザとなったら電車に乗って帰ってしまいましょう。という長期展望、計画性の無い、その日限りのものだ。それでも、小さい発見があったり、郊外に延々と続く東京を改めて実感したりで、休養が出来ているのかも知れない。

下の写真は、豊島園の「ユナイテッドシネマとしまえん」の前。スマートフォンのカメラでも、そこそこ写ることは確かだが、平均化された写真となってしまう。やはり面白さ、味わいは無く、昔の観光写真と共通しがちだが、ケイタイカメラの写真家がいるのだろうか?と思ったりもした。

練馬映画館

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)

ゴールデンウィークは引き蘢り

2009.05.04 Monday | パソコンでお勉強

ゴールデンウィークである。やはり良識ある人達は、ゴールデンウィークはお出かけするのだろうか?
と言うのも、わたしは20代から今まで、ゴールデンウィークに遊びに行った記憶が無い。自分は、「ゴールデンウィーク=仕事」だったし、今でも「ゴールデンウィーク=お勉強」であって、遊びに行くという発想自体が無い。

今度のゴールデンウィークも、SNS(Social Network Service)、CMS(Content Management System)のシステムを2、3選んでお勉強ですよ。
日本で名が知れているのは、XOOPSだが、最近はGUN系でも他にDrupal(ドルーパル)Geeklog(ギークログ)Joomla!(ジュームラ)など使えそうなものが複数見られる。ここで言う使えそうとは、1.日本語化されていること。2.日本語サイトが複数あること。を言っているのだが、これは開発スタッフ様、日本語化スタッフ様あってこそである。わたしのような、下々のオヤジが使うには、1.2.が揃っているとありがたい。そんなスタッフの方々には感謝致します。

先日、町のeラーニングで使い出したMoodle(ムードル)もCMSだが、これはLMS(Learning Management System)などとも言われているようだ。今度は、2003年から初めている「雑司が谷PickUp」を、Joomla!で再構築しましょう!と進めているが、やはり時間がかかりますよ。移行は今週末かな?
何でもそうですが、やはり、対象の構成、構造を把握すること。その反面、自分の作ろうとする構成を明確にすること。が必要と思われますね。ま、相手がどんなヤツか?自分は本来何したいのか?であり、そこから、相手と何が出来るかですね。これは愛情があると、上手く行く可能性大でしょう。
それにしても、相手は生身の女性ではなく、無機的なシステムであり、息抜きに散歩は必須です。

写真は、雑司が谷霊園の新緑。

雑司が谷霊園の新緑

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

春の豊島区伝統工芸展に行く

2009.05.03 Sunday | イベント

あまり事務所に引き蘢っていても不味い。と池袋のメトロポリタンビルで開催されている「春の豊島区伝統工芸展」に出かけた。この伝統工芸展に、瀧澤提灯店の瀧澤さんが出品されているためだ。
この豊島区伝統工芸展の開催場所は、何と場所は元東武美術館だった、全国伝統的工芸品センターで開催されており、立地、施設など立派な良い場所で、わたしなど気が引けるが、「だって、知り合いの方が出品してるしさ〜。」と当然入り込んだ。写真撮影の了解を得て、2階の会場に行ったが、残念ながら瀧澤さんは来ていなかった。あの魅力的なオヤジに会えなくても仕様がないよね。
瀧澤さんの提灯を写していると、初対面だが、東京手描友禅の上原氏が声をかけて下さった。こんな会場で、作者の方から声をかけて頂けるのはありがたいことです。上原さんとは、初対面なのに長話をしてしまったが、「羽織の裏地」の話など、久しぶりに出来たのが嬉しい。全国的にそうなのかも?だが、東京では、裏側とか見えない場所に凝ること、こだわることを良し、とされたし、それが「粋」とされたろう。

春の豊島区伝統工芸展
開催期間:4/30(木)〜5/5(火)
場所:全国伝統的工芸品センター

上の写真は、瀧澤さんの提灯。前に出る感じの提灯は、作者と同じだろうか。下は上原さんの手描友禅。これは近くでよく見ないと、当然その良さは解らない。まぁ、写真の写りも今一歩です。

瀧澤提灯店


上原和服

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)