オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

Y教授の個展とパーティへ行く

2009.03.30 Monday | イベント

昨日(3月29日)は、お昼に神楽坂のアユミギャラリーで開催されているY教授の写真展に伺った。(「自らも意図しないのに-4」3/27〜4/1・東京都新宿区矢来町114・アユミギャラリー)。
桜の時期でもあり、神楽坂はオシャレな街だが、それを楽しむことをせず早々と帰宅した。そして、夕方には、新宿センタービルで開かれる、退任記念パーティーに向かった。何か1日Y教授の日の様だったが、この方とは、同じ研究室で28年ご一緒したことになる。
いろいろと学べることはあったし、助けて頂いたとも思えて、月日を経たことが軽いものだとは思えない。そう思えることは嬉しいが、これを区切りとして、次の展開に進むことになるだろう。

下の写真は、アユミギャラリーの個展にて。ご本人が「花の手前から写すと良でしょう。」などと言われるので、写した1枚。花に愛情を注がれている、ご本人に撮ってもらうと良かった。

横溝先生個展093

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

おさんぽ市に出かける

2009.03.29 Sunday | イベント

昨日は、東池袋の裏通りで開催された「おさんぽ市」に出かけた。
かって、東池袋の裏通りにある、日の出優良商店会は、歩けないほど人で賑わう商店街だった。しかし、今はほとんどが閉店状態で、この商店街が、それほど賑わっていたなど、想像出来ないかも知れない。

「おさんぽ市」というイベントをしても、最盛期の賑わいが戻るとも思えないが、だからと言って何もしなければ変わりはしない。刃研ぎ堂さんご苦労様。
このイベントに出店参加された方々は、30〜40代と若い方が多く見られた。また、皆さんWebをお持ちの方が多く、結構なことですよ。で、リンクを一覧します。

刃研ぎ堂
http://www.toshima.ne.jp/~hatogido/
旅猫雑貨店
http://tabineko.seesaa.net/
わめぞ古本市
http://d.hatena.ne.jp/wamezo/
あめ細工吉原
http://ame-yoshihara.com/
ステンドグラス工房時屋
http://www.geocities.jp/uzuraweb/tsukinoie/home/index.html
198 Queen st. Kingston 花屋
http://www.198qstk.com/index.html
不思議(はてな)
http://www.toshima.ne.jp/~hatogido/hatena.htm
ハチマクラ
http://hachimakura.com/index.php
すずめ村鉄道
http://blogs.yahoo.co.jp/tokotokodeki3/MYBLOG/yblog.html
pippoのゲームコーナー
http://blog.livedoor.jp/pipponpippon/

あめ細工吉原孝洋さんのWeb「自己紹介」に(以下文章引用)、
>僕は、自分の生まれた日本の事を誇らしく言えない自分に
>恥ずかしさを感じてしまった。
>この経験が、何か日本の文化に関わる事をしたい
>という思いが強くなりました。
>そして昔テレビで見て感激した飴細工をやろうと心に決めました。
とあり、姿勢がとても魅力的。リアルなイベントでお会いし、Webでまた魅力ある意識と出会えて、魅力的な時代となりました。
問題となるのは、個々の意識、姿勢と改めて思います。

下の写真は、吉原さんが作るあめ細工。路上ですが注文が絶えません。

あめ細工

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)

オンラインチャットを調べる

2009.03.28 Saturday | ゲーム・Web

昨年に友人の華僑H氏が、台湾の会社が開発した、ビデオチャットシステムについて相談に来られた。このシステムが日本で実用化出来るか?なのだが、わたしの答えは「無理でしょうよ。」だった。
その訳を簡単に言うと、日本と台湾ではサーバに対する認識が違い、一般に日本では自社内にサーバは持たないし、今やサーバOSは、UNIX系がほとんどという点からだった。まぁ、サーバごとビデオチャットシステムを保持する、つまりそれに投資しようとする企業など、日本には余りありませんよ。
先日、彼が「ビデオチャットはe-ラーニングなどで今後伸びる。日本で使えるシステムを調べてよ。」と今度は依頼して来た。彼は、必要と思える方向には、情熱を絶やさない。それが良い所だ。

オンラインチャットシステムは、当然時ごとに仕様が変わるが、現在でオンラインチャットは、一般に知られているSkype、MSN、Yahoo!メッセンジャーなどがある。
しかし、他にも会議チャットシステムが日本のものでかなりある。興味深いのは、産学官協同体制によるSOBAプロジェクト、頑張れ!。そして、あのアドビ様も、偉そ〜で高価な、Acrobat Connect Professionalなるものがありますねぇ。
まだ、調査中でっすが、その中でもSkypeは結構進化してますです。Skypeは今後楽しめそうだよ〜。SkWebChatなるものがあったので、期間限定(テストなので、4月末には外すと。)でSkypeのテキストチャットを貼ってみた。

下はSkypeのテキストチャットだが、Skypeユーザで無くてもチャット出来る。上のhtakaoの前のSkypeマークがグリーンだとわたしは居る。居なくても書いたメッセが送られるようだ。しかし、このBlog訪問者が書き込むと、skype-webchat経由で書き込まれるようで、それがどうも気になる。
author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

マクドナルドより立食いそば

2009.03.24 Tuesday | 生活・仕事

昨年の年末から仕事が立て込んでいたが、やっと一息。
そこで「豪華な行楽にGo!」という予定は、全く無く、この3連休も大した予定は無かった。21日は朝から天気もよかったので、雑司が谷、池袋周辺の散歩に出かけた。

帰りがけにサンシャインのマクドナルドの前を通ったら、「マックホットドッククラシック」というメニューが目に入り、興味があって食べてみた。ホットドッグとコーヒーがセットで360円だったと思う。
なんせ、ホットドックには目がないと言うか、子供の頃、後楽園球場で食べたホットドックが美味しく、それ以来ホットドックは注目する品となっている。
しかし、このマックのホットドッグは、一言で、「まずい。」と言える。まぁ、コーヒーとホットドッグのソーセージは、まあまあだが、朝食で赤丸ベーカリーのバゲットを食べたので、そのバケットとかなり落差があり、パンがとても不味く感じた。

マクドナルドの、ビジネス戦略は上手いと思うが、これは低価格な大衆向け食品でしょうよ。同じ大衆向けの食べ物で、冬と言えば、何と言っても立食いそばが良い。吹きっさらしのホームで、震えながら食べる、立食いそばは美味いよね〜。とこの冬思っていたこともあり、お昼は、「あぁ、冬に一人北に向かって旅したいなぁ。」などと思いながら、エアーライズタワーの側の立食いソバ店「六花そば東池袋店」で天そばを食べた。
やはり実にうまいね。マクドナルドからは、その様な哀愁というか、ロマンは、なかなか生まれてこないですよ。これはわたしだけ?

下の写真は、天そば360円。まあまあ行けます。

立食いソバ

author : Takao | comments (4) | trackbacks (0)

中古のパソコンを買った。

2009.03.12 Thursday | The 雑司ヶ谷

雑司が谷霊園の表側になる、東池袋4丁目から首都高下に、中古パソコンショップ茜(あかね)がある。このお店は、雑司が谷から池袋への散歩コースの途中にあって、以前から様子を見ていたが、若い担当のお兄さんが丁寧に対応してくれる。

最近は店頭に、中古パソコンが数台10000円で出ていて、さすがに「一万円は安いなぁ。」と思った。低価格パソコンでは、Webで台湾のASUSTeKEee Boxなどがあることは知っていたが、このお店の中古は、主にDELLとかhp(Hewlett-Packard)のものだ。
よく見ると、 hpのパソコンで、OS>WinXP-pro、CPU>Pentium4-2.8GH、HD>40G、RAM>240MBというのがあった。フムフム、担当のお兄さんに「メモリー1G増設でいくらかな?」と聞くと、「DDR2ですから、4500円です。」とのこと。「じゃ、14500円で買えるじゃん。」と購入してしまったのであった。

まぁ、メモリーはもっと安いのあるかも?だが、本体との相性もあるだろうし、探すのはパス。事務所には自分専用のWinパソコンが、すでに2台あるから、実はこれはスキャナー専用ですよ。スキャンは、今までMacOS9パソコンでしていたが、新品のスキャナーで、MacOS9対応のものは低価格で無い。そこでスキャナーを変えるとともに、対応パソコンもWinOSだね。ということなのである。

顔アップ写真は、「パソコンショップ茜(あかね)」のご担当者。20代後半で、もちろん男性です(掲載了解済み)。とにかく見学に行きましょう。

パソコンショップ茜

author : Takao | comments (8) | trackbacks (0)

舟和の芋ようかんは美味い?

2009.03.07 Saturday | 生活・仕事

先日、事務所に浅草のKさん、関西のNさんが来られ、Kさんから、浅草舟和の芋ようかんを頂いた。実は、子供の時、舟和の芋ようかんが、大嫌いだった。
子供の頃は、結構来客がお土産を下さったが、わたしの実家は年寄りが多かったためか、お土産に、舟和の芋ようかんを下さる方が、意外と多かった。子供心に、「ケーキとは言わないけど、せめて、お団子にしてよ。」とか、「しょせんお芋じゃない。」と思い。泣きたくなったものだ。こんな経験もあって、自分には「舟和の芋ようかん=年寄りのもの」という意識が構築されていた。

その晩に、Kさんから頂いた、芋ようかんを食べたが、これが何と美味しいのですよ。スーッと食べてしまうと言うか、体が芋ようかんを欲している、とさえ思えてしまいます。これは何なんでしょうねぇ。若くないから?年寄りだから?ま、ともかく「これは美味しい。」と思うものに、舟和の芋ようかんは、今やなったのです。

早速、今日、池袋の東武百貨店に行き、「舟和の芋ようかん-6本詰め-599円」を購入しました。帰りがけに、旅猫雑貨店さんに寄ったら、ご夫婦共にお店に居られて、舟和の芋ようかんの話をすると、お二人とも大好きとの事。ご主人など「ここで食べましょうよ。」とおっしゃる。ノリが良いねぇ。「東京の土着人は、やっぱ、舟和の芋ようかん好きなのかな?」と思ったりもしました。

それにしても、舟和本店のWebサイトは、美味しいと思えばこそ、「よぅ、やる気あんのかぁ。」とも申し上げたくなります。数年前とコンテンツは変わらず、せめて、購入出来る場所くらい載せて頂きたいと、切にご祈願致しますです。

下の写真は、購入した「舟和の芋ようかん-6本詰め」。5本なのは、1本を旅猫雑貨店さんにお分けした為です。

舟和の芋ようかん

author : Takao | comments (7) | trackbacks (0)

モルトウイスキーは面白い

2009.03.02 Monday | ウイスキー、酒

・今さらウイスキー
ここ5年以上、余りお酒は飲まなかった。
何故かその理由は、足がとんでもなく痛くなる、通風という病気になって以来、パーティ、宴会以外は控えていた。が、先日息子がジョニ黒を飲んでいたのだ。「おぉ、高級品だね、少し飲ませてよ。」とストレートで、少し飲んだのがとても美味しかった。昔、若い頃は舶来ウイスキーは高価だった。ジョニ黒なんて5000円はしたと記憶するが、今はだいぶ値段が下がっているようだ。

・ネットでウイスキーを調べる
どれどれウイスキーを買いましょう。とGoogleって調べていたら、何かモルトウイスキーが面白そうと解った。スコッチウイスキーでは、ジョニ黒、J&B、カティ・サーク、オールド・パー・・・と知っていたが、これらはブレンデッド・ウイスキーなのね、とこの年になって解ったですよ。恥。シングルモルトウイスキーとは、「単一の蒸留所で作られた原酒を、他のウィスキーとブレンドしてない。-wikipediaより」ものを言うらしい。モルトウイスキーの名前は聞いてはいましたが、勉強になりました。

・次はリサーチ、店舗を回り購入
どれどれ、次は周辺のリサーチですよ。雑司が谷周辺は今や酒屋さんは閉店続出であり、池袋に出かけ、まず、西武百貨店。モルトウイスキーは少しありました。次は東武百貨店はどうよ?でここはありますが、百貨店様は、ネットで見た価格よりだいぶ高いです。ネットで3000円クラスのものを倍の6000円程度で販売してますねぇ。今どき何を考えているのでしょう?勝手に高級ぶってなさいな。でしょう。低級か高級か?は、お客が決めることです。
で、ビックカメラ、やまやと回りましたが、この2店は価格的にOKです。数の豊富さでは、やまや池袋東店が良いです。やまやで、ザ・グレンリベット12年-2380円(The glenlivet)、ラフロイグ10年-3480円(Laphroaig)を購入しました。わたしの様な、モルトウイスキー超初心者には、この価格帯で良いと思います。

・飲んで、HP見て、驚く!
ラフロイグ10年を飲んでみましたが、Maltbankサイトで言われているように、スモーキーで甘さの無いヨード香のする味です。万人向けで無いのがとても良いですよ。味わいながら、自分の思いと向き合うのに良いかもね。
箱に同梱されていた、パンフレットからラフロイグのHP(laphroaig.com)を見てビックリ。この会社はスタッフ20人程度でしょうが、日本語にも対応しているだけで無く、姿勢、ツアーとあり、Webは開かれた姿勢が見られます。
一部の愛好者がこのWebに来るだけ、かも知れませんが、姿勢に共感する人と前向きにコミュニケーションを計ろうとされていると思えます。確かなマイナーから確かなマイナーへの時代で、ラフロイグ10年を飲みながら、心地よい時間が持てました。

下の写真は、ラフロイグ10年(Laphroaig'10)

LAPHROAIG

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)