オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

このコッペパンは良いです。

2008.06.28 Saturday | コッペパン

今日は、土曜日で休日。朝の8時過ぎには、「私だって利用するもんね。」と副都心線の雑司が谷駅から、渋谷に向かった。目的地は、以前から目をつけていた、世田谷にあるファリーヌ(Farine)世田谷通り店というパン屋さんで、ここにはコッペパンがあるようなのだ。
渋谷から三軒茶屋、そこから東急世田谷線(路面電車タイプ、旧玉電)、に乗り換え、世田谷駅に下車すると、世田谷通りにそのお店があった。帰りは小田急線の豪徳寺駅まで歩き、新宿経由で池袋まで戻ったが、かえって副都心線を使うと面倒でしょうと思えた。

さて、ファリーヌ世田谷通り店に入ると、コッペパン(150円)がありましたよ。それもしっかりとしたもので、存在感がある。他のパンはどう?と見渡すと、おぉ、各々存在感がありますよ。これはパン生地が違うねと思い、2、3のパンを食べてみたが、手応えのあるものです。立派ですね。
ご主人などお店の皆さんに、「また、伺います。」と挨拶して、帰りの池袋でコッペパンにトッピングする食材を探すべく、西武百貨店、三越百貨店の食品売り場を回ったが、思ったものが無い。パン生地がしっかりとしているので、軽めのものをトッピングすれば良いかな?と思ってはいたので、サンシャインのローゼンハイム(Rosenheim)という洋風総菜屋さんで、ロースハム100g、570円を購入した。
事務所で早速、コッペパンを切り、ハムとサラダ菜を入れました。このコッペパンは行けますよ。フニャケていません。パン生地がしっかりとしてます。食べて、これはバンザーイですね。確かな手応えがあります。

下の写真は、手前が、トッピングしたコッペパン。後ろは、チャバタというイタリアパン。写真に存在感あるパンのイメージが、出ませんでした。泣。お腹が空いて食いに走ったのがまず敗因です。

コッペパン

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

ターキー(中華店)が本に紹介

2008.06.26 Thursday | The 雑司ヶ谷

自宅のポストに、「トーキョーノスタルジックラーメン/幹書房」という本が投函されていた。見ると雑司が谷のターキーが載っている。あぁ、ターキーのおじさんが、ポストに入れてくれたのね。とすぐ解ったが、ウ〜ム、ターキーの紹介文(著者=山路力也氏)は、なかなかのものですよ。このお店の特長を良く表現されています。流石ですねぇ。パチパチ。
こんな紹介文を書いて頂くとは、ターキーのオヤジは幸せ者だねぇ。と言うか、本にもあるように、長年に渡って良質な素材を用いて、手を抜かないで調理して頂いている、近所のわたしなども、幸せ者です。このターキーは、とても地味なお店で、見栄えを重視する人には向かないが、友人の食い道楽な華僑氏は、事務所に来ると、「ターキー行こう、ターキー。」とよく言われます。東京など中華料理では、東の外れの地方でしょうが、食べ物、もの作りの基本は何か?改めて再確認出来ますね。

下の写真は、「トーキョーノスタルジックラーメン/幹書房刊/著者=山路力也/写真=山西隆則/定価1000円」。左側が表紙、右はターキーの掲載ページ。本が1冊しか無いので合成です。内容の詳細は本を買いましょう。

本のここでの紹介は、幹書房に確認済。

ターキー掲載本

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

今日のお昼はキューリだぞ!

2008.06.25 Wednesday | 生活・仕事

午前中にサンシャインの木村コーヒーで、コーヒーとパンを食べたのだが、それだけだと、どうも午後になるとお腹が空いてしまった。
何か食べましょうと、スパゲッティをまたしても茹ではじめた。フムフム、具はキューリだね。と輪切りにして、オリーブオイルと黒胡椒をかければ、すぐ出来上り〜〜です。
なぜ、キューリかと言えば、昨日3本購入し、2本残っていたからで、キューリのスパゲッティなど調理したのは初めてでっスよ。でも、これ結構いけますね。オリーブオイルのほのかな香りがよろしい。黒胡椒も生きますよ。まぁ、調理の腕が良いのでは無く、素材が良いのですね。

キューリスパ

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

関口フランスパン・Blog開始

2008.06.23 Monday | 生活・仕事

関口フランスパンのブログが始まった。
5月末にWeb自体は、新装されたのだが、ブログも追加された。このブログの記事は、店長のT氏が中心になって書かれるようだ。このお店は、現在、店舗が3店舗、それに工場があって、この辺りの地域では規模が大きく、かつ、歴史もある老舗だろう。しかし、だからと言って顧客の範囲はそれほど広くなく、関口、江戸川橋、小日向、音羽、目白台、雑司ヶ谷そして目白程度と思われる。
私は、関口フランスパンのWeb制作で、御用達カメラマンと化していたので、工場まで拝見したが、ここの製造は、パン職人さんによる手作りですよ。オートメーションなんかじゃありません。

先日読んだ、「ルポ貧困大国アメリカ-岩波新書」にもあるが、合衆国では、貧困層に肥満者が多いそうで、それは低価格で購入出来る食物で、腐りにくいピーナツバター&ジェリーサンドイッチとか、インスタント食品、ジャンクフードが中心だからと言われてます。食パンにしても低価格なものは、大量生産、薄利多売であり、供給範囲が広く、水増しされて防腐処理がされている筈で、体に良いとは思えません。
まぁ、私のような60近いオヤジは、長く生きる必要も無く、パタッと逝った方が良いのでしょうが、若い方々は、先も長いので食物には気をつけたいものです。

写真は、関口フランスパン工場で、アンパンにあんこを入れている写真。

関口フランスパン工場

author : Takao | comments (2) | trackbacks (1)

雑司ヶ谷の歴史散歩?

2008.06.21 Saturday | The 雑司ヶ谷

今日は蒸し暑く、不快。
しかし、午前中、雨は降らないと仮定して、散歩に出かけた。事務所の側にある、お穴の鬼子母神を通り抜け、不忍通りを渡って夜寒坂に。ここは文京区だが、以前(昭和41年まで)は文京区雑司ヶ谷だった。今は町名が変わっており、目白台という偉そ〜な、かといって歴史を無視した町名となっている。まぁ、日本女子大学や田中元首相宅、講談社の野間家の屋敷などがあり、とても私など端を歩かせて頂く感じでもある。しっかし、知らんもんね〜と、カフェ水野で一息ついた。
カフェ水野から豊島区側に入り、またしても赤丸ベーカリーに立ち寄る。赤丸さんから鬼子母神や副都心線「雑司が谷」駅を徘徊し、法明寺へ向かった。

やはり、雑司が谷というと、文京区のプレート説明(写真上)にあるように、法明寺、柳下家が室町時代(1336年〜)あたりから、この土地に居られて、雑司ヶ谷という町名は、この2つのどちらかが関係しているだろう。雑司ヶ谷で、法明寺、柳下家は別格とも思える。
写真下は、法明寺の山門を入った本堂の前。

雑司ヶ谷プレート


法明寺

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

フリーター論争2.0を読む

2008.06.20 Friday | 本・学習

この所、たまに本を読んでいる。
その訳は、なんのことは無く、海外の合衆国、スエーデンなどのオンラインゲームも飽きたしで、ゲームする時間の分が、空いたことが大きい。
テレビなどのマス媒体は、すでに見なくなって10年は経つが、新聞はたまに見ており、たまたま先日、新聞書評に「フリーター論争2.0-人文書院」なる本の書評が出ていたことから、書店で購入して7割程度読んだ。格差、貧困などについて真剣に討論されているのだが、広がりが今一歩見えて来ない。確かに書籍情報には、内容あるものが今でもあると思えるが、1冊では全体像が見えにくい。

そんなことから、次に、「ルポ貧困大国アメリカ-岩波新書」を読み出し、あぁ、市場原理、新自由主義といった背景まで、やっと無知な自分にも理解が少しは出来るようになった。この貧困大国アメリカは、合衆国の下層階級構造を良くまとめた情報と思えた。
しかし、国や組織に雇用されるフリーター、貧困層といった視点のみで、個人が起業することについては触れてないのは、ページ数の限界かな?フリーター論争2.0で、「年収300万円もあれば、」十分と言われていたが、それが、その人の一つの収入の基準であるから、年収300万円なら、何か自分で事業してもリスクが少なく、基本収入目標が少ないので、他者との競争にも勝てる確率は高いと思えた。
どうも、自分としては、さっさと起業して、事業をはじめて、300万円の収入を得ることを考えてしまいますよ。で、1年後に決算して収入(売上げでは無い。)が仮に500万円あるなら、500万円−300万円=200万円プール出来るでしょう。次は、その200万円を何に投資するか?でしょう。ゲームでも、愛人でもお好きな様に。(投資対象が違うって?)
まぁ、言いたいことは、自分の一生の内に、いくら収入を得るか?であり、年収1000万円以上を望むなら、3億円以上の収入がいるのかな?でも、問題はその内のいくらを何に投資したのか?では無いでしょうか?額の問題より全収入に対して、投資の%でしょう。個人にとっての新自由主義とは、そんな基本もあると思います。

消費者としては、マスつまり、テレビに出るコマーシャル商品は、買わないようにする。のは資産が一部に集中することを避けるために必要であり、買わない商品チェックのために、テレビを見るという見方も有りでしょう。筑摩書房から貧乏人の逆襲」という本が、6月11日に発売されており、これはまだ買ってませんが、実践型で面白そうです。
筑摩も良くやりますね。

読んだ本

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)

事務所の蜂の巣が・・・

2008.06.17 Tuesday | 生活・仕事

今年は事務所の前庭に足長バチが巣を作った。
春も経って、バラの枝に足長バチが巣を作り始めのだが、元の枝は細いし、葉におおわれている訳では無いし、雨が巣に直にあたる。「バッカじゃないの。巣を作る場所を考えろよ。」と、巣を放棄する親バチも見られるため、親バチに腹を立てていたのだが、以外にも巣を放棄する様子も無く、セッセと巣作りに励んでいた。
今日の朝、「どんな具合かな?」と視察すると、おぉ、蜂が8匹に増えてますねぇ、卵もあるしサナギなども入れると、これは10匹以上は確実に行けますよ。「偉い。素晴らしい。良くやった。」と心から思います。

以前は、仕事に追われて、蜂の巣の経過など見る余裕は、全く無かったのですが、今はこんな時間を作るようにしてます。その分、当然お金は無いのですが、今の方がリッチだよ〜。と思えてしまいますです。

足長バチ

author : Takao | comments (3) | trackbacks (0)

副都心線開通で訪問者数増大?

2008.06.15 Sunday | パソコンでお勉強

ここ数日、このBlogの訪問者数(Visits)が増えてる。通常の倍近い。
何でかな?と思ったが、これは東京メトロの新宿副都心線が6月14日に開通したことが原因のようだ。うむフム、じゃ、bunny.co.jpサイト全体の訪問者数はどうよ?とbunny.co.jp全体のアクセス解析を見たが、これは30%程度の増加であり、そこそこの増加だ。
まぁ、Googleなどで「雑司が谷」、「雑司ヶ谷」のキーワードで検索すると、このサイトが上位に表示されるため、閲覧される方は多いだろうが、今回のたかだか数百件のアクセス数増加が、1年間のアクセス数に大きく影響するとも思えない。それは、このbunny.co.jpサイト自体、生意気にも2007.4月〜2008.3月の1年間に、ご訪問者が30万人居られるからだ。
むしろ、注目すべきことは、その1年前(2006.4月〜2007.3月)20万人から、なんと訪問者が10万人増えたことである。これはサイトのコンテンツ(内容)がより充実した訳では無く、ネットの閲覧者が増えたことが大きいと考えられる。インターネットは、媒体として着実に成長している。

副都心線という交通インフラは、はたしてどの程度の経済効果があるのだろうか?確かに、その工事を受注した会社は利益を得たろう。新駅周辺の地価は上がり、不動産は利益が上がると予測出来る。地域により多くの来訪者が来ることにより、商店なども売上げが増大するだろうか?
しかし、今後お客さんの購買力は上がるのだろうか?顧客数×出費限度額が問題であり、経済が低迷している現在、顧客数、出費額共に増えると言うより、むしろ減少するのではないか?
また、地域外から交通費を負担して来るには、よほどその地域の特性があって、他に無い魅力がないと来てもらえないだろう。・・・・・前向きな経済政策など、いろいろと考えられるが、まぁ、自分の出来ることをやるしかなく、私は、さっさと、Webでより内容、魅力ある、雑司ヶ谷周辺情報を構築することを考え、実行するのがよろしいのかもね。

画像は、このBlogの最近訪問者数。

ログ解析

author : Takao | comments (8) | trackbacks (0)

昼食はスパゲッティ茹でて・・

2008.06.13 Friday | 生活・仕事

今日の昼食にスパゲッティを茹でて食べた。
というのは、午前中に、雑司が谷PickUpに掲載するため、肉の成田屋さんの撮影をしたのだが、奥さんから、肉だんごとスパイシーチキンを頂いた。そのため急激に、今日のお昼のおかずが充実した、ということである。何か雑司が谷周辺を徘徊し、施しを受ける虚無僧の様でもあり、虚無僧氏は、尺八でしょうが、わたしは、Web情報発信で、これは現代社会でお店に喜ばれ、虚無僧より実質的でよろしい。などと勝手な解釈をして、独りで喜んでいる。

スパゲッティ料理と言っても、シンプルであり、長ネギをオリーブオイルで炒め(むしろ焼く感じ)スパゲッティも炒めて、黒胡椒をかけて、ハイ出来上りです。写真上。
しかし、今日は、肉だんご5個(160円)とスパイシーチキン3本(1本-52円)あって、ちょっと食べ過ぎとなり、一度に全部は食べられなかった。肉だんごは、懐かしいしっかりとした味。スパイシーチキンは、これもしっかりとしてますよ。写真下。しかし、この値段は安いです。
近所に住んでいる人は、買いに行きましょう。

ネギスパゲッティ


肉だんご

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)