オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

雨は鬱陶しい、では無くて。

2008.05.29 Thursday | 散歩、遠出

東京地方は、今日午前中雨のようだ。
結構雨が降って気温が低いのだが、そんなの知らないもんね〜。と散歩に出かける。カメラを持って歩いたのだが、どうも都会というか人工的なものには興味が向かない。車、街灯、ビル・・・・と目を向けるが、雨の中の美しさは見つからないねぇ。人を写すと肖像権あるしで、町中はパスですよ。

帰りに雑司ヶ谷霊園を通ったが、やはり、ここは緑が多くてよろしい。雨の中の草木はのびやかで気持ちが良いです。やはり、自然の多い山に近い地域などに行き、自炊するのが自分には一番の贅沢に思えます。パソコンも面白いのですが、インフラさえ山にもあれば、たまには自然の中で暮らしたい。と願いますね。

雨中の草木

author : Takao | comments (4) | trackbacks (0)

花より団子

2008.05.27 Tuesday | 生活・仕事

音羽通りにある群林堂の前を通ったら、いつもは人の行列を見かけるのだが、お客が一人も居なかった。で、お団子と三角豆餅を購入した。この群林堂さんは、有名の様でよく店頭に行列が列んでおり、「群林堂=豆大福」で知られているようだ。
「群林堂」でGoogleと、28000件ヒットし、「地元では有名な豆大福のお店」などの記述が見られる。え〜〜、私地元ですが、地元で昔から知られている和菓子店は、むしろ、護国寺寄りの甲月堂さんでしょう。和菓子=季節感という点でも、地域で楽しむ和菓子店として、甲月堂さんは知られてると思ってます。
まぁ、「和菓子でその時期ごとに季節感を味わう。」という余裕、感性が自分も希薄になって来たという、哀しさはあり、他人の事をとやかく言えないのですが、考えてしまいますね。
お団子、大福、三角豆餅など、これらは音羽通りは門前通りであり、昔から護国寺周辺で見られた、日常的に食べる大衆的な、お子様が喜ぶ和菓子でしょう。そんな和菓子店が、身近な場所にあることは、嬉しいのですが、季節ごとの和菓子も味わいたいものです。

下の写真は、購入したみたらし団子と三角豆餅。お皿は上田哲也氏作のお皿。私は、お皿の方が当然上手と思いますね。

団子/三角豆餅

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

荒木経惟氏の個展DMが来た

2008.05.20 Tuesday | アート・写真

タカ・イシイギャラリー(Taka Ishii Gallery)という画廊から定期的にDMを頂くのだが、今回は荒木経惟氏の写真展だった。パンフレットの写真を見て、改めて「ゲ〜〜っ!」と驚いた。写真は荒木の例の緊縛、つまり縄で半裸のどこにでも居るような女性を縛ったもので、今さらこの緊縛写真には驚かない。今回驚いたのは、自分がここしばらく写真を撮り続けて、一つの方向に向かっていたからだ。
自分が向かっていた方向と、荒木氏の方向が大きく違う、むしろ対局にさえあるだろう、という驚きだった。荒木氏の写真は、非日常があり、虚構と現実の間を浮遊する凄さがあるだろう。写真の上手さは、二の次と思える。写真で、荒木氏の対極として、篠山紀信氏が上げられたりするが、まぁ、自分は何処へ向かうのでしょうねぇ??

しかし相変わらす、自分は、写真でテーマを絞り込めないとは思う。写真を通してそれに関わる人達と話すこと、関連する人とのコミュニケーションに最も関心があるのだ。2000年に梅舎茶館でした小展のWebプロフィールで、自分はそのことを明示ていた。

「荒木経惟/花緊縛(Hana Kinbaku)」
開催期間
5月25日(日)〜6月21日(土)
詳細は→Taka Ishii Gallery Web
Taka Ishii Galleryにここでの掲載確認済

荒木ー

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)

散歩しないといけません

2008.05.09 Friday | 散歩、遠出

この所なんだか忙しい日々で、公私ともにやることが山積み!
仕事の他に、両親の引っ越しもあり、関口フランスパン御用達カメラマンが終わったと思ったら、御会式連合会、元会長のS氏より電話をいただき、鬼子母神の盆踊りポスター制作のお話。「ウウ〜、この近所の人達は鬼だね。」と言うのは嘘で、いつもお世話になっております。ただ、ちょっと身近な案件が多過ぎて、自分の潤滑油が切れてしまいそうなのです。

で、本日は2時間ほど周辺を徘徊しました。やっとこのブログタイトルに適切な内容ですよ。こうで無くてはいけません。歩くには良い気候でもあり、気持ちが大変よろしい。雑司ヶ谷霊園は、やはり緑が多く、季節ごとに変化があるのが魅力です。
写真の花は、クスノキの花でしょうかね?

雑司ヶ谷霊園の花

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

バラが咲いた事務所の庭

2008.05.05 Monday | The 雑司ヶ谷

今日はゴールデンウイーク、5月5日子供の日ですね。
「ゴールデンウイーク」、「子供の日」共に関係なく、全く世間様と離れた、人生を歩いているような気もしてきます。「ブログ書いている暇があるなら、仕事を進めて下さい。」とクライアント様から言われそうですが、ちょっと息抜きですよ。逝き抜き。
最近はそんな生活ですが、事務所の窓の側のバラの花が大分咲き出しました。

このバラの名前は何と言うのでしょうかね?カクテルというの?花は全くの音痴ですが、この薔薇は、10年位前にY教授が、わざわざ持参されて、植えに来てくれたバラです。バラは特に面倒を見てあげないと良く育たないのですが、花に愛情をかけない自分なのに、良くここまで来たものです。それは、どうしてなのか?考えることも無く、Y教授をはじめとした周囲の人の気持ちによるものと思え、ほっと一息つけました。お互い良かったねぇ、バラ君。

バラ

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)