オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

赤丸ベーカリーのシベリア

2008.03.29 Saturday | 生活・仕事

先日の(3/24日)旭屋出版「スイーツ・ノスタルジー」で、シベリアを見つけたこともあり、赤丸ベーカリーさんのシベリアはどうかな?と狙っていたが、赤丸さんのシベリアは、若旦那ではなく、大旦那様が作られているようで、いつも有るものではなく、有り難いものなのです。

ともかく、出来上がり時間を見計らって買いに出かけた。シベリアが、自分を待っていた様にありましたよ。よしよし買うぞ買うぞ!と4個購入(1個180円)。午後のおやつに食べてみたが、これは作り手の人柄が伝わって来ますね。やはり、作り手が見える、食べ物には良さがあると改めて思える、嬉しいおやつです。
写真は、購入したシベリア4個。もちろん、一人で4個全部は食べません。

赤丸シベリア


赤丸シベリア3

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

肉の成田屋ローストビーフ

2008.03.27 Thursday | 生活・仕事

池袋サンシャインの帰りに、今日は久しぶりに、お弁当でも買って済ませましょう。と西友に寄った。しっかし、あまり食欲をそそるようなものがありません。「困ったねぇ。」と東池袋まで来てしまったが、やはりここは「日出優良商店会」ですよ。
また肉の成田屋さんで、ローストビーフ(4枚350円程度)を購入。お店のお姉さん?が「ブログ見ましたよ。」とおっしゃり、bunny.co.jp以下のその他コンテンツにも、いろいろとご視察されたようで、少し驚きました。「ローストビーフも紹介してよ。」と言われて、また少し驚きましたが、まぁ、フランスパンに挟んで食べる訳だし、これで良ければと写したのが下の写真です。
それにしても、我ながらお昼にローストビーフとは豪華なものです。

成田屋3/27

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

肉の成田屋+赤丸ベーカリー

2008.03.25 Tuesday | 生活・仕事

今日は、護国寺、鬼子母神、そして池袋と用事を済ませ、帰りに東池袋の「日出優良商店会」に向かった。
昨日、赤丸ベーカリーで、バゲット(240円)を購入してあったので、ここは肉屋さん成田屋さんで、ポテトサラダ(198円200g)と自家製焼豚(250円程度)を購入した。う〜む、やはりこのお店は安い。これは自分の「雑司が谷PickUp」で紹介させて頂きましょう、と、お店の方にお願いしたら、快く了承して頂けた。後日取材させて頂きます。ありがとうございます。
事務所に帰り、さっそくお昼の用意。買い置きのサニーレタスを添えて、はい、出来上がり。十分な食事でした。

成田屋

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

昭和のお菓子&おやつ/スイーツ

2008.03.24 Monday | 生活・仕事

旭屋出版のN氏が事務所に来られた。
「すいませんねぇ、こちらから出向きますよ。」と今回もお迎えしたが、この方は、旭屋出版で偉い方なのだが、たまに、わざわざ来所される。
持参された書籍の中に、「スイーツ・ノスタルジー/Sweets Nostalgie・中野佐和子著」という本があった。内容は、昔懐かしい昭和のお菓子&おやつ紹介、レシピで、子供の頃の身近なお菓子が49種類載っている。カルメ焼き、甘食、べっこう飴、ロシアンケーキ、シベリア、・・・・おぉ、コッペパンもありますよ。揚げパンもあります。甘酒もあるしで、これはこのオヤジBlogで騒いでいるものが掲載されており、とても興味深いです。N氏に「内容をBlogで少し紹介させてよ。」と無理やり?了解を得ました。これで版元様の了解は得ましたので、著者様のご了解が必要ですが、N氏から話をしてくれるとのことですので、後日この本を絡めて書いてみます。

そう言えば、赤丸ベーカリーさんのブログ(3月22日)で、「シベリアブームもあなどれない・・」と言われてます。これは是非、赤丸さんのシベリアを買いに行きましょう。

旭屋スイーツ

author : Takao | comments (1) | trackbacks (0)

今日は関口フランスパンで・・

2008.03.23 Sunday | The 雑司ヶ谷

今日は、天気も良く、散策日和だった。というより散策日和らしかった。と言うのも、朝から関口フランスパンに直行し、商品撮影でパンと睨めっこが午後まで続いて、あまり外のことは記憶に無いのだった。ただ、関口フランスパンの店内は、かなり来店されたお客さんが多く、また、帰宅途中の椿山荘にも人出が多かった。

プロでも無く、なれない撮影で疲れたが、撮影に関わっていただいた、3人の方々のご協力によって、何とかこなすことが出来たと思え、やはりオヤジには、周りの人の助けが必要と確認出来る日でもあった。
下の写真の商品名は、現時点で未確認。でも美味しそうでしょう?

関口フランスパン

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

神楽坂のアユミギャラリーへ

2008.03.22 Saturday | アート・写真

今日は天気も良く、久しぶりに神楽坂のアユミギャラリーに向かった。
知人のY教授の個展を見に行ったのだが、やはり、神楽坂はあか抜けており、雑司が谷から行くと町に来たという華やぎを感じる。アユミギャラリーの前で、下の写真を撮っていると、おぉ、ギャラリーのオーナーSu氏に声をかけられた。Su氏とは、このギャラリーの前のスペースで、以前は焚き火をしたりして、良く話をしたものだった。
そこに、以前事務所に関わっていただいた、Sa氏から声をかけられる。グ〜、この方は、今や「恋する水門―FLOODGATES」の著者で、武蔵野某大学の助教授様です。Sa氏にはお世話になったのに、ご挨拶もせず相済みません。
そうそう、今日の目的のY教授の個展を拝見、とギャラリーに入ったが、残念ながらY教授はご不在だったが、奥様にお会い出来き、短時間に、ずいぶんお世話になった方に、お会い出来たのが幸いだった。

やはり、雑司が谷でゴソゴソしているばかりではダメで、神楽坂などの文化的な場所にも、出かけないといけません。

横溝氏写真展

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)

コッペパンよりフランスパン?

2008.03.19 Wednesday | 生活・仕事

昨日、朝の散歩がてら、江戸川橋の関口フランスパンに寄った。
ここ(パティスリーダノワーズ店)は、関口フランスパンの3店舗の中で、朝7時には開店しており、朝食を取る来客も多いようだ。パンとお茶を軽く食べた後、ファイセル(221円)フォンデュ?(126円)を購入した。
お昼前、池袋で用事を済ませたついでに、東武百貨店、地下食品売り場に向かった。今度は三越本店の時と違い「フランスパンに、良いおかずは無いかな?」と回ったが、ローマイヤという洋惣菜屋さんで、ハンバーグ(350円)とポテトサラダ(245円)を購入。
事務所に戻り、さっそく昼食の用意。やはり、ハンバーグとフランスパンでは、パンに挟むより別のお皿に取り分けた方が良さそうで、パンとおかずを分けて、さっそく食事をした。このフランスパンと、おかずの組み合わせは、やはり美味い。日本生まれのコッペパンは、フランスのパンにやはりひけを取るかもしれない。
今や雑司が谷周辺で、コッペパンよりフランスパンがメジャーと言うか、美味しいものが多く、手に入り安い時代になっているのだろう。その供給店として、関口フランスパンと赤丸ベーカリーの存在は大きいと思った。

しかし、東武百貨店のサイト、「洋・中惣菜」という項目があり、その中に「洋惣菜<ローマイヤ>B2F6番地」の情報しか無く、商品名すら無い。各店舗Webへのリンクもない。tobu-dept.jp以下の構成を見ても、目的の物があるのか?さえ解りずらく、Google無しには探せない。きっと、東武百貨店サイトはネット熟達者用のサイトなのでしょう?

フランスパン&ハンバーグ

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

コッペパンが私を呼んでいた?

2008.03.15 Saturday | コッペパン

お腹が空いたので、早めにサンシャインでミートソースとコーヒーで食事したが、今日もまた帰りに日ノ出町の商店街に立ち寄った。この商店街、正式名称は「日出優良商店会」のようだ。
八百屋さんで、ポンカン一袋(8個/300円)を購入。そして、3月13日に行った「サン・ジュール」にまた寄った。おぉ、今日は揚げたコッペパンを発見。揚げコッペパンは、これも懐かしいもので、小学校の給食は、5、6年の頃はたまに食パンのこともあったが、給食はほとんどコッペパンだった。そして、たまに揚げコッペパンも登場し、砂糖をつけて食べたのを思い出す。

そんな思い出もあって、当然、揚げコッペパン(110円)を購入。普通のコッペパンも追加購入した。今度はイチゴジャムを塗ってもらい(110円)2個合計で220円也。ここの揚げコッペパンには、きな粉がついているが、まさか近場で、揚げコッペパンに出会うとはねぇ。今まで自分は、何を見て生きて来たのだろうか?ただ、時流に流されていただけとも思えて来る。

写真は、8個/300円のポンカンときな粉付き揚げコッペパン(手前)、ジャム付きコッペパン(後ろ)。

コッペ&ポンカン

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

またお昼はコッペパンだぞ!

2008.03.13 Thursday | コッペパン

今日は雑司が谷から大塚方面に散歩した。
大塚からの帰り道、日ノ出町、水窪と言われていた商店街を歩く。この商店街、昔は人とぶつかる位かなり賑わっており、最盛時は、近辺でちょっとしたものでした。しかし、今は閑散としてしまい、まるで祭りの後のようだ。この辺りに住んでいる知人もいるので、こんど今はどんな感じか聞いてみよう。

お昼を調達しましょう。と「サン・ジュール」という小さなパン屋さんに入る。ガハ、何とコッペパンがありますよ!流石、古くからある商店街のパン屋さんです。コッペパンを2個購入(1個110円)、ジャムなどをつけても110円で、ジャムはサービスとのことです。そう、昔はサービスでしたよ。流石、さすがです。しかし、ここでも失礼ながら無料のトッピングをパスしました。と言うのも、近所に肉屋さんがあり、こんな商店街では、商店街の中でトッピングをしないとつまりません。
今度は肉屋さんに直行し、青年がフライを買うのを待った後で、コロッケ(60円)とメンチ(73円)を購入しました。帰ってお昼は、コッペパンに、先日購入したサニーレタス、メンチにソースをかけて、はい、出来上がり。すぐ頂きました。

今や閑散とした商店街ですが、この商店街は流石ですよ。安いでしょう。

コッペパン


author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)