オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

EUのoutpostで立ち往生

2008.01.20 Sunday | ゲーム・Web > Entropia Universe

相変わらず、オンゲーEntropia Universeで散歩は続けている。

2つの陸地のうち、Eudoriaのテレポートpointは全て回ったが、もう一つのAmetheraはまだ半分程度しか回っていない。

初心者なのに全てのテレポート巡りは危険だが、だから良いのですよ。確かに先日Ametheraの南部、島に渡る手前のoutpostで少し立ち往生した。周囲は高レベルMOBが群居してどの方角に向かっても抜けられない。10回以上死んで出られたが、これを機会に対策をまとめておこう。ちなみに、関連情報を英語で検索すると少ないが情報はあります。

・outpostで立ち往生した時の対策---------

1.隣接するoutpostの位置を確認し、1つの方向でMOBの群れが無い方向に行く。ダメなら群れは移動するので、時間を変えて試みる。

2.Decoy(おとり)をディスペンサに入れてMOBの追跡をかわす。共にTTで購入。

3.MindforceのTeleport Chipを使いテレポートして外に出る。
ただTeleport Chipの他に、Mindforce Implants、Mind Essence、他にもMindforceを発動するための機材がいろいろ必要。そろえるための経費がかかるが、テレポートは何かと便利。

4.outpostに来た他の高スキルユーザに助けてもらう。

5.救助活動団体(Rescue Service)に助けてもらう。
なんとRescue Serviceサイトがあります。1つのゲームの救助活動をするとは面白い。(下の写真)

------------------
自分の場合、1.の手段で外に出られたが、Atraxなど強力MOBが群生している所もあり、今後散策するために2.3.を準備した。
5.Rescue Serviceは依頼していないので、詳細はわからない。
------------------
Wolfenstein、Counter-StrikeなどFPS(First Person shooter)ゲームをしている人には、何ともダルイゲームかもしれない。Wolfensteinは魅力あると思うが、自分には合わない。EUは、予算を立てて自分なりに進められるのがよろしい。

Rescue Service

author : Takao | comments (1) | trackbacks (0)

Xfireの興味深い点は、

2008.01.19 Saturday | ゲーム・Web

最近、オンラインゲームはEntropia Universeをしているが、「Xfireに対応したのでダウンロードしてください。」という内容のアナウンスがあった。

・Xfireとは何?
Xfireとは何なの??と調べると、ゲームというカテゴリ内で使用する、インスタントメッセンジャー(Instant Messenger 別名:IM)のことで、つまり、複数のオンラインゲームでリアルタイムコミュニケーションを実現するアプリケーション(Wikipedia参考)と解る。IMとしては、MSNメッセンジャーが知られているだろう。しかし、ゲームというカテゴリで、複数の対応ゲーム間を横につなげる機能は興味深く、コミュニケーション範囲の広がりが確実だろう。
Xfire対応オンラインゲームは、主に欧米圏であり、友達を登録し連絡を取るものだが、オンゲーで友達などいない、ギルドにも加入していない自分には、これ必要ないですよね。

・Xfireの興味深い点
しかし、どんなものかとインストールしユーザ登録を済ませ、使用すると友達登録もしていないのに、「友達の友達」欄にユーザが表れた。(写真左側)各ユーザの詳細を各々に見る事が出来て、国籍、年齢が少なくとも解る。
ユーザページ(写真右側)の左下には、各ゲームの10ランキングが表示され、今の状況が解るのも興味深い。あまり知られていないが、ユーザ数が最大で800万人となったと聞く、World of Warcraftが今もランキングトップにあり、運営会社のBlizzardは、さすがです。

・他のカテゴリで使用
ゲームではなく、たとえば大学というカテゴリで、Xfireのようなアプリケーションが使用されるのを夢想するのだが、日本国の遅い進展からも、それが現実のものとなるのは、自分が生きている時にはムリかも知れない。
それを一昨日(1/17日)事務所に来た青年Tさんに話したら、「永遠にムリでしょう。」と言われてしまった。汗、泣。

xfire

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

甘酒の学習

2008.01.14 Monday | 生活・仕事

ここ数日、3coinsの鍋+小山酒造の酒粕で、甘酒を作り喜んで飲んでいるが、Wikipediaなどネットの関連情報を見ると、甘酒の作り方は2種類あるようだ。

1.米こうじともち米で作る(本格的)
2.酒粕で作る(簡略)
とあり1.で作った場合は、甘酒の甘みは砂糖ではなく発酵して糖化した甘みだそうです。また、「栄養は病院の点滴とほぼ同じ内容(Wikipedia甘酒より)」など知らない事がいろいろとありました。
1.の作り方をこの年になるまで知りませんでしたねぇ。やはりインターネットは勉強になります。これだからネットは、やめられません。

甘酒

author : Takao | comments (3) | trackbacks (0)

酒の糟(粕=かす)探し

2008.01.12 Saturday | 生活・仕事

甘酒を作るのに酒の粕を購入しようと、雑司が谷から池袋のスーパーを回ったが、置いてあるのは、月桂冠など大型量産店の酒かすしかない。自分の場合、多少高額で不味くても、出来れば地域の商品を使いたい。という姿勢で今回も、「何で関東に住んでいるのに、京都の酒粕を使うのさ。」であり、なにより大量に量産される商品に魅力があると思えないのだ。
Googleで「甘酒」、「酒かす」を検索し、関東地域の商品を探した。秩父の蔵元などは知っているが、今回は、東京23区内に唯一となった小山酒造はどうでしょう?親族と思える小山酒店で小売りをされている様子。さっそく電話して確認し、今日は雨だったが赤羽の岩渕町に向かう。酒店のご主人から、「本家は大宮で・・・」など関連情報をいろいろとお聞きした。
小山酒造の酒粕0.5kg(写真左)×2個と新潟の日本桜酒造酒粕1kg(写真右)、合計2kgを購入し、帰路はJR赤羽>池袋>雑司が谷と雨の中楽しい散歩でもあった。

小山酒店



小山酒造酒粕

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

鍋を2つ買ったぞ!!

2008.01.11 Friday | 生活・仕事

1月9日に刃研ぎ堂さんが、「サンシャインには、300円、1000円ショップがあり便利。」と言っていたのを思い出し、そんな店あったよね、と300円、1000円ショップを見て回った。

これは若い娘向けのお店で、イメージの良い雑貨などが多く、食器などの形も奇麗なものがある。
300円ショップの3coinsで、ホーローの両手鍋と片手鍋(共に直径16cm)を見つけた。この鍋がなんと1点300円ですよ。即、レジに行き購入。レジには、若い娘が列んでいて、「変なオヤジがお鍋買ってる。」という視線を感じたが、そんなことは、今さら始まったことでは無いのです。

購入した鍋で、とりあえず事務所で、甘酒を作るのに使う予定。酒の糟と砂糖も買います。

3coins

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

旅猫さん店頭に刃研ぎ堂さんが

2008.01.10 Thursday | The 雑司ヶ谷

年明け早々(1月9日)、刃研ぎ堂さんから、「雑司が谷2丁目の旅猫雑貨店前に来ているので、顔をお出し下さい。」と電話をいただいた。
刃研ぎ堂さんには、Webがあるが、仕事は都内数カ所の路上で刃物を研ぐという、昔見られた仕事のスタイルをとられている。こんな方は尊敬します。なかなか出来るものじゃありません。
パソコン相手に仕事するばかりではいけませんと、刃研ぎ堂さんに会いに出かける。旅猫店頭に行くと、ありがたい事に旅猫店舗内から、小学校にある様な小さな椅子を出してくれたり、缶のお茶を用意してくれたりと、もてなしてくれて、1時間以上長居してしまった。

刃研ぎ堂

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)