オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

吉野家でジャズ

2007.07.31 Tuesday | 音楽・オーディオ

朝食は、午前7時前には食べることもあって、自宅で独りパンと紅茶を基本にした食事がほとんどだ。
しかし、少し気分転換するため、たまに近所のファミレスなどで食べることがある。吉野家にも朝定食があるので、今日は雑司ヶ谷霊園を横切って吉野家へ。

おぉ、吉野家のBGMは、ジャズなんですねぇ。う〜〜ん、納豆定食(370円)をほお張りながらジャズを聴くとは思わなかったですよ。
吉野家の音楽では、中島みゆき、根津甚八の歌う「狼になりたい」が思い出されるが、ジャズは激しい差別、低階層からの声でもあり、都会で最低価格の食を提供する、吉野家には相応しい音楽かも。というより、ジャズ好きの自分としては、低層で生きる励ましに聞こえた。

吉野家

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

鬼子母神の盆踊り

2007.07.20 Friday | The 雑司ヶ谷

今日から鬼子母神で盆踊りがはじまる。
日時は、7月20(金)、21(土)午後7時から鬼子母神境内

そう「ご奉納しないといけませんよ。」と午前中の内に鬼子母神へ向かう。これは個人ではなく、三嶽中島講からの奉納です。
すでに夜店が数件出ていた。夜は賑わうのだろうが、自分は小用があり出かけませんです。興味のある方は是非ご参加下さい。

盆踊り

author : Takao | comments (2) | trackbacks (1)

自己構築のはじまり

2007.07.20 Friday | 音楽・オーディオ

音楽を5、6年は聴いていなかったが、新たにアンプを購入したこともあって、最近はCDを聴いている。現状の再生装置だと、アンプは良いのだが、CDだとやはり昔聴いていたレコードより質が落ちるのがものたりない。

CDだがJAZZも少しはあり、昔聴いていたプレーヤーの演奏を聴き出した。JAZZレコードは昔のものがかなりあるのだが、今の装置では、力不足であり、レコードはお蔵入り状態である。CDだとアマゾン.comなどで簡単に購入出来ることがCD選択の理由ともなっている。

バド・パウエル、コルトレーン、マル・ウォルドロン・・・この辺りの演奏者を聴くと、自分が20歳頃のことを思い出す。
あの頃は、年明けの正月三ヶ日は、神保町の「響」というJAZZ喫茶に必ず行っていた。簡単に言うとJAZZの魅力からなのだが、今まで自己に目を向けておらず、自分のベースが無い。と気づき、混乱し混沌とした自分がいたことがある。1から自分の土台を構築して行く必要を強く感じた。進路は理工系だったが、学ぶ分野にその答えは見えにくく、本を乱読した結果、芸術系にその試行錯誤があり、美術系に進路を変更した。
この思い自己構築の必要性が、自分に取ってのはじまり、原点だったと40年近く経た今も思える。そんなことを再確認出来るJAZZは、やはり自分にとって魅力的なものだ。

Blogは、一般に日記とも捉えられるが、このシステムでそろそろ真面目に自己の試行錯誤もはじめよう。次の自分のステップのために。

JazzCD

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

豊島区立中央図書館OPEN

2007.07.19 Thursday | The 雑司ヶ谷

エアライズタワーに隣接するライズアリーナビルに、豊島区立中央図書館が、7月16日にオープンした。4階、5階が図書館となって、蔵書もあり、また5階でゆっくりと本が読めそうだ。
雑司が谷からも近く近隣に住む者にとっては、ありがたい施設だろう。ちょっと場所を変えて、調べたり出来るし、個人的には、地域周辺の資料が豊富にそろうことを願う。中央図書館関連サイトによると、閲覧席208席、パソコン持込み席16席とあるが、自分の場合は、ここにパソコンを、わざわざ持ち込むことは無いだろう。

館内の写真撮影は、基本的に不可。他の利用者の方の肖像権があり、許可が必要で、これは肖像権でトラブルになる可能性があるからだ。下の写真は、係の方の同行の上、開館前に撮影させていただいた。

図書館前

図書館内


author : Takao | comments (0) | trackbacks (1)

サンシャインシィティ

2007.07.18 Wednesday | The 雑司ヶ谷

ここ5、6年、遠出をする気も無かったので、池袋サンシャインシィティにはお世話になった。
気分転換するために、生活圏内のカフェなどで、人出の無い午前中にお茶を飲んで、タバコで一息つくのだが、一つのお店だと飽きてしまう。サンシャイン内でも、マックやドトールなども利用したが飽きてしまった。
最近は、木村コーヒーに良く出かける。当然店によってその客層が違うが、この木村コーヒーの感じは、比較的落ち着いた大人が、多いのが気に入っている。
隣に池袋の老舗書店、新栄堂書店が最近はす向かいから移動して来て、より落ち着いた場所になるだろうか?静かなのが良い反面、この2つのカフェと書店は繁盛してもらいたく、お客が少なく店の売上げが出ずに、閉店も困りそのバランスは難しい所だ。

木村コーヒー

新栄堂書店


author : Takao | comments (0) | trackbacks (1)

プールに行こう!!!

2007.07.17 Tuesday | 散歩、遠出

唐突にプールに行くことにした。
だが、決して水泳が得意なわけではない。その上、この5、6年座敷牢状態だったので、かなり表に出て行くことが出来なくなってしまっている。10〜20年位前は、仕事で全国各地に行く機会があり、ホテルでボ〜ッとしているのもつまらなく、ホテルのプールやその地域の施設で泳いだものだった。
プールは、ホテルのプールと公共施設のプールなどがあるが、リーガロイヤルホテルなどの高級施設は健在なのだろうかねぇ?近所では、フォーシーズンズホテルがあるが、ここ私、全く関係ないス。改めてサイトでプールを見たが、あのデコレーションは何なの?あれが高級なんでしょうか?目白のリッチモンドホテルは、以前高級思考だったが、ロイネットホテル傘下に入ったようだ。
まぁ、ホテルのプールはネットで見るくらいにして、自分の様な座敷牢から出た賤民は、当然公営のプールですね。
author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

ヤマダ電気 LABI池袋だって

2007.07.13 Friday | 散歩、遠出

今日、池袋のビックカメラに行ったら、カメ池袋本店の側に大きな家電店がopenしてた。1階は埋まるほどの人だ。LABI池袋とは、群馬県前橋市に本社があるヤマダ電気の展開する店舗らしい。
ふ〜ん、どれどれとオタクである自分も店内へ、一応パソコン関連売り場は見学した。カスタマイズPCコーナーで、店員さんに呼び止められたので、少し立ち話をした。まぁ、50過ぎのオヤジは、一般に良いカモだろうよ。
しかし、彼は秋葉原のFRONTIERから来たとのことで、カスタマイズPC、秋葉の話などで、特別売ろうという訳ではなかった。まあ、「カスタマイズPCと言えば、プラットホームかな。」と言ったからかも知れない。
プラットホーム様のサイトを久しぶりに拝見したが、マニアックなものとは違い、ずいぶん前とイメージが違います。時代は変わったのでしょう。

結局、LABI池袋は、ビックカメラより一般的なユーザ狙いと思えた。ビックカメラは、店内でビックカメの歌をガンガンというイメージで、なんとも池袋的だが、それを嫌う女性客も多いかも知れない。

LABI

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

散歩は飽きましたよ

2007.07.12 Thursday | 散歩、遠出

今日も雨です、東京、雑司ヶ谷は。
このBlogをはじめた4月頃は、雨でもニコニコして散歩に出かけましたが、どうも最近は、そんな気になれません。簡単に言ってしまえば、散歩が飽きたのですが、何でも飽きるのは当たり前で、これははじめっから解っていたことでしょう。
まぁ、梅雨という苦手な季節でもあり、自分の昔のWeb(1999)を見ても、梅雨を何とかしようという抵抗があるのですが、良い方策は見つからないまま、漫然と時が過ぎた、と反省しなければなりません。

散歩にしても、周辺をただ歩くのでは無く、目的を持って歩くなど、大人ですから悪い頭でも知恵を使うよう考えます。

アザミ

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

池袋で事務用品の購入

2007.07.10 Tuesday | アート・写真

以前はグラフィックデザインの仕事をしていたので、事務用品というか、文房具、画材をかなり使った。
10年前までは、東急ハンズ、西武LoftやToo、世界堂。場合によっては銀座の伊東屋などの画材店でよく購入したものだ。定規、消しゴムなどの基本的な用具は、質の高いものが必要だったし、広告制作で撮影のモチーフ作りでは、品質の高い素材を必要とした。しかし、デジタル化が進むとそれら質の高いものとの関係が、希薄になって来たことを実感する。
そういえば、事務所展として「平机からコンピュータへ」という展示もしたことがあったが、これは1997年であり、ちょうど10年前になるが、その当時でも事務所の仕事内容は、Web制作が多くをしめていた。

デジタル化が進んだ今でも、事務用品は必要な道具だが、その使用頻度は激減し、何より最高級のものが必要とは思えなくなった。そこそこの国産品でOKですよ。これは以前より、事務用品というものと使い手の関係が低下したことでもあるが、今の所、改めて高級定規を持ち出し、復縁しようとは思わない。

池袋に「Office Depot」という事務用品店が出来たが、この店、デパート系の売り場より同じものが安くて良いです。

OfficeDepot


author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)