オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

蒸し暑いけど外へ

2007.06.29 Friday | 散歩、遠出

池袋に用事があり、雑司ヶ谷から池袋まで今日も徒歩。
往復する途中、事務所でパソコンに向かっているより、緑の多い所で一息入れた方が、気持ちが良かろう。というのが目的でもあった。
14時過ぎだったが、やはり都会の生暑い風であっても木陰は気持ちよく、木々の緑は良いものだ。

木々

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

東京DC vs 東京独立

2007.06.27 Wednesday | パソコンでお勉強

作家、猪瀬直樹氏の「東京DC」案は、都内を国の直轄にするというものだが、それでは、この反対、つまり東京独立の提言は無いのか調べた。
「東京独立共和国」水木 楊 (著) という1999年発行のSFがありますね。また、野口悠紀雄氏の「東京は5分で独立できる」がありました。まぁ、東京を国の直轄にするのか、独立国にするのかの是非はともかく、野口氏の言われる、

>日本のどの地域も、従来型産業に依存せずに情報産業立国をめざせば、経済的に自立しうるはずである。

といった、IT(情報通信)産業分野が今後の経済の力となることは、すでに10年前から言われていることで、これにチャレンジすることが、どの地域でも必須であり、失敗して負債を負うこともあるでしょうが、失敗して負債をおった後に、東京を国の直轄にすべきかどうかです。チャレンジが前提であり、何もしないでお金がない、とは仕事をする大人が言うことでは無く、情報産業無しに経済が良くなるとは思えません。
author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

Web検索での情報収集

2007.06.27 Wednesday | パソコンでお勉強

もう5年以上は、テレビなどのマス媒体をほとんど見なくなっている。
情報収集は、朝日新聞などの大手情報サイトに行くより、ほとんどGoogleなどの検索サーバで、テーマキーワードを決めて検索し収集している。

「今後はますます格差のある社会となるのかな?」と「格差」などで検索し、Webを回っているが、格差で言われるのは、経済、所得面の情報が多く、それも世代格差、地域格差は気になるテーマだが、個人的には、東京の劣悪人工環境に対し、山間部の自然に満ちた環境格差を指摘した、日本国内の自然環境格差情報などほとんど見つからない。まぁ、地域による自然環境格差など特異な視点かも知れないが、個人的には自然環境の良さは資産とも思える。

経済、所得面での格差を探して興味深かったのは、作家猪瀬直樹氏の提唱した(今年の春らしい)、「東京DC」という所得やインフラなどの格差是正案なのだが、何なのこれ??東京DC vs 東京独立に続く
author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

西武池袋線で西吾野へ

2007.06.25 Monday | 奥武蔵、飯能に行く

近所の散歩は少し飽きてしまった。
西武池袋線に乗り、飯能方面まで行き、やはり吾野周辺かなと西吾野で下車する。この奥武蔵では中学生の頃から川又、名栗辺りで良く野宿したのを思い出した。父が渓流釣りキチで、キャンプに戻るのは夜中のため、よく広めの滝壺の側で、たき火して食事を作ったりし、一人で過ごしたのは今では貴重な経験だったと思える。
もう40年前となり、その頃はまだこの辺りの渓流にはヤマメがいたし、支流全体が何キロも蛍で満ちた夜があったなど自然の中の意外性、魅力を味わえたことは確かだ。

そんなことを思い出しながら、西武池袋線に揺られたが、往復ともに居眠りの連発で、この居眠りは気持ち良く、人の少ないローカル線に乗って居眠りするのは、極楽ですよ。

歩行時間:1時間半、交通費:610+610+410(帰路特急券)=1,630円

西吾野の川


西吾野水辺

author : Takao | comments (0) | trackbacks (1)

Skypeでの年配者話し相手

2007.06.24 Sunday | パソコンでお勉強

Skypeをオンにしておいたら、シルバーシートと言う所からメッセージが来た。
ちゃんとしたコンタクトのお誘い文で、Webもあった。ゲー、ウ〜〜、でもこれってシルバー世代のSkypeコミュニティですよ。どうも自分は、シルバー世代に両足が浸かっていると再認識しないといけないらしい。

まぁ、硬いこと言っても前に進みませんので、そのシルバーサイトで登録し、Skypeのコンタクトも承認。
事務局のT氏がオンラインだったので、Skypeで1時間近くお話しました。主旨の方向性はとても良いと思います。確かに高齢化社会で50代以上のコミュニケーションの場を、ネットでも試行する必要があります。しかし、乏しい経験からすると、高齢者のネットコミュニティは、その規模の大小に関わらず、成功の確率は低いと考えます。
でも、必要と思えることを実行するのは、とても良く、今後のために実験しなければ、はじまらないでしょう。

会員は50歳以上で、関心のある年配者はご参加お願い致しますです。
シルバータウン

skype

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

音声orビデオチャット

2007.06.23 Saturday | パソコンでお勉強

音声、ビデオチャットのサービスをこの所調べているが、バーチャルシティ「Second Life」で、数ヶ月後には音声利用が公式にはじまるようだ。
ボイス、ビデオチャットが可能なアプリケーションは、Yahoo!メッセンジャー、MSNメッセンジャーなどかなり選択肢が多いが、広域での使用となると、Skypeが良いのだろうか?
だろうか??というのは、ICQ、MSNメッセンジャー、Skypeは、かなり前に使ったことはあるが、MSNメッセはチャットで、Skypeはテスト程度の使用をしたのみで、使用していないも同然。それにしても、今ICQユーザって日本にいるのかな?gooeyは、同サイトにアクセスしているユーザーとチャットが出来て、これ好きでしたがもう無いも同然みたいだ。

SNSであるキヌガサでも音声チャットが出来るらしいとログインしたが、ありゃ、Win系OSのみの対応で、これは不十分。Skypeは、ビデオチャットも出来るようになったようだしで、これをWinXPOS端末に結局インストール。
いくぞ、行くぞ。ビデオチャットだってやるぞ!・・・だが、相手がいないと出来ません。
う〜ん、前のSkype導入の時もそう言えば同じだったよ。〜('^ω^';)〜
Skype
ICQ
キヌガサ
gooey
ボイスチャットSecond Life

マイク

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

東上線中板橋から池袋へ

2007.06.23 Saturday | 散歩、遠出

とりあえず7時過ぎに、雑司ヶ谷霊園を抜けて池袋駅まで歩く。
池袋から東武東上線に乗り、中板橋駅で下車。何故中板橋なのか?は特に理由は無く、まぁ、南東に向かえば池袋に着くでしょう、という漠然とした予定なのだが、この曖昧さは都会ならではかも知れない。少し歩けば川越街道、南下しても有楽町線、西武池袋線とあり、バテても帰路選択は豊富にある。

緑が無く、車が多く、日差しが強いのが難だが、6月の今の時期だと午前中は太陽が東にあり、南に向かうならビルが日陰になって、裏道には車も少なく、不快どころか以外と快適なのであった。池袋で一服して、帰宅は10時。
歩行時間:2時間弱、交通費:140円

大山

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

雑司が谷の町内会掲示板

2007.06.19 Tuesday | The 雑司ヶ谷

朝方、お茶でも飲みにと思い、外に出たら、雑司が谷1丁目町会長のT氏に、豊島区の掲示板の前でバッタリお会いした。
あれれ、鬼子母神の盆踊りポスターを自ら貼られてます。ポスター制作したこともあり、町会長さまのお手伝いに同行しました。
この盆踊りポスターは、昨年も池袋から文京区に隣接する雑司が谷1丁目までの各町会掲示板に貼られていました。その地域だけで町会数は、どの位あるのでしょうね。2〜30はあるかも知れませんが、それら複数町会の連携で盆踊りポスターが、貼られるのは凄い連携力です。

ネット上では、SNS(社会的ネットワークをインターネット上で構築)で多様な文脈のつながりが模索されており、それは前向きにドンドンやるべきですが、リアルな場で暑い中、掲示板にポスター貼るのも良いものですよ。

盆踊りポスター

author : Takao | comments (0) | trackbacks (1)

雑司ヶ谷は日差し強過ぎ

2007.06.17 Sunday | The 雑司ヶ谷

ここ数年かなり日差しが強くなったと感じる。
今日は風が爽やかなのだが、この日差しの強さはなんなの?
東南アジアにいるようで、これでは紫外線も強いでしょう。大切なお肌が・・という柄では全く無いが、散歩中に金属物が、かなり光るのが頂けません。中でも車は良く光り、これは環境汚染物ですよ。車は、車検制度で10年以上維持しにくいのだから、いっそのこと、木で作るのはどうなの?ガハハ、なんて言うとオマエも汚染物と言われそうです。

光る車

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)