オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

革と服"am"&布雑貨"cocoko"

2010.12.20 Monday | イベント

昨日は打合せがあったのだが、一寸、鬼子母神・大鳥神社で開催される手創り市に寄ってみた。
まぁ、手短にザッと見ましょう。と大鳥神社に入ったら、入口の角に革細工のお店があった。わたしは革細工は余り見ないのだが、これは以外としっかりと作られている、と思えるものだった。

確かにしっかりと手作りされた、財布や名刺入れを使う生活も良いものかも知れない。と思え、お店の人と話していると、何と茨城県笠間市の第7回道の市でお会いした、革と服"am"という男女のお二人だ。1年半位しか経っていないが、あの時より、しっかりとしたした細工に思え、確実に腕を上げられたと思えた。これは実に素晴らしい。
それは自分に帰って見ると、この1年半で、自分が何らかのスキルなどを明確に上げられただろうか?単に寝起きして、食らっていただけという情けない年配と化していなかったか?
先日大学のスクーリングで、家具職人をしている40歳近い教員のKさんに、「先生は、踏み台ですよ。踏み台。」と言われたが、そんな事は、言われなくても解っているよ。出来れば、踏み台に成ることが最低限のことにしたいものだ。

鬼子母神境内に行くと、粘土人形を制作されている楓月さんに、バッタリお会いした。彼女は今日は、出店していなく、知り合いのオリジナル布雑貨を大鳥神社で販売されているcocokoさんに行くとの事。
では、と大鳥神社に戻り探したら、革と服"am"さんの近くにcocokoさんが出店されていた。ハッキリ言うと、わたしは布雑貨などに興味が無いのだが、以外と女性は、ここの商品を見る人が多い。
自分の好む物は、一般の人からズレたものが多く、話が合わないのが当たり前だが、cocokoさんのペーパー風バックなどは、外出時には便利で、使い捨てで無いのが良いと思えた。

写真は、上が革と服"am"さんの革製品。下はcocokoさんのペーパー風バック。

am革製品



cocoko布製品

author : Takao | comments (6) | trackbacks (0)