オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

「別れの朝」という曲を聞く

2010.08.11 Wednesday | 音楽・オーディオ

相変わらずYouTubeで音楽を聴いている。

今回は特にオヤジネタになるが、「別れの朝、高橋真梨子 」という動画があったので、クリックしたら、はじめは工藤何とか?という娘さんが歌い、後半を高橋真梨子姐さんが歌ったものだった。(下の動画)
年を経て、円熟した味が見事に出る歌手の方がいるが、高橋真梨子さんもその1人と思えた。YouTubeはデータベースであり、過去からその時々のものが、再度確認出来、比較できるのが、とてもよろしい。
「別れの朝」は、他に世良公則さんも歌われており、世良さんのこの「別れの朝」は素晴らしい。高橋真梨子さん、世良さん共に年齢はわたしと近く、オヤジ、オバさん、そしてやがて、ジジババになるが、今までに見事な歌があると思える。

しかし、「別れの朝」と言うと、ぺドロ&カプリシャス初代の歌手、前野曜子さんだろう。この前野曜子さんは、松田優作主演「蘇える金狼」のテーマを歌われているが、この危なく、ヤバい感じは、現代見えなくなってしまった。このお二人は、惜しくも1990年前に40歳で亡くなっている。

「別れの朝」の原曲は、オーストリアのウド・ユルゲンスの歌う- Was Ich Dir Sagen Willだったと、およそ40年のつながり、流れがYouTubeから掴めるのは魅力的な事だ。
確かに著作権の問題が有るだろうが、年を経るとは、先人のものから、どのような展開をして行くか?その履歴とも思え、それが確認出来るデータベースは、今後必須だろう。

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)