オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

この所暑い!清涼飲料が良い?

2010.07.26 Monday | 飲食・料理

ここ1週間ほど雑司が谷も暑いです。
夏になると、飲み物は、まず麦茶(江戸麦茶/常陸屋本舗)を沸かし出す、麦茶は美味しいですよ。
それに、知人の華僑氏、林さんから頂く中国茶葉と、手作りに近い日本茶、ほうじ茶などを飲んでいる。外出先では、コーヒーを飲むが、キアズマ珈琲かサンシャインの木村コーヒーに行くことが多い。

しかし、余りに暑い日が続くので、先日、炭酸飲料も良いかもね?とコンビニに出かけた。
昔からある、三ツ矢サイダー、カルピス、キリンレモンも健在のようで、カルピスソーダと大人のキリンレモン(ゼロカロリー・500ml )2本を購入。カロリーゼロの物しか無く、砂糖の入っている商品が無かった。
で、事務所で、それぞれ飲んでみたが、ハッキリ言って2本共に不味い。言い方を変えれば、その飲料の特質が不明確、良さが見当たらない。共に炭酸入りなのだから、炭酸の良さがある筈だが、それは無い。
それじゃ、カルピスの旨味があるの?と思えば、それも無い。これは昔のカルピスに失礼ですよ。大人のキリンレモンも昔のキリンレモンに失礼でしょう。
大体「大人のキリンレモン」って何なの?これは「病人のキリンレモン」ではないかと思いますね。何をビクビクしているのでしょうか?こんな状態なら、反対に「不良のキリンレモン」というベクトルもある、と言いたくもなります。

ともかく、カルピス、キリンレモンと共に育った世代と思え、あの子供の頃のインパクトは素晴らしく、夏の新しい飲み物だったでしょう。そう、先進性、創造性があったと思えます。

写真は、事務所窓辺に置いた、大人のキリンレモン。手前からもライティングすれば、商品が引立つと思えたが、この対象の場合これで十分でしょう。

キリンレモン

author : Takao | comments (6) | trackbacks (0)