オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

サンシャイン前のすき家に行く

2010.04.13 Tuesday | 飲食・料理

今日のお昼は、牛丼などがある「すき家」に行った。
この所、このすき家には、たまに出かける。と言うのは、mixiで知り合った学生のMさんが、「吉野家より、断然すき家。」と言っていたので、「どれどれ、すき家に行ってみよう。」とGoogleったら、池袋サンシャインの側に、新しくすき家が開店していた。
ここは前は、オフィス・デポという、事務用品の店だったが撤退し、すき家が入ったようだ。

牛丼と言うと、吉野家があるが、わたしは、吉野家は低階層の人というか、社会で下に落ちた人の店というイメージがあった。それは、狼になりたい/中島みゆきなどの歌にもあり、そんなイメージの中に魅力を感るのだ。何とも都会らしい。
それに比べて、すき家はどうだろう。ここは対象となる顧客範囲が違い、ファミリーまで取り込もうとしている。普通のサラリーマン、OL。子供を連れた若い夫婦。と対象が一般に広がり、昔のファミレスのようだ。
価格も安い。牛丼(並)+サラダ+豚汁で、410円には驚く。店内も明るく、一般の人々に受け入れられるだろう。やはり今どき、「狼になりたい。」などと叫ぶ人種は少なく、今後もすき家が伸びると予想される。

今日、キアズマ珈琲で、すき家の話と、わたしの誕生日が近いことを話したら、オーナー氏が、「すき家で誕生祝いしたらどうです?誕生日だから、一品追加するとか。」と仰り、喜んでいる。
ウ〜ム、流石だ。これは名案かも知れない。社会の潮流からしても、今どき、オヤジがレストランでお祝いでも無いよね。一般客に紛れて、すき家で独り、密かに誕生祝いをしたいものだ。
そうそう、コーヒーが100円だったから、それを飲もう。どんなに質素でも、自分を祝う事は大切と思う。

写真上は、池袋サンシャイン前のすき家の看板。下は、角煮丼(並)+サラダ+みそ汁。480円。

すきや看板



すき家角煮

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)