オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

今年最後の雑司が谷手創り市

2009.12.23 Wednesday | The 雑司ヶ谷

今日12月23日は、雑司が谷鬼子母神で開催される、手創り市年内最後となる。
今回は朝9時過ぎに、まず、粘土人形を作るMIKIさんと楓月さんにご挨拶。でも、MIKIさんは今回で最後となるようだ。そして、以前から気になっていた、高尾あんぱん堂さんで、アンパンを購入し、即食べた。何せわたしと同じ高尾だから悪い訳はない、と目が節穴になってしまうが、これは素朴で美味しい。だがお昼前に売り切れてしまうのが難だろう。
次は、陶芸の前田美絵さんに挨拶。彼女は1月22日〜渋谷でグループ展をやるようだ。

集会室近くの人通りが少ない場所に、「ツグミ工芸舎」という箸など、木製小物を出しているお店があった。ディスプレイに一貫性があって、美しく、またそれぞれの木製品は、木の素材が美しい。
話をすると秩父の皆野から朝早く来られたとのことだ。「雑司が谷までご苦労様です。」と言いたくなる。事務所に戻ってここのWebを拝見すると、シンプルで素朴なWebだ。基本的にこんなサイトは好みだ。
しかし、日本の世俗、つまり日本のメジャーな価値観と一線を引くスタンスがあるのかな?とわたしは、勝手な妄想を抱いたりする。
わたしなども、ツグミ工芸舎さんの箸や器で、渋く日常を過ごせれば良いのかも、と思い。それが今後の人生の方向の正解かも知れないが、世俗にまみれ、それはなかなか難しい。

写真は、上が前田美絵さんのカップ。下がツグミ工芸舎さんの木製品。

前田陶器



ツグミ工芸舎

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)