オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

「小柳ゆき」と言う歌手

2009.12.08 Tuesday | 音楽・オーディオ

パソコンとオーディオをつなげたので、パソコンで音楽を聴くのが快調だ。

最近は主に、YouTubeで見知らぬ若い人の曲を聴いているが、その中に、小柳ゆきと言う歌手がいた。この娘さん、なかなか歌がパワフルでよろしい。
be aliveという歌のパワフルさは凄く、よくもこう投げ出すように歌えるものだ。これは肩こりに効果てきめんで、コリがほぐれます。
家の奥さんに、「小柳ゆき、って知ってる?」と聞いたら、ご存知とのこと。先日キアズマ珈琲で店主に聞いたら、これも知ってるとのこと。「もうだいぶ前に流行りましたよ。」と言われた。
フ〜ン、世の中の人は、知っている人が多いようだ。確かにWikipediaで見ると、2000年から3年間、NHK紅白歌合戦にも出られており、これは彼女の名前を知らないのは、わたしだけ?かも知れない。でもそんなことは、今さらはじまったことでは無いのです。

彼女は、『当時「ガングロ」に近いメークで、いわゆる「コギャル」だった。』(Wikipediaより)らしい。2チャンでも「小柳ゆきは、ゴリラだ。」と若い娘さんに失礼、と思えるスレッドも見られる。
まぁ、不良で出来の悪い子ほどかわいい。と思えるし、彼女が今後伸びるのか?またヒットするか?は解らない。また、be aliveで見せたパワフルでストレートな歌いっぷりは、その時だけのもので、2度と出来ないかも知れない。でも、それで十分でしょうよ。ジャズはそうです。
CDを買うのは、直販で無く、関連会社の売上げ配分が、多過ぎるのが気に入らないが、オジさん、CD買いましょう。と、amazonでbe alive(5曲入り?)を購入。1,260円だった。

author : Takao | comments (6) | trackbacks (0)