オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

池袋地下通路でベルトを買う

2009.12.06 Sunday | 生活・仕事

先日、仕事で上野に行った帰りに、池袋駅の地下通路の露店でベルトを買った。ラフなベルトは2本あるが、そろそろ痛んで来たし、金額は1,000円とかなり安く、これは流石のユニクロも真っ青な価格だろう。

実は、わたし、JRなどの改札がある通路に出店された露店が好きだ。まず、露店は、池袋らしく、この通路の上の東口と西口に百貨店があるが、この2つの某西武百貨店と某東武百貨店は、偉そうで嫌いだ。と言うのも、池袋は元々新興ターミナルであり、闇市から栄えた経歴がある。まぁ、バラックからはじまり、現在に至っており、元々偉そーな地域では無い。

それはともかく、5年前頃に、池袋の某百貨店でベルトを買った。10,000円以上したが、一枚皮で質が良いかな?と思ったからだ。その帰りに地下通路の露店でまたベルトを購入。これは1,000円と10分の1以下の価格で、革のクズを圧縮しているようだ。
今までこの2点を使ってみて、意外と1,000円のベルトが、使い易く、耐久性もある。「素材のクズを使う。」と言うと、サントリーの烏龍茶がそうだろうが、あの烏龍茶に比べると、遥かに通路露店の1,000円ベルトは、コストパフォーマンスが高いと思える。独断と偏見だが、以前購入した通路露店1,000円ベルトは良品です。

で、先日購入した1,000円ベルトはどうか?そんなことは、まだ解りません。使えば答えが出るだろう。たとえハズレでも、ま、1,000円だし、くじを引くようなものだ。また、気に入れば出来の悪いものと、つき合うのも悪くは無いと思っている。

下の写真、下が5年前購入した1000円のもの。中間が最近購入の1,000円。上が5年前購入10,000円ベルト。

ベルト3本

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)