オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

ちょうしたのさんまの蒲焼

2009.05.21 Thursday | 生活・仕事

住んでいる雑司が谷一丁目の側に、ポロロッカというスーパーが、東池袋と護国寺に2店舗ある。まぁ、マルエツ系のスーパーの様で、洒落たスーパーではなく、ありふれたスーパーだ。
先日、このスーパーで商品を見ていると、「ちょうしたのさんまの蒲焼」が何と100円(税込み)であった。これには驚いた。これは凄い。
と言うのも、わたしは20歳過ぎから30過ぎまで、一人暮らしをしており、働きながら大学に通っていた。その頃の目的は「学ぶ事」(これ本当です。)だったため、最低限働いて生活と勉学を維持していた。イザと言う時の夕飯のため「ちょうしたのさんまの蒲焼」を、安い時に買い貯めていたりもしたが、30年以上前のその時代でも、95円程度だった。

この「ちょうしたのさんまの蒲焼」は、30年後の今でもほとんど価格が上がっていない。製造販売会社は、田原缶詰株式会社だが、ここは偉い。
さんまが国外産では?とか、添加物は?とか疑問も有ろうが、この「さんまの蒲焼」に関しては、そんなことは些細なことですよ。味は今となると濃い目で、関東風かも知れないが、正に「ちょうしたのさんまの蒲焼」の味で、これで当然良いのです。
田原缶詰株式会社は、千葉の銚子にある会社のようだが、これは千葉の銚子の名品ですね。素晴らしい。さんまは大量に捕れて、価格も下がるのでしょうが、大漁の時に缶詰にして、広域に低価格で供給することは真っ当な姿勢と思えます。

それにしても、現在は一人暮らしをして、働きながら大学に行くことが難しい。今の若い人は大変だと思うが、働いて得た収入に対して、支出が多すぎるのだ。学ぶ目的のある者には、やり難い時代となってしまった。

下の写真は、「ちょうしたのさんまの蒲焼」。

ちょうしたかばやき

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)