オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

飯能の五十嵐酒造で酒粕を

2009.01.18 Sunday | 奥武蔵、飯能に行く

知人などから「今年は甘酒作らないのですか?」と言われて、そう言えば、昨年の今頃に甘酒を作って喜んでいたのを思い出した。過去ログを見ると、300円ショップの3coinsで鍋を購入した「鍋を2つ買ったぞ!!」から始まり、甘酒を作って「甘酒の学習」などと言って喜んでいる。
何だか良くやるねぇ。と自分自身思ったりもしたが、最近はだいぶ寒くなって来たし、最近良く出かける飯能にも蔵元はあるしで、「寒い季節に暖かい甘酒」とその季節ならではの食材を味わうのは、良いものでしょうよ。

大量生産された物はパスだから、天覧山という日本酒の蔵元、五十嵐酒造をGoogleって、電話で甘酒があるか確認し、地図も見て飯能に出かけた。
五十嵐酒造は、西武線飯能駅から徒歩30分程度で、山側ではなく入間川に沿って行くことになる。お店は思ったより小さいが、店内は蔵元らしい落ち着きのある雰囲気がある。
天覧山の吟醸酒粕(262円、250g?程度)と普通の酒粕(210円)、純米熟成酒などを購入。酒粕自体高価なものではないが、わざわざ時間と交通費をかけると、贅沢なものかも知れない。しかし、近所のスーパーなどに大量流通する酒粕は買いませんねぇ。

写真は、店内にあった吟醸酒粕。

天覧山酒の粕

author : Takao | comments (4) | trackbacks (0)