オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

雑司ヶ谷の歴史散歩?

2008.06.21 Saturday | The 雑司ヶ谷

今日は蒸し暑く、不快。
しかし、午前中、雨は降らないと仮定して、散歩に出かけた。事務所の側にある、お穴の鬼子母神を通り抜け、不忍通りを渡って夜寒坂に。ここは文京区だが、以前(昭和41年まで)は文京区雑司ヶ谷だった。今は町名が変わっており、目白台という偉そ〜な、かといって歴史を無視した町名となっている。まぁ、日本女子大学や田中元首相宅、講談社の野間家の屋敷などがあり、とても私など端を歩かせて頂く感じでもある。しっかし、知らんもんね〜と、カフェ水野で一息ついた。
カフェ水野から豊島区側に入り、またしても赤丸ベーカリーに立ち寄る。赤丸さんから鬼子母神や副都心線「雑司が谷」駅を徘徊し、法明寺へ向かった。

やはり、雑司が谷というと、文京区のプレート説明(写真上)にあるように、法明寺、柳下家が室町時代(1336年〜)あたりから、この土地に居られて、雑司ヶ谷という町名は、この2つのどちらかが関係しているだろう。雑司ヶ谷で、法明寺、柳下家は別格とも思える。
写真下は、法明寺の山門を入った本堂の前。

雑司ヶ谷プレート


法明寺

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)