オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。
<< 赤丸ベーカリーのバケット | TOP | パソコンにオーディオを2 >>

パソコンとオーディオをつなぐ

2009.11.13 Friday | 音楽・オーディオ

音楽はオーディオで聴くが、どうもパソコンで音楽を聴く事も多くなった。しっかし、パソコンの音は悪い。わたしはパソコンを主に3台使っているので、3台のPCにスピーカーを付ける気にはとてもなれない。
以前からパソコンとオーディオをつなげたいと思っていた。出来れば、「ジャズのレコードがあるので、デジタル化してPCで聞けると良いよね。」とも思っていた。で、ネットを調べると、いろいろ方法があるようだが、「USBオーディオインタフェース」なるものが手頃のようだ。

まぁ、USBオーディオインタフェースにしても、いろいろあるが、TEAC(ティアック)のTASCAM(タスカム) US-100が、2009年10月1日に発売されている。価格は9,800円(税抜き)程度のようで、この商品ジャンルで中堅レベルだろう。それにわたしは、TEACのブランドには弱く、どうもいけない。
20代にやっとアンプ(トリオ-TRIO)、プレーヤー(CEC)、スピーカー(自作)などでオーディオをそろえたが、TEACのオープンリール(テープレコーダ)は、高嶺の花だった。
その後、オーディオ需要が落ちても、TEACは低価格で、コストパフォーマンスあるものを出していたと思う。今使っているCDプレーヤは、TEACの低価格商品だが、10年以上前のものだ。
だからだから、TEACのTASCAM US-100は買いですと、amazonで購入した。良いか?上手く使えるか?は謎。そんなことは、使わないと解りません。
・使用した記事はこちら→

下の写真は、CECのアンプAMP3300R、後ろはパイオニアSA-6800II(1976年発売だが使用可能)。AMP3300Rは、現在後続機AMP3800がある。CECは良いです。

Buy amazon
ティアック オーディオインターフェイス TASCAM US-100 US-100
CEC AMP3800 LEFプリメインアンプ(シルバー)

CECアンプ

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

Comment

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :