オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。
<< ささやかに冬野菜を食べる | TOP | 梅舎茶館ワークショップ開催7 >>

新潟長岡のお米を見つける

2011.01.17 Monday | The 雑司ヶ谷

昨日も雑司が谷周辺をウロウロと歩いたが、寒さが身に凍みる。ま、東京の夏の暑さに比べれば、大した事は無いと思うが、寒くなったら、それはそれで辛くなり、何とも困ったものだ。

昨日は鬼子母神で手創り市が開催されており、鬼子母神に向ったが、寒いからなのか、先月より人出が少なく思えた。お腹がすいていると、まずはじめにパンやクッキーなど、食品が出店されている場所に良く行くのだが、そこでハジケタ感じのオジさんと美人の娘さんが、ビンにお米を入れて売っているのが眼についた。

話をすると、新潟県長岡市小国町から来られたとの事。普段は米作りをされているとの事だ。実に偉〜い。自分の作ったお米をこの雑司が谷村まで、わざわざ販売に来られている。
お米の他に、生の南京豆(ピーナッツ)が一袋300円だったので、それを購入。帰って電気オーブンで焼いて食べてみたが、これは美味いよ。最近安物で中国産の「何だこりゃ!」ピーナッツがあるが、これは小粒だが上品で、ピチピチですよ。
ま、言い方を変えると、手を掛けて新鮮なものだ。とてもお買い得だった。どうも売り手のオジさんのイメージと違うが、年を伺うと、まだ20代とのことだ。ゲっ、失礼致しました青年ですね。
また、販促用にハジケタ、マゼンダに近い赤のパンフレットがあり、Web(農事組合法人よこさわ)もある。2011年1月16日現在、Webはまだ未完成の様で、これからのようだが、リアルに力強さが感じられ、そんな生産者の方のものは食べてみたいものだ。

下の写真は、お米を販売していた、農事組合法人よこさわの好青年。(ご本人の掲載了解済)

米のよこさわ

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)

Comment

たかお | 2011/01/22 06:53 PM
カオルさま
落花生は美味しかったですよ。
次は、玄米をご注文しようかな?などと思ってます。
そちらに行くのは、まだヤダ。途中で死んでしまいそうです。

ともかく、よろしくです。
カオル | 2011/01/20 09:59 PM
どもー。こんばんはー。

手創り市ではありがとうございました◎
落花生おいしく食べていただいたみたいで幸せでございます。
その落花生の成長も見れたり見れなかったりのブログもみてくださーいね。http://yokosawa.seesaa.net

お米の注文お待ちしておりまーす!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
そして、新潟でお待ちしておりマース!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

p.s 小国町の有名人は"林家こん平"師匠です。

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :