オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

冬の雨の日のキアズマ珈琲

2011.02.28 Monday | The 雑司ヶ谷

土日と暖かかったが、今日は朝からみぞれ混じりの雨で、寒々としていた。こんな日は、行動範囲が狭まるが、一眼レフを持っていた事もあり、鬼子母神ケヤキ並木にある、キアズマ珈琲に向った。

静かにコーヒーを飲んで、ゆっくりと写真でも撮りましょう。と言う狙いなのだ。雨らしい情景と思い、お店に入る前に店頭にある看板を写し、店内に入ると直ぐにオーナー氏が、ブレンドコーヒーを出してくれた。フムフム、なかなか接客サービスもよろしい。
傘立て越しに表などを写していたら、カウンターの反対のカドに居た娘さんから、写真が好きなのですか?と聞かれ話していると、知り合いのデザイナーお姉さんが来店。彼女も年末にカメラを買ったと言われ、1階カウンターは、ミニ撮影会になってもう大変状態。

「静かに写真を撮るのが目的だったのだが?」と言うと、オーナー氏に、一番騒いでいますよ。と言われた。確かにそうかも。
本人としては、静かにコーヒーを飲みながら、写真を写そうという大人の時間を持つつもりだったのだが、どうも方向は違ってしまった。まぁ、次の予定もあるので、早々と事務所に戻った。

写真は、上が店頭の看板。そして中がブレンドコーヒー。下は同じカメラで、オーナー氏が写したカウンター部分。オーナー氏の写真、センスが良いと思う。

キアズマ表看板



キアズマ珈琲ブレンド



キアズマ珈琲オーナー写


キアズマ珈琲 カフェ / 雑司が谷駅(東京メトロ)鬼子母神前駅都電雑司ケ谷駅

昼総合点★★★★ 4.0

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)

新潟長岡のお米を見つける

2011.01.17 Monday | The 雑司ヶ谷

昨日も雑司が谷周辺をウロウロと歩いたが、寒さが身に凍みる。ま、東京の夏の暑さに比べれば、大した事は無いと思うが、寒くなったら、それはそれで辛くなり、何とも困ったものだ。

昨日は鬼子母神で手創り市が開催されており、鬼子母神に向ったが、寒いからなのか、先月より人出が少なく思えた。お腹がすいていると、まずはじめにパンやクッキーなど、食品が出店されている場所に良く行くのだが、そこでハジケタ感じのオジさんと美人の娘さんが、ビンにお米を入れて売っているのが眼についた。

話をすると、新潟県長岡市小国町から来られたとの事。普段は米作りをされているとの事だ。実に偉〜い。自分の作ったお米をこの雑司が谷村まで、わざわざ販売に来られている。
お米の他に、生の南京豆(ピーナッツ)が一袋300円だったので、それを購入。帰って電気オーブンで焼いて食べてみたが、これは美味いよ。最近安物で中国産の「何だこりゃ!」ピーナッツがあるが、これは小粒だが上品で、ピチピチですよ。
ま、言い方を変えると、手を掛けて新鮮なものだ。とてもお買い得だった。どうも売り手のオジさんのイメージと違うが、年を伺うと、まだ20代とのことだ。ゲっ、失礼致しました青年ですね。
また、販促用にハジケタ、マゼンダに近い赤のパンフレットがあり、Web(農事組合法人よこさわ)もある。2011年1月16日現在、Webはまだ未完成の様で、これからのようだが、リアルに力強さが感じられ、そんな生産者の方のものは食べてみたいものだ。

下の写真は、お米を販売していた、農事組合法人よこさわの好青年。(ご本人の掲載了解済)

米のよこさわ

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)

初詣何で鬼子母神は混むの?

2011.01.04 Tuesday | The 雑司ヶ谷

元日に初詣に雑司ヶ谷鬼子母神に出かけた。が、混んいて、けやき並木まで列んでいるので止めにした。「じゃ、いいもんね。」と事務所の近くにある、清土鬼子母神(お穴の鬼子母神)に取りあえず参拝。
ここは10月17日のお会式のご祈祷で人が集まる位で、普段は閑散としている。今までお正月も人影が余り無かったが、今年から始まった、雑司が谷七福神で人が増えたようだ。

年が明けて、twitterを見ても、雑司ヶ谷鬼子母神に人がかなり列んでいるというツイートが見られた。初詣で鬼子母神が混んで来たのは、ここ数年だろう。「何で初詣で鬼子母神が混むのさ。」とも言いたくなる。
参拝は、年間を通してする事と思い、年にかなり参拝しているが、硬い事は言わず、まぁ、雑司ヶ谷鬼子母神が知られて来たから、初詣の人達が増えたのだろう。「雑司が谷」という地域が、かなり知られて来たと思えるが、それは何故だろうか?

それは、一言で言うと、その地域の活動と各種の媒体による情報が活性している点と思える。
雑司が谷の地域側の活動としては、御会式をはじめ、盆踊り、みちくさ市などの市、店舗や施設で行われる展示、コンサートなど多様で多層な活動がされている。
その多様な活動をインターネット、フライヤーなどの紙媒体で発進し、テレビ、雑誌などのマスメディアがその情報から再配信している。
このようにその場に多くの活動があり、それを多様な情報経路によって発信するもので、基となる場と情報発信が互いに活性し合っていると思える。今後は、基の場と情報発信が、互いに関連する事が必要だろが、これは単独で出来る事では無い。
昨年は、twitterでも雑司が谷の情報が、多く発進されたが、携わった方々ご苦労様でした。

下の写真は、年明けの清土鬼子母神(お穴の鬼子母神)。

お穴鬼子母神/清土鬼子母神

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

キアズマ珈琲の年末状況は?

2010.12.17 Friday | The 雑司ヶ谷

先日キアズマ珈琲に寄ったら、また、昨年と同じお客さんの女性が、盆栽の様な草花をお皿に置いた、妙なオブジェを持参された。
昨年の年末も拝見していたので、今年は「あぁ、クリスマスもあるし、年末らしくて良いよね。」と素直に見ることが出来た。それにしても、キアズマ珈琲は、魅力あるお客さんに助けられているとも思え、何とも妬ましく、羨ましい。
ま、お客は良い人ばかりではなく、中には、わたしのように、変なオヤジも居るから、良い事ばかりでもないのかも知れない。
よしよし、では、年末年始営業の営業予定でも、ここに載せましょうと、このように記している訳です。

-----------------------
キアズマ珈琲年末年始営業予定

年末・年始休業日
12月29日〜31日。2011年1月4日〜7日。
年始営業日
・2011年1月1日〜3日 営業時間:AM11:00〜PM6:00
1月8日より通常営業です。

キアズマ珈琲概要はこちらです。

写真は、上が上記のお客さんが持参した今年の寄せ植え。下は、オーナー自らがカウンター内から外を写したもの。共にiPhone4で撮影。

キアズマ珈琲12月



キアズマ珈琲店主写

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

みちくさ市ブングテンIIに行く

2010.11.22 Monday | The 雑司ヶ谷

昨日は、雑司が谷で、みちくさ市と手創り市が開催された。全て見ようとすると結構時間がかかるし、疲れるしで、今回は旧高田小学校で開催される、文具展(みちくさ市ブングテンII)に絞り込む予定で出かけた。

まずは、手創り市へと鬼子母神に向かったが、混んでますねぇ、通路が人で一杯。ま、こんな時は適当に見るしか無いよね。と2、3のお店を拝見して、すぐケヤキ通りに向かった。この通りも混んでいる。当然キアズマ珈琲も満杯で通過です。
都電、鬼子母神駅から目白通りに向う通りで、みちくさ市が開催されているが、この通りも人が多い。喫茶さむしんぐさんも大入りだ。
赤丸ベーカリーさんのブログを今朝見ると、「雑司ヶ谷バブル」なんて言われてる。

人の少ない路地に逃げ込むように、旧高田小学校の1階の会場に向った。この文具展は今回が2回目で、人に知られていないと思ったが、会場内は、以外と人が多かった。
文具は奥が深いと思えるので、気楽に見られると思えた、消しゴムマニアさんのコーナーで、作者と少し話し、また前回@kkaichouさんにご紹介して頂き、そのとき消しゴムを拝見した、たいみちさんのホチキスを見たりしたが、iPhoneで写真を撮って、早めに会場を離れ帰路についた。
と言うのは、ブングテンII会場の入口にあった、ブングテンIIのオフセット印刷されたカラーのチラシを見ると、出展された11名全員がブログなどWebを持っている。twitterは、9名がされている。
チラシ+ネットでメディアミックス(古い概念?)されており、これは出展している人達が、すでに情報発信する力がある。と思えた。開催会場に人が来るのは当たり前かも知れない。

事務所に帰って、どれどれと、お気楽な展示をしていた、消しゴムマニアさんのWebを拝見したが、内容つまり消しゴムを丁重に扱っており、写真は消しゴムに愛情さえ感じられる。URLが、独自ドメインでkeshimani.comだ。ブログは、keshimani.com以下にありwordpressを使っている。
ブングテンII関連サイトのつながりを見ても「企業のWebは、マニアのWebに負けるよね。」であり、ブングテンIIだけでも立派なイベントとなりそう。是非次回も開催して頂きたい。関係者さま、よろしくお願い致します。

写真は、iPhoneで撮ったためいまいちだが、上が消しゴムマニアさんの展示。下がたいみちさんが展示していたホチキス。お二人共女性だが、文房具からそれぞれの方向性が違い、イメージの異なった展示がされているのが興味深い。

ブングテンII消しゴムマニア



ブングテンIIたいみち

author : Takao | comments (4) | trackbacks (0)

日本女子大から目白通り散歩

2010.10.23 Saturday | The 雑司ヶ谷

朝にtwitterを見ていたら、@kkaichouさまのRTで、旅猫雑貨店が、日本女子大学の学園祭「目白祭」に参加する情報を得た。フムフム、天気も良いし、日本女子大は近いし、一寸旅猫さんを冷やかしに行ってみよう。と出かけた。

日本女子大校内に入ると、当然女子大だから娘ばかりでどうも落ち着かない。通信教育で学生さんに慣れているハズだが、通信の学生さんは、社会人であり30代以上が多く、大人で話し易い。二十歳前後ばかりだとどうもね。
結局、旅猫さんから離れ難く、他は見もしないで、サッと学外に出てしまった。

まぁ、ここから目白通りを目白に向かって歩けば、魅力的な店舗が幾つもあるだろう。まず、信号を渡ると、カバンの工房pelleteria(ペレッテリア)さんがある。ここはオーナーさんが、カバンをデザイン・制作・販売まで全て一人で進められ、そのカバンの品質は高いものだ。
カバンのフォルムが美しい。オーナーさんに「外観写真をブログに載せさせて。」とお断りして写真を撮る。カバン自体は著作権もあるので、pelleteriaさんのWebをご覧下さい。

そこから、少し歩くと古田島豆腐店があるが、ここのお稲荷さんは美味しく、2個購入(160円)。千登世橋方面に向かい東京メトロ副都心線雑司が谷駅入口の前に、山口精米店がある。ここのお餅は良い。今回は御赤飯(300円)を購入。
よ〜するに、餅は餅屋なのですよ。豆腐店は油揚げ。お米屋さんはお米。とこの2店が教えてくれます。

お稲荷さんと御赤飯で昼の用意が出来たのだが、都電荒川線沿い、鬼子母神前駅の近くに、なんかフランス料理の店が出来たと聞いていた。そのお店、「ビストロChez Nous」さんの店頭メニューを見ていると、お店の方に誘われた。
10月21日にオープンとのことで、まだ開店したばかりだ。
ランチのメニューは、1800円と3000円?だったと思う。1800円のランチを食べたが、前菜+主菜+デザート、珈琲とあり、この内容で1800円は安いだろう。各々美味しい。でも、わたしの様な下々にとっては、今や一食としては高価だ。

その後は、鬼子母神に参拝し、明治通を渡ってKakka cafeで休憩し、そこから徒歩で事務所に戻った。目白通り沿いの雑司が谷散策となったが、自分としては、とても贅沢なコースで、久しぶりに贅沢な土曜日を過ごせた。
それは、上記のお店などがあるからで、みなさんに感謝したい。

写真は、日本女子大学園祭での旅猫さん、上。pelleteria(ペレッテリア)さん店頭、中。ビストロChez Nousさんのデザート、クレープとアイスクリーム、下。

日本女子大旅猫



pelleteriaカバン



chez nousビストロ

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

雑司が谷近くのKAKKA cafeに

2010.10.07 Thursday | The 雑司ヶ谷

最近は、散歩すると雑司が谷の明治通り反対側にある「KAKKA cafe(カッカ・カフェ)南池袋・自家焙煎珈琲とハワイアンキルトのお店」まで行っている。(以前はこの辺りも雑司が谷だったと思う。)
事務所から、このKAKKA cafeまで徒歩25分はかかるのだが、ま、わたしは、どんどん老化しているのだし、やっと、散歩には気候が良くなったし、出来るだけ歩くようにしている。

KAKKA cafeは、今年の9月3日にオープンしたばかりで、まだ周辺の人に知られていないようだ。と言うのも、午前中にお店に行くのだが、お客はわたし一人の時がほとんどだ。
落ち着いた、スッキリとした店内が、「貸し切り状態」なのは、お客として嬉しく、思わず長居してしまうが、このお店がこの場所に存続して行く事も願うと、やはり、多くの人に来てもらいたい。で、このように記してる訳です。

店内は広々として、スペースに余裕が有り、スッキリとしている。メニューは自家焙煎各種珈琲、紅茶、ジンジャーエールなどいろいろあるが、どれも一杯以上飲めてたっぷりとある。自家製のケーキ、クッキーも美味しい。
他にハワイアンキルトなるバッグ?などがあり、オーナーさんが制作するようだ。よーするにお洒落で綺麗なお店と思え、わたしなどより、もっと多くの人に来て欲しいお店だ。

写真は、ストレート珈琲(上)、紅茶(中)、店内(下)。

kakkacaffe コーヒー



kakkacaffe 紅茶



kakkacaffe 店内


KAKKA cafe(カッカ・カフェ)
東京都豊島区南池袋1-8-7 会津天宝ビル1F
TEL&FAX: 03-6914-3816
珈琲:ストレート 600円
紅茶:(ホット・アイス) 500円
ジンジャーエール:(自家製) 500円など
ブログ:http://cafekakka.blogspot.com/
続きを読む>>
author : Takao | comments (6) | trackbacks (0)

雑司が谷は金木犀が香る時期

2010.10.05 Tuesday | The 雑司ヶ谷

この夏の暑さには閉口した。閉口どころか9月になっても暑く、「こりゃ〜、東京、まして都心は住む所じゃないね。」という思いを強くした。ここしばらく、ブログの更新が出来なかったのは、心身共に設定のやり直しが必要と思ったこともある。

昨日、Twitterを眺めていたら、キンモクセイ(金木犀)のRT(Retweet再掲載、転送)があった。
このつぶやきをされた方は、オーストラリア在住の女性で、今の時期はタイに滞在されているという、まぁ何とも国際的な方だ。雑司が谷に缶詰状態、座敷牢状態のわたしとは対極であり、羨ましくも有る。
しかし、オーストラリアに帰っても春だし、雨期のバンコクでキンモクセイの香りを楽しむことはできないようだ。

あぁ、確かに今の雑司が谷は、金木犀の香りが、甘く漂っている時期だ。彼女が「いいなあ、秋の香り。」とツイートされていたが、秋の香りが、身近にあることを気づかず、わたしは、それに眼を向けることさえ出来なかった。
なまくらな精神と化してしまった。と言えるかも知れない。

早速、今日の朝、金木犀を探して町内を散歩してみた。
雑司が谷一丁目だけで、かなりキンモクセイの木があり、ささやかに咲いている木から、立派に堂々と咲いている木もあったりと、各々その芳香を漂わせている。秋の香りに酔いながら、散歩するのは良いもので、それは贅沢とも思えた。

写真を多くはアップしないのだが、出来はともあれ、3枚載せよう。3枚共雑司が谷一丁目にある金木犀。

金木犀1



キンモクセイ2



金木犀3

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)

幼稚園パンフのDTPで忙しく

2010.09.09 Thursday | The 雑司ヶ谷

この所、時間の余裕が無かった。メールにしても仕事のメールは返したが、知人などへのメールの返事が出来ていない。すいませんねぇ、徐々にお返事致しますので、しばらくお待ち下さい。

8月末に、近くの雑司ヶ谷幼稚園のM園長さんと、T事務長さんが事務所に見えた。このお二人の女性は、わたしより一回りは年上と思え、また、インテリなのだが、並の年配者ではない。前向きで尊敬するお二人だ。
8月末まで、二人でブルガリアの山の教会まで行かれたそうで、まずその話で大騒ぎだった。で、帰国後、幼稚園入園パンフが無いことに気づかれ、何とかならないかという相談を受けた。
「あぁ、2週間後ならDTPで出来ますよ。」と入園パンフのデータ制作、印刷進行をお受けしたのだが、改めて写真原稿を見ると、元の写真が無く、印刷物からスキャンするしかないものが多い。これは印刷に最適なデータ作成ですよ。

以前、わたしはデザイナーだったのだから、格好良いデザインをするのが仕事であり、また、クライアントは、大企業で、マス媒体を扱っていた。
だから「単なるデータ作成なんてヤダもんね。」などとは思わない。また、マス媒体が良いとも思わなくなった。今までの日本のデザインは、経済と共に有っただろう。不景気となって良かったことは、デザインと言うより、媒体が経済から自由になったこととも思える。
今は、媒体制作の依頼者様(クライアント)が有能で、その情報を広げたい、伝えたいと思えるものを制作したい。だからこの幼稚園のパンフでも期日までに用意する。

下の画像は、Illustrator 8.01Jでのパンフデータ。OSはMac10.4.1でクラシックモードで起動している。この幼稚園は、Webもそうだがデザインは以前に制作された物を踏襲し、デザインを新たに起こしてはいない。

雑司ヶ谷幼稚園パンフ

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)