オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。
<< 写真のワークショップ募集 | TOP | 谷中・根津・千駄木の魅力は? >>

ゴールデンウィークだって

2010.05.02 Sunday | 生活・仕事

ゴールデンウィークの時期がやって来た。今年は5月1日(土)から5日(水)までカレンダーの色が休日だし、連休らしい。
このゴールデンウィークは、およそ30年間、全日休んだ事は無い。せいぜい良くて1〜2日だ。それは広告制作、その後Web制作など制作業務をしていたため、今の季節に5日間休むのは、とても無理だった。

去年の記事を見ると、「ゴールデンウィークは引き蘢り」などと言って、CMSアプリを調べていたりしている。まぁ5年以上前に比べると大分楽をしている。
今年はというと、天気も良いし、東京・根津に出かけることにした。これは、川窪万年筆店さんが、「文京つつじまつり」で出店されているからで、川窪万年筆店さんにお会いするのは、14、15年ぶりになる。
15年前と言うと、日本のインターネット上には、Webがまだほとんど無く、雑司が谷の近隣でWebがある所と探すと、文京区千石に川窪万年筆店さんが有った。手作り万年筆で、内容も魅力だ。これは見学に行こう、と千石のお店まで伺ったのを思い出す。
川窪さんは、現在、文京区伝統工芸会会員となられ、手作り万年筆の技術を守られている。今後のご活躍を期待したい。

せっかく根津に来たのだから、周囲を散歩しようと歩き回った。
丁度「文京つつじまつり」なるイベント中でもあって、不忍通り沿いは、人で満杯だ。「根津のたいやき」でたい焼きを購入し、不忍通りの反対側、谷中霊園方面の路地に逃げ込んだ。

下の写真は、「根津のたいやき」のたい焼き。ここのお店はいつも人が列んでいる。列ぶのは大嫌いで、基本列ばないのだが、雑司が谷周辺のたいやき屋さんより、美味しいと思え、シブシブ列んだ。

根津のたいやき

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

Comment

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :