オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。
<< 体調最悪!で、歩く! | TOP | ちょうしたのさんまの蒲焼 >>

最近のレンタルサーバ状況は?

2009.05.20 Wednesday | パソコンでお勉強

CMSでサイト構築をしていたこともあって、この所いろいろなレンタルサーバを見ていたが、以前よりかなりレンタルサーバが増えた。1990年代は、レンタルサーバと言えば、IIJ、リムネットをはじめ、ベッコウアメと少なかったが、2000年を過ぎてロリポップが表れた。「ナウでヤングなロリポップ」にはオジさん驚きましたよ。
グッフフ、わたしは、ナウでもヤングでも無いので、「これはわたしに最適!」と即カードで登録、即メールでFTPアカウントが送られて来たのを思い出す。この会社は、株式会社paperboy&co. で社名もハジケており、九州の会社だが今は本社が東京にある。他にもレンタルサーバサービスで、「チカッパ」、「ヘムテル」とあり、PHPとデータベースサーバに対応している。paperboy&co.はなかなか前向きな会社であり、好感が持てる。
さくらも低価格レンタルサーバとして、今や認知度があるが、ここもCMSに対応しているようで(未テスト)、前向き+堅実だろうか?その他、コアサーバ、Xserver、XREA、・・・とこれらのレンタルサーバはCMS対応だが、サーバの用途は多様化しているとも思える。

サーバは、今後も仕様が変化するし、CMSなどのシステムはサーバ依存度が高くなるしで、5年以内に再確認が必要だろう。しかし、どうも大きい企業のレンタルサーバほど、テクノロジィの対応が遅い傾向があるようだ。やはり弱小レンタルサーバは、小回りも効いて、前に進むのが速いと思えた。まぁ、小さいといつまで有るか解らないし、信頼度が一般に低いのは確かという面もある。サーバは用途ごとに使い分ける時期なのかも知れない。

画像は、ロリポップTOPページ。現在申込総数が71万件あり、月/最低料金263円だから、ロリポだけで、71万件×263円=月/1億8千673万円となる。今やこれは弱小企業では無いだろうが、ネット関連テクノロジィのスピードに追走しているのは偉い。wikipediaを読むと、創業者の家入一真氏はまだお若いが(現在30歳)、わたしは死ぬ前に一度お会いしたい人の一人だ。

ロリポップ

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

Comment

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :