オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。

スマートフォンはiPhoneかな?

2010.12.08 Wednesday | パソコンでお勉強

ケイタイが大嫌いなので、スマートフォン(X05HT Win MobileOS SoftBank)を2年前の12月末から使っていたが、どうもこれ、維持費が高いだけで頭が良くない。
今年の辺りから、iPhoneが良い。という事も聞いていたので、秋になってiPhoneに変えた。使った感想は、使い易いです。「これは高齢者向けだよ。」などと思ったりして喜んでいた。

ただ使うだけで、機能や使い方を特に調べなかったのだが、11月下旬に、iOS4.2がリリースされた。
ム〜ッ、仕様がない、OSのヴァージョンを上げるか、とiTunesでアップし、ついでにAndroid(アンドロイド)とやらも各社から出るようだし、周辺の学習も必要かな?と思い少し調べてみた。
アップル社のiPhone系だけでも、タブレット型のiPad、携帯音楽系ののiPodもあり、iPod touchは、電話機能の無いiPhoneみたいなものだ。
フムフム、こりゃ、iTunesなどでデータベースサイトと連携してナンボですよね。それには、Wi-Fiでアクセスするのが良いじゃん。と思ったが、今後この辺りの環境は、どうなるのでしょうねぇ??

iOS 4.2により、GPS(Global Positioning System)で、落とした携帯端末を探すことが出来るが、これって、高齢者に持たせれば、いなくなっても居場所がわかるだろう。
まぁ、携帯情報端末の全体のつながり、構造などを見て行くと、難易度が高く、高齢者に最適な端末がiPhoneとも言えないが、その内、高齢者に最適な携帯情報端末が出て来ると思える。
わたしの場合、まだまだ、他人様にGPSで居場所を探して頂くには間がある、と思っている。だから、まだ探せる側に回りたいし、探される前に、散々音楽聞いたり、ムービー見たりしよう。

下の写真は、iPhoneで聞く、Joni Mitchell(ジョニ・ミッチェル)Both Sides Now 2000 lives。40年前は、まさかこの人の歌を携帯情報端末のムービーで見るとは思わなかった。
YouTubeなどにこのムービーは3本も見つかり、ダウンロードしたデータをiPhone用のmpg4に変換すると、iTunesに取り込める。Joni Mitchellさんのサイトにある曲は、多くがYouTubeムービーのリンクなのは驚き。
守るよりも、広がりを重視していると言えるだろう。

iPhoneでビデオ

author : Takao | comments (4) | trackbacks (1)

Yahoo!地図にブログを

2009.11.02 Monday | パソコンでお勉強

Yahoo!地図でブログを探そう。」というのを見つけた。
これはYahoo!の地図にブログが貼れるようだ。ま、試しにやってみましょう。




どうかな?フムフム、これは以前このブログで使った「MAPPLE」などと同じでしょう。自分のブログで紹介した場所の地図が複数貼れる(上は事務所地図)。
むしろ気になるのは、Yahooapisサーバデータを呼ぶ事になり、このブログの表示が遅くなる時もある点だ。
たとえば「大鳥神社の酉の市」記事を書く時に、地図が貼れるが、そのサーバに不具合があったりすると、自分のブログが遅くなる場合がある。ま、Googleより簡単に地図がWebやブログに貼れる良さはあるようだ。
そうそう、「大鳥神社の酉の市」の記事は、雑司が谷PickUpにupしました(下は大鳥神社地図)。実を言うと、鬼子母神通り商店会会長のK氏が、「大鳥神社の情報が少ない。」とのご指摘もあって、ここでも記しているのであった。

author : Takao | comments (2) | trackbacks (1)

ネットでのお会式情報

2009.10.20 Tuesday | パソコンでお勉強

ここ数日、このブログのアクセス数が、かなり増えた。何でかな?と見たら、お会式の行列順番を検索して、調べる人のアクセス数が原因のようだ。

該当ページは、「雑司ヶ谷お会式万灯行列順番」などで、このページは昨年2008年の順番で、今年2009年の順番ではなく、これは大マズです。
ウ〜ン、Googleで「お会式 順番」で検索すると、この記事がトップに出るしで、当然順番探している人は、このページを見るよね。
やはりこれは、内容によっては過去のブログ情報でも、修正が必要な場合もある。という見本ですね。
で、お会式が終わった後に、このページを修正、追記したのです。「終わってから直しても遅い。」と突っ込まないように。皆さん、もっと多数のブログで、お会式の行列順番情報をアップしましょう。お会式の行列順番情報に限っては、複数のブログで流用しても良いと思いますです。

下の写真は、17日、18日の順番抽選結果を携帯端末で写し、メール受信した写真の部分。写真は可読出来れば良。この情報経路は、なかなか速くてよろしいです。ケータイ嫌いのわたしもケータイを見直すかも。
ちなみにこの写真撮影、送信は、携帯電話では無く、スマートフォンのBlackBerryとSoftBank X05HTですが、ケータイでも出来るでしょう?エッ、出来ないの?

お会式行列順番

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

acerミニノートを買う

2009.08.09 Sunday | パソコンでお勉強

・パソコンはタワー型?
mixiで知人のプログラマ氏が、hpのノートを購入された記事を読んだ。少し調べると、今やノートパソコンは結構使えるかも?と思えた。
実は、わたしはタワー型パソコンを使って来ており、ノートパソコンは使わなかった。その理由は、タワー型だとモニター、本体、キーボードなど機器が分離しており、カードを挿すなど、カスタマイズし易い理由からだ。
また、機器が分離していると、消耗した機器を入れ替えれば良い。今でもナナオの21インチトリニトロンは、事務所に3台も使えるものが残っている。購入時は高価だった(17万〜60万円)が、ナナオは流石です。
ノートパソコンは一体型の欠点が有るが、しかし、昔に比べてかなり低価格になって来た。ミニノートが価格を下げているのかも知れないが、15インチでも何と6万円台である。

・10年前のモバイル環境
かなり前に(10年以上経つかな。)Libretto20(リブレット)でモバイルしていた。モバイルするには携帯が必要で、携帯電話+モデムカードという構成だったと記憶する。携帯はモバイルのために購入したのであり、通話のためでは無い。10年以上前の通信環境は、ホテルなど軟弱でありダイアルアップ接続だが、つながれば良い方だった。
当時は、モバイル環境は、まだダメだなと思えた。

・今やモバイル環境は成長期?
しかし、emなどのサイトを見ると、山間部はダメだが、現在は通信速度下り最大7.2Mbpsあり、今後は最大21Mbps。またWiMAXだと最大40Mbpsと速度が上昇するようだ。
ガハハ、こりゃ面白い、今後はノートパソコン携帯して、ある時は博多、ある時は仙台と住所不定で仕事出来る可能性もあるかもね。まぁ、山間部はつながらないだろうが、データ取りに町まで降りるのも、買出しに行くようで良いかも。こんな事を空想するが、これを実現するのは若い方々でしょう。
しかし、個人的に、老後の目標にもなり、わたしもやりたい。でも、まずは体力づくりが必要かもね。10kg背負って2時間程度歩けないといけないだろう。

そんな動機から、まずミニノートを買おうと池袋ビックカメラに出かけ、emから出向していた若い店員さんに教わりながら、acerミニノートを購入した。emとアクセス契約すると、ミニノートが、0円だが、それは2年の縛りが有るのでパス。価格comからniftyと契約しようか検討中。

下の写真は、左がacerミニノート、右が以前使用していた、Libretto20。

acerミニノート

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

婚活集客で媒体はデコメだって

2009.05.25 Monday | パソコンでお勉強

大学のスクーリングで、イベント企画、その媒体制作の授業をこの時期している。昨日、前半の企画プレゼンまで終了した。
通信教育だから、受講生は年齢、職業などさまざまで、多様であり、それがとても魅力なのだ。受講生それぞれのスタンスからの企画の相手は、疲れるのだが、貴重な機会でもあると思って進めている。

今回は、テーマを「婚活イベント」を企画した受講生がいた。企画では、場所は「東京ミッドタウン」で、集客に「デコメ」など使うものだったと思う。わたしとしては、若い時から「婚活」など無縁と思っていたし、東京ミッドタウンの様なメジャーな場所は極力行かないようにしていた。だってそれは、年寄りが観光地に行くのと共通項があるし、行くのは「恥ずかしい事」とも思えたのですよ。デコメも前にも書きましたが、ケイタイ大嫌いオヤジですので、これは問題外のその外です。

このように、わたしの個人的な好みと、全く合わない企画だが、企画した作者は、若いチャーミングな女性であり、オヤジのわたしと、どだい合う訳は無いかも知れない。自分のアレンジもあり、企画書自体は、まぁ良く書けていた。他の先生方の評価も良いので、企画のプレゼンテーションをしてもら事にした。そして、彼女のプレゼンを聞いてビックリ!これは凄い。
プレゼンと言うと、日本国の経済が上向きで、盛んに広告展開をしていた頃を思い出す。複数の有名広告代理店が競合する中、仕事を取ることも多く、効果的なプレゼンが必要だったが、今回の授業の彼女は、それが出来る人と思えた。これだったら、手ごわい競合他社のプレゼンに勝つことが出来るかな?と思えた。
作者は、企画した婚活イベントの内容に迷いが無い。場所のミッドタウン、デコメなど内容の魅力を自ら感じて、それを上手く説明し、企画に聞き手を誘い込む。そこには危うさがあり、簡単に企画に乗ってはいけないのだが、乗りたくさせる。
まぁ、「惚れてしまったら、相手がヤクザとか危ない人でも仕様が無いよね。」と思うしか無い。久しぶりにそう思わせる威力あるプレゼンだった。

下の画像は、ドコモのデコメページ。わたしとしては、上記の事からもデコメの仕様など詳細は、出来るだけ知りたくない。「婚活イベント」の媒体制作がまた授業で今週続くが、「わたしオヤジだから、知らんもんね。」と言ってしまいたいが、そうも行かないだろう。若い先生様方ご指導よろしくです。

ドコモデコメ

author : Takao | comments (4) | trackbacks (0)

最近のレンタルサーバ状況は?

2009.05.20 Wednesday | パソコンでお勉強

CMSでサイト構築をしていたこともあって、この所いろいろなレンタルサーバを見ていたが、以前よりかなりレンタルサーバが増えた。1990年代は、レンタルサーバと言えば、IIJ、リムネットをはじめ、ベッコウアメと少なかったが、2000年を過ぎてロリポップが表れた。「ナウでヤングなロリポップ」にはオジさん驚きましたよ。
グッフフ、わたしは、ナウでもヤングでも無いので、「これはわたしに最適!」と即カードで登録、即メールでFTPアカウントが送られて来たのを思い出す。この会社は、株式会社paperboy&co. で社名もハジケており、九州の会社だが今は本社が東京にある。他にもレンタルサーバサービスで、「チカッパ」、「ヘムテル」とあり、PHPとデータベースサーバに対応している。paperboy&co.はなかなか前向きな会社であり、好感が持てる。
さくらも低価格レンタルサーバとして、今や認知度があるが、ここもCMSに対応しているようで(未テスト)、前向き+堅実だろうか?その他、コアサーバ、Xserver、XREA、・・・とこれらのレンタルサーバはCMS対応だが、サーバの用途は多様化しているとも思える。

サーバは、今後も仕様が変化するし、CMSなどのシステムはサーバ依存度が高くなるしで、5年以内に再確認が必要だろう。しかし、どうも大きい企業のレンタルサーバほど、テクノロジィの対応が遅い傾向があるようだ。やはり弱小レンタルサーバは、小回りも効いて、前に進むのが速いと思えた。まぁ、小さいといつまで有るか解らないし、信頼度が一般に低いのは確かという面もある。サーバは用途ごとに使い分ける時期なのかも知れない。

画像は、ロリポップTOPページ。現在申込総数が71万件あり、月/最低料金263円だから、ロリポだけで、71万件×263円=月/1億8千673万円となる。今やこれは弱小企業では無いだろうが、ネット関連テクノロジィのスピードに追走しているのは偉い。wikipediaを読むと、創業者の家入一真氏はまだお若いが(現在30歳)、わたしは死ぬ前に一度お会いしたい人の一人だ。

ロリポップ

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

ゴールデンウィークは引き蘢り

2009.05.04 Monday | パソコンでお勉強

ゴールデンウィークである。やはり良識ある人達は、ゴールデンウィークはお出かけするのだろうか?
と言うのも、わたしは20代から今まで、ゴールデンウィークに遊びに行った記憶が無い。自分は、「ゴールデンウィーク=仕事」だったし、今でも「ゴールデンウィーク=お勉強」であって、遊びに行くという発想自体が無い。

今度のゴールデンウィークも、SNS(Social Network Service)、CMS(Content Management System)のシステムを2、3選んでお勉強ですよ。
日本で名が知れているのは、XOOPSだが、最近はGUN系でも他にDrupal(ドルーパル)Geeklog(ギークログ)Joomla!(ジュームラ)など使えそうなものが複数見られる。ここで言う使えそうとは、1.日本語化されていること。2.日本語サイトが複数あること。を言っているのだが、これは開発スタッフ様、日本語化スタッフ様あってこそである。わたしのような、下々のオヤジが使うには、1.2.が揃っているとありがたい。そんなスタッフの方々には感謝致します。

先日、町のeラーニングで使い出したMoodle(ムードル)もCMSだが、これはLMS(Learning Management System)などとも言われているようだ。今度は、2003年から初めている「雑司が谷PickUp」を、Joomla!で再構築しましょう!と進めているが、やはり時間がかかりますよ。移行は今週末かな?
何でもそうですが、やはり、対象の構成、構造を把握すること。その反面、自分の作ろうとする構成を明確にすること。が必要と思われますね。ま、相手がどんなヤツか?自分は本来何したいのか?であり、そこから、相手と何が出来るかですね。これは愛情があると、上手く行く可能性大でしょう。
それにしても、相手は生身の女性ではなく、無機的なシステムであり、息抜きに散歩は必須です。

写真は、雑司が谷霊園の新緑。

雑司が谷霊園の新緑

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

町のeラーニング塾をはじめる

2009.04.18 Saturday | パソコンでお勉強 > eラーニング

小規模なeラーニング講座塾をはじめた。
ただ、eラーニング講座を展開するのは難しく、2001年に巨額の資本金を集めIQ3というベンチャー企業が展開したが、1年も保たなかったし、専門学校などでも失敗例が多いだろう。
しかし、自分なりに進めるしか無いと思え、町のeラーニング講座塾をはじめる。このeラーニングは、決して大きなものでは無く、昔の寺子屋であり、オンラインで進める小規模塾で、ささやかな町の塾である。
このeラーニング講座塾のテーマは、「地域、小規模コミュニティの研究」であり、町場の身近な事柄を調べ、学んで行こうという考えである。

最近、オンラインチャットとか、eラーニングシステムについて調べていたのは、こんな目的からでもあったのだが、海外などネット上のeラーニングの成長は、興味深く思える。その中で「ネットを生かした、地域・小規模コミュニティの研究」を核に、コミュニケーション、コミュニティについて実験、研究したい。具体的には、はじめはまず、Skypeで話してみましょうよ。
まぁ、次世代の人々の踏み石となれば幸いとも思うが、何より参加してくれる人が必要で、是非ご参加下さいね。
「町のeラーニング講座塾」リンク

下の画像は、LMS(Learning Management System)のMoodleを調べていて見つけた、maharaという自分の学び集積発信システム。まだ、日本語情報が少ないが、こんなものに関心を持つ人が増えると良いね。

mahara

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

SNSとeラーニングを調べる

2009.04.14 Tuesday | パソコンでお勉強 > eラーニング

先日、オンラインチャットを調べていたが、その後SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)やeラーンングシステムなどを調べ出した。OpenPNEというSNSサイト構築システムは知っていたので、サーバにインストールしてみた。まぁ、mixiの小型版でしょうかね。今一歩ピンと来ない。
小規模SNSを、ロリポップを立ち上げた(株)paperboy&co.がやってますね〜。GroupTubeと言うサービス名だが、料金が50人まで4,725円 /月とこれは安くはないでしょう。それとどうも日本国のソフト仕様、機能は、より多くの人に対応することを重視と言うか、気にし過ぎているためか、「平均化され過ぎ。」と思えるのだ。
日本ではXOOPSが知られているが、海外のSNSシステムを探すと、キリが無さそうなのでヤメにした。と言うか、数年前もそうだったが、海外にはかなりSNSシステムがあると思える。
中でもフリーのもので、魅力的なものが多く見つかったが、日本語化されていないし、高いサーバ仕様が必要だったりで、現実的な使用には遠く「指をくわえて見る」状態が多い。

eラーニングでも、海外ではだいぶ増えて来たようだ。フリーでもdokeosatutorClarolineなどがあり、GNU(General Public License)に基ずくMoodleは成長して来ている。
このMoodleは、数年前に横浜国大の先生に、授業参加を呼びかけられ使ったが、明確な主義があるのには驚いた。教育学での社会的構築主義と言われているが、この考え方もユーザが増えて、より一般化すると水割り状態となり、核が見えにくくなるのでは無いだろうか?
まぁ、グタグタ言ってないで、実際に使ってみましょうと思い、Moodleをインストール。ほぼ公開出来る状態になった。

下の画像は、GUNサイトのトップ。しばらくぶりに見たが、ずいぶん奇麗なサイトになってしまった。

GUN

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)