オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。
<< ターキー(中華店)が本に紹介 | TOP | 本田竹広氏のジャズピアノ >>

このコッペパンは良いです。

2008.06.28 Saturday | コッペパン

今日は、土曜日で休日。朝の8時過ぎには、「私だって利用するもんね。」と副都心線の雑司が谷駅から、渋谷に向かった。目的地は、以前から目をつけていた、世田谷にあるファリーヌ(Farine)世田谷通り店というパン屋さんで、ここにはコッペパンがあるようなのだ。
渋谷から三軒茶屋、そこから東急世田谷線(路面電車タイプ、旧玉電)、に乗り換え、世田谷駅に下車すると、世田谷通りにそのお店があった。帰りは小田急線の豪徳寺駅まで歩き、新宿経由で池袋まで戻ったが、かえって副都心線を使うと面倒でしょうと思えた。

さて、ファリーヌ世田谷通り店に入ると、コッペパン(150円)がありましたよ。それもしっかりとしたもので、存在感がある。他のパンはどう?と見渡すと、おぉ、各々存在感がありますよ。これはパン生地が違うねと思い、2、3のパンを食べてみたが、手応えのあるものです。立派ですね。
ご主人などお店の皆さんに、「また、伺います。」と挨拶して、帰りの池袋でコッペパンにトッピングする食材を探すべく、西武百貨店、三越百貨店の食品売り場を回ったが、思ったものが無い。パン生地がしっかりとしているので、軽めのものをトッピングすれば良いかな?と思ってはいたので、サンシャインのローゼンハイム(Rosenheim)という洋風総菜屋さんで、ロースハム100g、570円を購入した。
事務所で早速、コッペパンを切り、ハムとサラダ菜を入れました。このコッペパンは行けますよ。フニャケていません。パン生地がしっかりとしてます。食べて、これはバンザーイですね。確かな手応えがあります。

下の写真は、手前が、トッピングしたコッペパン。後ろは、チャバタというイタリアパン。写真に存在感あるパンのイメージが、出ませんでした。泣。お腹が空いて食いに走ったのがまず敗因です。

コッペパン

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

Comment

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :