オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。
<< スティーブ・ジョブズとお会式 | TOP | ゴールデンウィークは引き蘢り >>

春の豊島区伝統工芸展に行く

2009.05.03 Sunday | イベント

あまり事務所に引き蘢っていても不味い。と池袋のメトロポリタンビルで開催されている「春の豊島区伝統工芸展」に出かけた。この伝統工芸展に、瀧澤提灯店の瀧澤さんが出品されているためだ。
この豊島区伝統工芸展の開催場所は、何と場所は元東武美術館だった、全国伝統的工芸品センターで開催されており、立地、施設など立派な良い場所で、わたしなど気が引けるが、「だって、知り合いの方が出品してるしさ〜。」と当然入り込んだ。写真撮影の了解を得て、2階の会場に行ったが、残念ながら瀧澤さんは来ていなかった。あの魅力的なオヤジに会えなくても仕様がないよね。
瀧澤さんの提灯を写していると、初対面だが、東京手描友禅の上原氏が声をかけて下さった。こんな会場で、作者の方から声をかけて頂けるのはありがたいことです。上原さんとは、初対面なのに長話をしてしまったが、「羽織の裏地」の話など、久しぶりに出来たのが嬉しい。全国的にそうなのかも?だが、東京では、裏側とか見えない場所に凝ること、こだわることを良し、とされたし、それが「粋」とされたろう。

春の豊島区伝統工芸展
開催期間:4/30(木)〜5/5(火)
場所:全国伝統的工芸品センター

上の写真は、瀧澤さんの提灯。前に出る感じの提灯は、作者と同じだろうか。下は上原さんの手描友禅。これは近くでよく見ないと、当然その良さは解らない。まぁ、写真の写りも今一歩です。

瀧澤提灯店


上原和服

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

Comment

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :