オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。
<< パソコンとオーディオで音楽を | TOP | 広島風お好み焼き-赤鬼-池袋 >>

久しぶりに梅舍茶館

2009.11.28 Saturday | 飲食・料理

友人の華僑H氏から、中国茶のWebサイト制作を頼まれた。
依頼内容は、「ブログは曖昧でいらない。話せる人と話たいから、会員ディレクトリが欲しい。」というものだ。ご本人の近影は写したが、中国茶のイメージ写真が足らない。

これは、梅舍茶館で撮影するのが良いかなと、久しぶりにお店に向かった。梅舍茶館は、先日10周年を迎えた。おめでとう、ヨーダさん。
実は開店した頃、Webでこのお店を見つけ、彼女に家賃などの概要を聞いて、「半年持たないのじゃない?」と、とても失礼なことを言ってしまった。
しかし、彼女は狭い店内で、さまざまなイベントを果敢に実行した。ま、わたしは、それを1年間写真に撮り、WebにUPして紹介し、1年後に店内で写真展をしたのを思い出す。

それから、最近までご無沙汰していたが、このお店の独自性がより表れたと思える。お茶は1,500円〜と高いが、用意された茶葉は簡単に日本で手に入らないだろう。
それは彼女が自ら、台湾、中国の農家に、直接行って購入するものだからだ。10年現地の農家に買付けに行っていた実績は、その茶葉に反映されている。
All Aboutで、かつて中国茶のNo.1サイトを運営され、その知識も高い平田さんがHtml、4ファイルも紹介されており、わたしがあれこれ言うより、そちらを読むと良いだろう。

「梅舍茶館で撮影」と思っていたが、今日ヨーダさんが写した写真を、CDで持って来てくれた。写真は大量にあり、聞くと、選んで使用して良いとの話。では、有り難く使いましょう。

下の写真は、梅舍茶館ヨーダさんが店内で写したもの。彼女の良さは大胆さ、踏み込みの良さがあることだ。時としてバランスを崩すが、感性は良く、その中から良いものが生まれる。と今まで写真を見て思っている。これは簡単に真似は出来ないだろう。

梅舍茶館

author : Takao | comments (2) | trackbacks (0)

Comment

たかお | 2009/12/17 02:41 PM
この写真は、梅舍茶館の店主、ヨーダさん撮影です。
梅舍に行かれると良いと思いますよ。
タミリン | 2009/11/30 10:55 PM
素敵な写真ですね、、、
物の見方が面白い〜

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :