オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。
<< 梅舎茶館ワークショップ開催7 | TOP | 梅舎茶館ワークショップ7終了 >>

映画ソーシャル・ネットワーク

2011.01.23 Sunday | 本・学習

・ともかく映画を見に行く
映画ソーシャル・ネットワークを池袋に見に行った。内容はハーバード大学生が、facebookと言うSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を創立した時のものだが、わたしは興味深く見た。
それは1991年に、パソコンとネットワークによって、情報の構造が変わると予測し、会社を設立したし、その後1996年に社内にインターネットサーバを設置したことなど、この映画の内容に共通する部分があるからだろう。
しかし、映画を見に行ったのは、1月17日(月曜)の10時からの上映だったが、観覧者が10数人しかいない。これは場所が池袋で、平日だからだろう。
その上、若い人も少しはいたが、高齢者が多く、自分を棚に上げ言う訳だが、この高齢の人達は、映画の内容の何処に共感するのだろう?と思えた。ともかく、見ないより、見ることから始まるとは思う。

・facebookなどの国外SNS
facebookについては、Webでさまざまな意見が見られるが、それらの意見から自分がどのようなスタンスで対するか?を決めることが大切だろう。別にfacebookを使っても良いし、使わなくても良く、インターネットをしなくても良いし、パソコンを使わないと言う選択もアリだ。
と言う自分は、ズルズルと長年パソコンとネットを使っているし、2009年にfacebookに登録はしていたが放置していた。去年秋までmixiにログインしていたが、今年はmixi使うだろうか?という状態。しかし、mixiは頑張って欲しい。
それはtwitter、facebook、myspace、Foursquare、flavors.me・・・など国外SNSは、情報の共有力、浸透力が強くあり、これは日本に無い指向だろう。言い方を変えれば、インターネットでの勢力配分が、英語圏中心であり、日本は極東の片隅で、つつましくコミュニケーションをする状態となっている。

・自分の課題を決める
これはインターネットだけでなく、経済状況も同様で、ハーバード大学の学生が立ち上げたfacebookが、時価総額約1兆6,500億円(ja.wikipediaより)と評価されているように、繁栄と衰退の格差は大きくなるだろう。以前国内で「勝ち組と負け組」と言う言葉を聞いたが、貧乏人同士が比較してもしようがない。
まぁ、国外にガンガン出て行こう、facebookも使って、海外に浸透して行く方向もあり、外で稼いでこそ勝ち組なのだが、どうもこんな真実が一般化しない。
それなら、負け組と言うより、1町人(市民とは、ヨーロッパの都市の1個人だが、江戸の1町人から、あえてネットの1町人と言いたい。)として、今後何をすべきなのだろう?それが課題だと思えた。

下のリンクは、映画ソーシャル・ネットワーク予告。
author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

Comment

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :