オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。
<< 携帯をスマートフォンに変えた | TOP | 今年もネットを活用したい >>

思い出牛乳箱-横溝健志著

2008.12.29 Monday | 本・学習

長年、同じ研究室で授業をされて来た、横溝教授の写真集が発刊された。
横溝教授は、今までの牛乳箱写真展で、タイトルを「朝の記憶」とされていたが、確かに朝霧の中の牛乳配達、牛乳瓶の音、牛乳箱の蓋のしまる音、など情感のある情景だった。そんな「朝の記憶」とは、何とも情感あるタイトルだなぁ、流石と思っていた。わたしなどは、とても似合いませんです。
本を見ると、最近流行った「萌え」からつながると思え、忘れ去られたものへの視点があるだろう。しかし、牛乳箱は最近になって表れたものではなく、戦前からの脈絡を探らねばならず、それは最近の流行では無いでしょう。

かってはローカルな地域ごとで生産されていた牛乳は、宅配で牛乳箱に毎朝配達された。雑司が谷周辺を見ても戦前までに豊島区には、26箇所も牧場があったと聞く。地域で生産されたものが、その地域に供給されるといったことは、とても健全でしょうよ。牛の糞が臭いなどと言ってはいけないハズです。

「思い出牛乳箱」横溝健志著
出版社=BNN新社
発売日=2008年12月22日
定価=本体1500円

この「思い出牛乳箱」の紹介は、すでに良識ある知人の方々のブログで紹介されてますので、このブログよりそちらを参照ください。
下の写真は、書籍(下)と、牛乳箱写真展の帰りに作者が立ち寄られ、お預かりして何故か当事務所にある写真作品(上)。この写真は表紙に使われていた。
・Das Otterhaus
・大地の家
・AGEHA's Life

思い出牛乳箱

author : Takao | comments (4) | trackbacks (0)

Comment

たかお | 2009/01/17 03:56 PM
らくてんさん、書込みありがとうございます。

高円寺の書店は、大きいのでしょうか?
意外と流通に乗っているようですね。
らくてん | 2009/01/11 11:01 PM
あけましておめでとうございます

高円寺の本屋さんで拝見しましたよ
たかお | 2008/12/30 09:51 AM
とむらさん、本という物にまとめる良さもあると
思いました。

池袋に来たなら、事務所にお寄り下さい。
オヤジがお茶(粗茶)を入れますよ。
とむら | 2008/12/29 08:58 PM
良いですね。
書店か、先生の事務所か、どちらで見るのが先か。
とにかく見てみたいです。

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :