オヤジの散歩-東京・雑司ヶ谷から-

豊島区雑司が谷周辺、近郊へ散歩、関東へもっと遠くへ。他はパソコンでの学習、ゲームなどのweblog。
<< 帰りに珈琲館飯能店へ | TOP | 飯能で柚(ユズ)をもらう >>

スターバックスには行かない

2008.12.19 Friday | 本・学習

この所、仕事が詰まっている上に、大学スクーリングがあって、ブログは書けなかった。スクーリング授業は印刷媒体の企画・制作なのだが、1人の教員での授業では無く、クラスに分けないで、6人の教員で授業を進めるもので、毎回、わたし自身も勉強になることが多い。ありがたいことです。
学生さんの作品に、スターバックス(以下スタバ様)でイベントする企画の作品があり、その媒体作品自体には良さがあったのだが、最近考えていることと、ダブってしまいどうもいけません。

・情報のアンバランス
最近、埼玉県の飯能に良く出かけて、喫茶店の記事(帰りに珈琲館飯能店へ飯能のコーヒー苑/喫茶店)を書いているが、これは11月に、「飯能にある喫茶店を調べましょう。」とキーワード「飯能 コーヒー」でGoogleったことからはじまる。
検索の結果は、1ページと2ページの20件で、なんとスタバ様が18件表示された。これはスタバ様の一人勝ちですよ。まぁ、スタバ様は、Webが情報の浸透性に特化している、ということを当然利用されてますね。スタバ様から学べることはあるのですが、でもこれは情報がアンバランスであり、スタバ様は飯能で出しゃばり過ぎ、露出度大杉。
それを是正すべく12月に行動しました。その結果、今日の12月19日で「飯能 コーヒー」でGoogleると、スタバ様が9件と少しは是正出来ましたが、今後の進展は、地元の商店会などに期待したいものです。

・アンチスタバ様最先端ビジネス展開
スタバ様は、やはりグローバリズムとつながり、グローバル経済戦略を実践されていると思えます。グローバリズム自体に良さ、可能性はあると思えますが、市場の独占などは問題です。以前、コーヒー豆を低価格で買い叩くことが指摘されましたが、生産地、店舗展開している地域(たとえば日本)に利益は少なく、経営する会社に利益が集中する恐れがあるでしょう。
また、地域の商店などは危うい。これは他人事では無く、超零細のわたしなども木の葉(枯葉?)の様です。まぁ、それにしても乱世だなぁ。と思い、地域での助け合いが必要でしょう。

下の写真は、飯能のコーヒー苑で長年使用しているコーヒー豆のビン。

コーヒー苑のビン

author : Takao | comments (0) | trackbacks (0)

Comment

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :