The Oolong Tea Communication

cap

cap2
テーマ



10年前、1990年にはじめて中国に出かけた。
新鮮な体験が多かったが、中国の人々がラフに、自分のカップにお茶の葉を入れて飲むのが印象的だった。 その反面、茶器セットで飲む高級茶もあることがわかった。

数年前、台湾出身の林隆盛氏とお会いし、中国茶、烏龍茶のバリエーションの広さ、多様性を教えていただいた。 何よりも林氏の性格が、日本人にあまり見受けられない、広さとおおらかさ、誠実さ、やさしさがあると思えた。
そんな良さのある物と人を外側に伝えよう、つながりを作ろうと思いこのサイトを立ち上げた。新しい広がり、つながりができることを願っている。
(2000.1:H.T)




Photo/1990.広州、武漢にて



hand スタッフ

制作/株式会社高尾事務所

Homepage制作

・フォーマットデザイン/松永亮太・レイアウト/高尾洋・ページ更新/鈴木裕子


販売管理・浦野真琴




[ Back to HOME ]
Copyright(C) 1999-2000 烏龍茶倶楽部 / Takao Office Co.,Ltd. All rights reserved.