フォトワークショップ終了

昨日(6月12日)の日曜に、梅舎茶館さんでのフォトワークショップが終了した。梅舎茶館ヨーダさん、剪紙(中国切り紙)ワークショップの先生。ご協力ありがとうございました。また、参加された皆様お疲れさまでした。

今回は、剪紙(中国切り紙)ワークショップの先生のご承諾を得て、少しその授業に入り写真を撮らさせて頂いた。中国切り紙の先生にとっては、お邪魔な困ったジジイだったろう。お許し下さい。
また、前後に打合せなど予定が詰まっていたこともあり、わたし自身ヘロヘロであり、進行をしっかりと出来たか?疑問がない訳でもなかった。困ったものだが、これもお許し下さい。

何か傍から見ると困ったワークショップだった。と思われる可能性大なので、追記すると。。。
剪紙(中国切り紙)ワークショップにお邪魔すると、皆さん列んで、窓際の明るいテーブルで作成されていた。一人内側の暗い円テーブルで、フォトワークショップに参加されている、Mさんが着彩されていた。作品を見ると、その色彩は興味深いものだった。それはわたしには、色彩が混沌として、混乱し制御不能の状態に見えたからだ。
カメラで撮ると面白いかも?と思い、10カットほど撮らせて頂いた。わざと暗めに写してみた。それは、混沌とし落ちて行くイメージを掴むためだ。(上の写真)
ご本人が嫌がるとも思え、反対に現状より明るいものを写してみた。(下の写真)もう少し明るくすると、明るくイイ感じになるよね。そうですよ、Mさん、混乱しているけど、あなたには豊かな情感があると思います。それを自ら確認され、使えるようになると、きっと抜きん出た魅力的な表現が出来るのでは?
写真でイメージの確認ができるのだが、今やそのための時間を持つことが、最も難しいと思えた。

剪紙(中国切り紙)under

剪紙(中国切り紙)over

カテゴリー: ワークショップ タグ: パーマリンク

フォトワークショップ終了 への8件のフィードバック

  1. MaYu のコメント:

    フォトワークショップ今回も楽しかったです。
    夜、腰痛再発しませんでしたか?

    剪紙もはまりましてw
    Mさんの彩色は優しくてすごく懐かしい雰囲気でとてもいいと思います^^
    彩色まで私もやりたかったっす。。。orz
    作業にキャーってなってしまってはいましたが
    作業中のほうが実はシャッター押したくなるような
    タイミングがいっぱいでした・・・

    そしてフリッカーに撮影した写真をアップしました♪
    http://www.flickr.com/photos/mayu_myusroom/

  2. maT0M0 のコメント:

    昨日はありがとうございました。
    とても楽しかったです。
    カメラのシャッタースピードとかよくわかってなかったけれどお話を聞いてそういうことかと納得。そしてこのUPした写真をみて更に納得。
    レベルのことなど補正仕方は知っていてもそういう写真の取り方など考えたことがなったのでとても勉強になりました。
    うぅ〜ん。まだまだいろんなことが勉強不足だな。

  3. Takao のコメント:

    MaYuさん、腰痛はだいぶ良いです。

    そうかもね、制作中の方がシャッターチャンスが多いでしょうね。
    通信の授業中に良く思いますよ。写真は撮れないですけどね。
    Flickrの写真拝見しました。結構カチッと撮りますね。
    バランスと見せ場を作ると、より格好良くなるかも。

  4. Takao のコメント:

    maT0M0さん、カメラはシャッタースピードと絞りが基本で、一眼レフには
    この基本設定があります。(iPhoneには無いね)
    この記事の上の暗い写真は、絞りを固定して(F2.8程度)、シャッタースピードを
    速くして写したものです。
    下の明るいのは、絞りは固定で(上と同じく)、シャッタースピードを遅くして
    明るく撮ったものです。
    ですので、2つの写真は、ピントの合う範囲はおなじで、明るさが変わります。
    これは、大学のリテラシィの参考になると思い記しました。

  5. cinnamon-cardamon のコメント:

    たかお先生、コラボと楽しいレクチャーをありがとうございました。
    Mさんはじめ、生徒さんへのあたたかい(慈悲深い?)まなざしが感じられて、
    ご縁ができてラッキーと思いました。
    ご自分の肝臓腎臓にも愛を!

  6. おたま@みや のコメント:

    いやー、こんなに大きく掲載していただいてもう、穴があったら入りたいくらいなのですが
    現実を直視出来た気もしています。ありがとうございました。
    切り紙も写真もまだまだ駆け出しです。でも楽しみながら続けたいと思っています。
    これからもよろしくお願いいたします。

  7. Takao のコメント:

    cinnamon-cardamon先生
    今回、ありがとうございました。
    特に慈悲深い人間とも思いませんが、今後ともよろしく
    お願い致します。

  8. Takao のコメント:

    おたま@みやさん
    いろいろと書いて失礼しました。
    でも、何らかのプラスになれば幸いです。
    こちらこそ、よろしくです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>