ソーシャルパトロンサイトはどうかな?

先日、知人の Tさんが、CAMPFIREというサイトで、「Form on Words: Document – あなたの「ことば」からつくられる衣服」というプロジェクトを開始したことを知った。Tさんのプロジェクトだし、今後も頑張って頂きたいので小額だが、このプロジェクトを支援した。
CAMPFIREとは、クリエイターの出した企画に共感したり、応援したい人が、パトロンとなって、ブログや動画によって公開される進捗を知ることが出来るのだが、この時期仕事が、かなり忙しかったことから、小額出資しただけとなってしまった。CAMPFIREのような仕組みは、ファンドよりも軽い枠組みで、企画があり進めたい人には良いだろう。

後に時間が取れて、このソーシャルパトロンサービスは、インターネットでどの程度あるの?と思いGoogle神社に参拝したら、日本国にも少しはありますね。CAMPFIREと同じようなクリエーター、アーティストに特化したKickstarterが、すでにアメリカにあるが、日本にもREADY FOR?、そしてGrow!というサービスなどがある。
日本でこれが使われるのか?はあるが、フムフムいいねと思う。それは昨年までに、facebook、google+などSNSサービスは、英語圏にヤラレっぱなしで、インターネットの制空権を取られたも同様!と思え、これは覇権争いに負けたね。と思えた。そんな中でCAMPFIRE、Grow!などの設立者は偉い。希望の星だ。

Grow!と言うサービスは興味深い。サイト来訪者は、ポイントを購入せねばならないが、サイト運営者は、ボタンを設置して押してもらう。これは投げ銭、おひねりでしょう。その後の相互のつながりも解るようで、使ってないのでまだ良く解りません。詳細はこちらです。
ともかく、ジジイのわたしも、WordPressのプラグインもあったし、このブログに設置してみた。まぁ、このブログでGrow!ボタンを押す人は希少だろう。が、「皆様、可哀想で、残念なジジイ、足りてないジジイにどうかお恵み、施しを下さいませ。」という姿勢です。お手数をかけますが、よろしくお願い致します。

やはり、クリエーター、アーティストなどと気取ってみても、元は河原乞食だろう。だから今後は、ソーシャルパトロンサービスが有効になるかも知れない。そして、それを手がかりに多くの人が展開し、より伸びて欲しいと思う。
下の画像は、2012.1.28日現在のCAMPFIREサイトトップ。

2012.1月現在のCAMPFIREサイトトップ

カテゴリー: Web・ネット・パソコン タグ: , パーマリンク

ソーシャルパトロンサイトはどうかな? への1件のフィードバック

  1. 通行人 のコメント:

    ソーシャルパトロンサービスについて調べていてこちらにたどり着きました。
    Grow!は現在サービスをhoppに変えているようです。一応ご報告まで。
    http://www.hopp.jp/

    他にもパトロンサービスはいろいろなものがあるようです。
    参考にしてもらえればうれしいです。
    Kampa! http://kampa.me/
    簡単カンパ http://www.kkanpa.com/
    ユグドア http://www.yggdore.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>