Joomla!でジジイはビックリ!

Joomla!とは、CMS(Contents Management System)の一つで、日本では余りなじみが無いが、世界では結構使われているようだ。CMSと言うと、XOOPSをはじめテストしていたが、わたしも2009年に「雑司が谷PickUp」で、Joomla!を使ってみた。
Joomla!は、複数の人で1サイトを運営・管理するには最適と思えるが、困った事にメンバーが集まらないという現実がある。そして、構造が複雑で管理が面倒とも思え、日本ではWordPressが一番メジャーだろう。CMSシステムは、海外にフリーでもかなりあるだろうが、日本語圏では、やはりWordpressの情報が充実している。ジジイはおとなしく、Wordpressで遊んでいれば良いと言われるだろうが、Joomla! 1.7.0 がこの夏公開された。

Joomla!は今まで1.5.x だったから、だいぶ機能が変わったろう。んで、「海外サイトを見れば何とかなるよね。」と、Joomla! 1.7.2をインストール。海外サイトを彼方此方見て回ったが、まず驚いたのは、有料テンプレートサイトのレベルが高いことだ。海外はどんどん進むね。
Joomla!のフリーテンプレートと言うと、joomlaos.deが知られるが、YOOthemeGavickPropixelsparadiseなどの有料サイトのテンプレートは美しい。(Joomla!の道しるべにリンクがある。)pixelsparadiseなど、ラテン語記述の部分があるのが気になるが、美しいだけでなく、デザインの制御がGUI(Graphical User Interface)化している。これは個人でも使えるようなものがあるよ。

Joomla!というと、1つのテーマを複数の人が運営管理し、情報発信するものと思っていたが、これらの有料サイトを見ても、ヴィジュアル面も強力になったし、その使い方はVer.1.7で多様だろう。ま、講釈はこの位にして、RocketThemeというサイトの有料テンプレを使って作成してみた。しっかし、総合的に全体と各ポジションの把握に手間がかかるね。でもパズルを解くようにシブトく進めれば良いと思えた。

下の画像は、Joomla! 1.7.2でリメイクした「フォワークショップ+α」ページトップ。まだ中身も無く変だが、公開してしまおう。ギャラリーを中心にしたいので、ワークショップに参加した人は写真貸して下さいな。

PhotoWorkshop+のトップ画像

カテゴリー: Web・ネット・パソコン タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>