文京区、新宿区を徘徊する

今日は天気も良く、散歩に最適で、春だしブログも新しくしたし、一眼レフにTAMRONのSP AF17-50mmを付けて出かけた。
やはり、固定焦点でないのは、どこの範囲を写すか?選択出来る利点がある。しかし、視点の範囲が広がると、何を写しているのか?曖昧にもなりがちで、テーマの無い自分などは、ろくでもない写真が撮れがちだ。
でも、一眼に重いレンズを付ける、と言う姿勢は、意気込みと言う点で良いのでは無いかな?こんな事を言っていると、重い機材を持って、撮影されるプロのカメラマンさんに、殴られると思うが、お見逃し下さいね。

文京区千石の用事を済ませ、また、4月3日に行った神楽坂アユミギャラリーに向った。今日は、雑司が谷在住で、アパレルの仕事をするTさんを個展をされている名誉教授さまにご紹介するためだ。
まぁ、見知った人達のお役に立てば幸いと思っているが、その割には、わたしは、ア〜だ、こ〜だと言うし、この日も勝手に写真を写したりしていた。今日は火曜日で、世の中が休日ではないが、用事を足しながらも休日となった。

横溝先生写真展テーブルの花。右端は署名する女性。

カテゴリー: 散歩・旅行 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>